月3万円ビジネス 100の実例

  • 159人登録
  • 3.38評価
    • (5)
    • (13)
    • (16)
    • (2)
    • (3)
  • 22レビュー
著者 : 藤村靖之
  • 晶文社 (2015年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794968845

月3万円ビジネス 100の実例の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 藤村さんの考えは現代社会に新たなチャレンジをさせてくれるだろう。
    仕事とゆう概念を全くもって変える藤村さんのアイデアは豊かなニッポンへの兆しとなるのかもしれない。だれもが出来ることではないが、だれかが一つ行動をおこせば、数珠繋ぎのように増えて行くのだと思う。この世の中に対してそこに正しい道というものを示しているからだと思う。

  • 本書の著者、藤村靖之さんが出演しているラジオをたまたま車で聴きました。
    「月に3万円稼げるビジネスをたくさん考えています。1つのビジネスには2日しかかけない。10個やれば20日しか働いていないのに30万円。家族で十分に暮らせます」
    藤村さんは、そんなことを話していました。
    「面白いことを考える人がいるものだ」と興味を持ち、図書館で借りてきました。
    書名の通り、3万円ビジネスの実例を100個紹介しています。
    都会で野菜づくり、井戸を掘る、窓に花を飾る、ワークショップガイド、巣箱づくり、商店の人のための育児サービス、酵母ビジネス、機会を修理する、エッセンシャル・オイル、薬草ワークショップ、有機野菜のガレージセール、高齢者のパソコン教室、中古の太陽光発電、オシャレな焼き芋屋、電車マルシェ、ママカフェ…。
    ざっと紹介しただけでも、実にバラエティー豊か。
    中には、「ローカルエバンジェリスト」「アースバッグハウス」など聞き慣れないものもありますが、100個のうち実に、8割は誰かが実施した例なのだそうです。
    しかも、ユニークなのはこの「月3万円ビジネス」のお約束。
    ①いいことしか仕事にしない②奪い合わないで分かち合う③支出を減らす④ノーリスク⑤2日しかかけない⑥みんなで生み出す⑦インターネットでは売らない―の7つのお約束があります。
    端的に言えば、難しく考えないで、みんなでワイワイガヤガヤ生み出す仕事のようです。
    自分なら何が出来るだろうと考えながら、愉しく読みました。
    やってみたいのは3つ。
    1つめは、「1枚のチラシ」。
    都会では広告のために膨大な電力や紙が使われています。
    そこで2人1組でエスカレーターの上下に立ち、回覧式のチラシを渡します。
    たとえば、下で渡した回覧板式のチラシを上で回収する。
    電気は使わない、紙が無駄に捨てられることもない、しかもエスカレーターに乗っている間は暇なので熱心に見てくれます。
    2つめは「遺影ビジネス」。
    遺影を準備してから死ぬ人は少ない。
    せっかく人生を全うしたのに、遺影の写真が貧相では気の毒。
    そこで、生前に遺影を撮影することをビジネスにしてしまった方が実際にいるそうです。
    私はカメラの腕はからきしですが、一応、新聞記者をしており、笑顔の素敵な写真を撮って相手に喜ばれ、相手に喜ばれたことで自分も喜んだことがあります。
    腕を磨けば出来そうですし、やりたいビジネスです。
    3つめは「ローカルライター」。
    一応、新聞記者として、取材して記事を書くことを生業としているので、取っつきやすいビジネスです。
    実は、雑誌が売れずに廃刊、休刊が相次いでいます。
    どこの出版社も経営が苦しいので、フリーの記者やカメラマンに仕事を委託するケースが増えています。
    ただ、フリーであっても出版社は2人分の手当てを支払わなければならず、しかも交通費も必要です。
    そこに、ローカルライターというビジネスの需要が生まれます。
    本書によれば、特別優秀でなくても良く、文章力も写真力も5段階のうち、「レベル3以上なら原稿は採用される」とのこと。
    うん、これなら出来そう。
    さて、「仕事をつくる」というと、特にバブル期を駆け抜けた中高年は産業振興や企業誘致という発想にとらわれます(今だとIR施設誘致もでしょうか)。
    ただ、人口減少が進み、市場が急速にシュリンクしている現状では、産業振興も企業誘致もなかなか困難です。
    そんなに大上段に構えず、足元に目を凝らせば、ビジネスの芽は無数に転がっています。
    たとえば、スーパーの撤退で「買い物難民」と言われる高齢者が増えています。
    そんな高齢者の買い物の足を代行するのもビジネスになるかもしれません。
    そんな小さなビジネスを積み重ねていけば、十分に暮らしが成り立つという見立ての上に、本書は書かれています。
    とても現実的な視点だと思います。
    件のラジオ番組で、藤村さんは「月12万円の収入で中学生の子供が2人いる4人家族が貯金をしながら暮らせるモデルをつくる」と語っていました。
    そんなモデルが出来るなら、子育て世帯にとって恩寵になるだけでなく、「老後破産」や「老人漂流」なんて言葉もなくなり、悲惨な景色は一変するでしょう。
    イケダハヤトさんではありませんが、人口減少の進む成熟社会では、いくら努力をしても経済的に成功を収めるチャンスにはなかなか恵まれません(だから努力をするなとは言いませんが)。
    ないものねだりをして不満を抱え込んで暮らすよりは、慎ましくても他人に喜ばれながら生活する方がよほど健康的で現実的です。
    本書を読んで、そろそろ発想を変えなければと思いますが、バブルを後方から見て育った中年の私には、それなりに染みついてしまったものもあって、なかなか難しいのが現実です、ハイ。

