テンジン―エベレスト登頂とシェルパ英雄伝

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 丸田 浩  広川 弓子 
  • 晶文社 (2003年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794965707

テンジン―エベレスト登頂とシェルパ英雄伝の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エベレストに世界初登頂したヒラリーのシェルパ、テンジンと彼の一族の伝記。
    著者はテンジンの孫。
    テンジンの生涯、エベレストにかける情熱、西洋人登山家たちとの友情、世界最高峰に初登頂したことで変わってしまう立ち位置など非常に面白く読んだ。
    またそのほかのシェルパの活躍など、日頃当たり前のように報道されないことも知ることができた。(10回以上もエベレスト登頂に成功したシェルパがいるなんて初めて知った!)
    今やエベレストは金を生む山になってしまったのが悲しくもあり。
    残念なのは本文が硬くて読みにくかったことかな。

  • 2007/2/19読了

全2件中 1 - 2件を表示

テンジン―エベレスト登頂とシェルパ英雄伝を本棚に登録しているひと

テンジン―エベレスト登頂とシェルパ英雄伝を本棚に「読みたい」で登録しているひと

テンジン―エベレスト登頂とシェルパ英雄伝を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テンジン―エベレスト登頂とシェルパ英雄伝の作品紹介

いまから50年前、1953年5月29日、チョモランマ(エベレスト)は英国隊によって初登頂された。このときエドモンド・ヒラリーとともに山頂に立ったシェルパがいる。その名をテンジン・ノルゲイという。「雪山のタイガー」と呼ばれた男の生涯をたどり、多くの登山家たちの夢と挫折が交錯するチョモランマ挑戦の歴史をシェルパの視点から描いた最高の山岳ノンフィクション。

ツイートする