ナショナリズムの生命力

  • 53人登録
  • 3.42評価
    • (3)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : Anthony D. Smith  高柳 先男 
  • 晶文社 (1998年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794963604

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
ミシェル・フーコ...
ウィトゲンシュタ...
遠藤 周作
アーネスト ゲル...
サミュエル・P....
ジョン・ロールズ
有効な右矢印 無効な右矢印

ナショナリズムの生命力の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 積読一掃キャンペーンで読んだ本シリーズ。

    あまりにも高く積み上がった積読の山を1週に2〜3冊づつくらい意味が分かろうが、分かるまいが、読んでいくぞ、と決意して読んでいる。が、だんだんスピードが落ちてきたね。。。まあ、年内は、とりあえず、読書は、積読を減らすことに集中します。

    といっても、もともと、興味はあるが、難しくて、読むのを止めた本たちなので、どれもなかなか手強い。。。

    さて、「ナショナリズムの生命力」。これは、ナショナリズム研究の基本図書の一つ。

    昔から、どうして「ナショナルリズム」はかくもパワーがあるのか?というのに興味があったのだが、なかなか読めなかった。ものすごく難しいわけではないが、内容の濃さ、圧縮度はかなり高い。ちょっと油断すると、なんの話しだったか、分からなくなる。

    ナショナリズム研究の必読書に「想像の共同体」というのがあって、ナショナリズムは、比較的最近の発明(といってもヨーロッパ近代くらい)で、印刷技術の発展と国民文学の登場によって、形成されたフィクションである、みたいな話しになっている。

    これに対して、こちらは、ナショナリズムは、もっと根深いよ。という立場らしい。

    というのが、事前のイメージだったのだが、読んでいると「想像の共同体」と全く違う感じではなく、ナショナリズムの発明時期はもう少し前かもしれないが、比較的新しい発明であるというところは一致。

    が、これがなかなか乗り越えの難しい、深いものであることを多角的に示している感じですね。現実的、悲観的な感じがするかな?

    個人がアイデンティティをどこに求めるのか、自分は何ものであるか?

    という根源的な疑問にナショナリズムが密接につながっているということですね。人間って、この問いに対する答えをフィクションでもなんでもいいから欲しいんだね。

    個人的には、身近なところで、組織や社会のシステムとか、システムの境界とか、そういうことに関して、なるほどな発見が多数あった。

    「ナショナリズム」関係の本も、もう少し読んでみるかな。。。

  • 「民族問題理論の決定版」と佐藤優さん(元外務省主任分析官)より推薦をいただきました。
    スコットランドやカタルーニャの独立が話題になる昨今、ナショナル・アイデンティティの観念や主張を教える本書は重要な一冊。
    21世紀世界の行方を考えるための基本テキストといえるでしょう。

  • 和光311.3//14 National Identity, Penguin, 1991

全3件中 1 - 3件を表示

ナショナリズムの生命力を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ナショナリズムの生命力を本棚に「積読」で登録しているひと

ナショナリズムの生命力の作品紹介

EUの実験。インターネット。民族の誇り。文化衝突。グローバル時代のナショナリズムとは?歴史社会学の第一人者による新世紀の展望。21世紀の指標。

ツイートする