  • ・モノ作りワークショップは、月3万円ビジネスと相性が良い。

    ・「みんなが愉しく生きていくためには」自分で考え主体的に
     行動できる人が育つことが大切。

    ・どんな機械でも直せる機械修理請負人が近くにいたら。

    ・杉皮で屋根を作る。

    ・「持ち寄り」「共同自炊」ならば、保健所の許可はいらない。

    ・田舎の面白さは、週に1日営業でも、7日営業でも、
     トータルの来客数は大差ないということ。

    ・「奪い合わないで、分かち合う」

  • いろんな起業アイディアも興味深いが、文章も警戒でショートショートのように面白く読める。無給で筆者の弟子入りをする気持がわかる気がする。考え方だけでなく、現実的なプランをいくつも出していて、かつそれをパクリ自由(コピーレフト)という点が非常に意義があり、説得力も高い。

  • 那須ゲストハウスDOORZ。金土日の3日間しか営業しない。

    タコス2B=日本で一番売れているキャンピングカー。

    自給自足大学

    亜麻仁オイル=亜麻を育てて種を絞る。

    ベランダ栽培のワークショップ

  • フルタイムで1つの仕事だけしながら生活することに違和感を感じ、新しい暮らし方を探すうち本書に出会った。実際に行われていることが100例も挙げられていて、『こんなアイデアもあったのか!』と読むうちに脳ミソが活性化されてくる。派生して生まれたアイデアのメモをとりながら、読み進めた。藤村さんのアイデアは底なしだな~と。他著書も読みたい。

  • 林所有。いまどこにあるか不明です!

  • 図書館

    つまんなかった。

  • 自給自足で支出を減らしつつ、ローカルで環境と人にやさしい仕事で月3万円を得ながら、生活していくためのヒント集。
    主張の強さが気になる部分もあるけど、いろいろ気づきが得られる。

  • ビジネスを組み合わせる。
    アイデア、隙間がビジネスになる。

全22件中 1 - 10件を表示

藤村靖之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
みうら じゅん
ベン・ホロウィッ...
リンダ グラット...
クリス・ギレボー
菅付雅信
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

月3万円ビジネス 100の実例を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

月3万円ビジネス 100の実例を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

月3万円ビジネス 100の実例を本棚に「積読」で登録しているひと

月3万円ビジネス 100の実例の作品紹介

「月3万円ビジネス」とは月に3万円しか稼げないビジネスのことだ。いいことしかテーマにしない。このビジネスはたくさん有る。なにしろ月3万円しか稼げないから、競争から外れたところにある。奪わないで分かち合う。みんなで愉しみながら仕事を創る……。
2011年刊行の『月3万円ビジネス 非電化・ローカル化・分かち合いで愉しく稼ぐ方法』でこのアイデアを発表したところ、日本各地でワイワイガヤガヤ仕事創りが始まった。
自然の恵みで生きる、オシャレなエコ、人と人を温かく繋ぐ、孤独でなくする、農村に人を惹きつける……など、カテゴリーに分けて100個の実例を紹介する。

ツイートする