馬鹿な男ほど愛おしい

  • 125人登録
  • 3.16評価
    • (3)
    • (9)
    • (46)
    • (3)
    • (1)
  • 15レビュー
  • 晶文社 (2000年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794964427

馬鹿な男ほど愛おしいの感想・レビュー・書評

  • この方を著書を読むのはこれが初めてだったのですが、面白かったです。バカバカしくて。
    でも、著者自信が馬鹿な行為を繰り返しながら学んできた考えだったり、経験談ばかりなので、言っていることには信憑性があるし、言葉が軽々しくない。
    本当にこんな人生歩んできてたの?というくらいぶっ飛んでるし、周りの人たちもぶっ飛んでるのが面白かったです。
    他の著作も読んでみたくなりました。
    勉強の合間に読もうと思って借りたのに、一気読みしてしまった。。。

  • ランディ先生のエッセイは 女独特のネチネチしたのがなくて どっちかってゆうと 酸いも甘いも知り尽くしたオッサン。私とは正反対な分だけ 読んでて見習うべき点がいっぱいある。
    表現やたとえが独特で 気どってないけど ちょっぴりかっこいい。やっぱ ランディはよい。

  • 田口ランディの恋愛感。自身の体験をそのまま書いているのかは疑問。あまりにもセックスに関して生々しすぎる。読者受けにオーバーに書いているかも知れない。だが、女の本音が垣間見える。

  • かわいいお馬鹿さんは好き。かわいくない馬鹿はキライ。

  • 表紙の画が好きです。人生の岐路に読むとはっとさせられる言葉に出逢えます。

  • 確かに共感できるし、考察も鋭い。
    けどこういう話はお酒を飲みながら色っぽい友達に聞きたい。
    本を読んでフムフム言いながら理解するような野暮ったいものじゃなくて、五感を通して染み込んでくるもの。

  •  20〜30代,恋と仕事とアルコール三昧の日々を送っていた著者自らの恋愛体験エッセイ。モテる男・モテる女のひみつ,恋するモードに切り替わるコツ,時空を超えた恋愛パターンなど男と女の危うく切ないお話の数々が赤裸々に書かれており,思わずメモりたくなる。逆に自分の行動を分析されているような,思わず飛ばしたくなるページも…。(幾代)

  • やはり面白い。勇気づけられる。
    「モテる人は正確には”もモテたいという戦略が成功してる人”だ」
    「恋愛における”分析”と”実践”は別モノである」
    「人生二十九歳変動説」
    「恋によるシステムバージョンアップ方法」

  • けっこう納得できることが多かった。
    思ったよりランディさんが恋多き人で驚いた。

  • 違うところで感動モノ・・・

  • エロばあさん。なってください。

    なんだかスカッとする生き様。

    豪快なさらけ出し方。

    ちょいとのみすぎ。

    まあ、後ろ向きな気持ちなんかドーデもよくなる一品です。

  • タイトルだけ見ると「男」の分析本っぽいけれど、そんな事はなく、相変わらずランディさんっぽいエッセイで、自分の事を言われてるようでドキッとしたり、共感出来たりもあり。
    やっぱりランディさんのエッセイって好き。安堵感がある。

  • ●抜粋●
    私の心はいまでも、恋するように「私という価値」を求めている。そんなものは実はないのだと頭で解っていても、それでも、どこかで求めている。片思いみたいに、せつなく「私という価値」を求めている。自分への永遠の片思いを生きている。

全15件中 1 - 15件を表示

馬鹿な男ほど愛おしいを本棚に「読みたい」で登録しているひと

馬鹿な男ほど愛おしいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

馬鹿な男ほど愛おしいはこんな本です

ツイートする