兄なる風―アリューシャン黙示録〈第3部 上〉 (アリューシャン黙示録 (第3部))

  • 35人登録
  • 3.67評価
    • (7)
    • (2)
    • (11)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : Sue Harrison  行方 昭夫  河島 弘美 
  • 晶文社 (1997年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794962959

兄なる風―アリューシャン黙示録〈第3部 上〉 (アリューシャン黙示録 (第3部))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    紀元前七千年、氷河時代のアリューシャン列島。大自然とともに生きる民族に人類のルーツをたどり、遙かなる有史以前の神秘を現代に甦らせる、まったく新しいノンストップ・ノベル。「アリューシャン黙示録」第三部、完結編。いつかきっと会える。再会も束の間、最愛の人「ナイフ」の命を守るため、「誰」はふたたび別離の道を選んだ。しかし遠い異郷の村では、嫉妬に燃える女の悪だくみが待ち受けていた。乳飲み子と二人、極寒の氷原に追放された「誰」。狩猟の手だてのない者には、死のみが残されていた。「誰」はついに村を脱出、故郷に向かって旅立つ…。

    「誰」と「ナイフ」」から話がそれるとつまらないのはなぜ?
    「哀れみ」の話はいらない。でもたぶん伏線なんだよねきっと。
    どうせなら「哀れみ」から開放されて幸せになった「青い貝殻」の話を知りたいなと思う。

    「ナイフ」と「筋肉」の関係も落ち着いたし、下巻は「誰」と「ナイフ」の話だったかしら?
    続けて読みたいと思います。

    Brother Wind by Sue Harriosn

  • 私、別に<大鴉>は嫌いじゃないな。ずるくてエゴイストだし、酷いこともいっぱいしてるけど。ていうのはきっと、もっと嫌悪するべき<哀しみ>親子がいるからなのかもしれない。まさか第一部を読んだ時は、ここまで<哀しみ>が重要人物になるとは思ってなかったです。怖い。

全4件中 1 - 4件を表示

兄なる風―アリューシャン黙示録〈第3部 上〉 (アリューシャン黙示録 (第3部))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

兄なる風―アリューシャン黙示録〈第3部 上〉 (アリューシャン黙示録 (第3部))を本棚に「積読」で登録しているひと

兄なる風―アリューシャン黙示録〈第3部 上〉 (アリューシャン黙示録 (第3部))の作品紹介

紀元前七千年、氷河時代のアリューシャン列島。大自然とともに生きる民族に人類のルーツをたどり、遙かなる有史以前の神秘を現代に甦らせる、まったく新しいノンストップ・ノベル。「アリューシャン黙示録」第三部、完結編。いつかきっと会える。再会も束の間、最愛の人「ナイフ」の命を守るため、「誰」はふたたび別離の道を選んだ。しかし遠い異郷の村では、嫉妬に燃える女の悪だくみが待ち受けていた。乳飲み子と二人、極寒の氷原に追放された「誰」。狩猟の手だてのない者には、死のみが残されていた。「誰」はついに村を脱出、故郷に向かって旅立つ…。

兄なる風―アリューシャン黙示録〈第3部 上〉 (アリューシャン黙示録 (第3部))はこんな本です

ツイートする