「移行期的混乱」以後 ──家族の崩壊と再生 (犀の教室)

  • 12人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 平川克美
  • 晶文社 (2017年5月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794968296

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内田樹
有効な右矢印 無効な右矢印

「移行期的混乱」以後 ──家族の崩壊と再生 (犀の教室)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

全1件中 1 - 1件を表示

「移行期的混乱」以後 ──家族の崩壊と再生 (犀の教室)を本棚に登録しているひと

「移行期的混乱」以後 ──家族の崩壊と再生 (犀の教室)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「移行期的混乱」以後 ──家族の崩壊と再生 (犀の教室)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「移行期的混乱」以後 ──家族の崩壊と再生 (犀の教室)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「移行期的混乱」以後 ──家族の崩壊と再生 (犀の教室)の作品紹介

人口減少の主要因とされる「少子化」はなぜ起きたのか? そもそも少子化は「問題」なのか? 問題であるとすれば、誰にとってのどのような問題なのか? 日本の家族形態の変遷を追いながら、不可逆的に進む人口減少社会のあるべき未来図を描く長編評論。「経済成長神話」の終焉を宣言し、大反響を呼んだ『移行期的混乱』から7年後の続編にして、グローバリズム至上主義、経済成長必須論に対する射程の長い反証。解説・内田樹。

「移行期的混乱」以後 ──家族の崩壊と再生 (犀の教室)はこんな本です

ツイートする