人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史

  • 61人登録
  • 2.86評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 山形浩生  守岡桜 
  • 晶文社 (2016年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794969231

人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます。
    http://opac2017.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/BB50110851

  • 人種が違えば遺伝子も違い、遺伝子の違いは文化の違いを生じる、という主張。

    人種による差異に切り込んでいった、という点では評価できますが、根拠がまだまだ希薄な印象。
    著者の主張の正しさ(誤り)がはっきりするのは、これからの研究の進展次第、ですかね。

    全体的にくどくて、若干読みにくい文章でした。
    そのあたりも、やや残念。

  • ひとつの可能性

  • 【請求記号】4600:673

  • 社会の差異や変化に人種と進化を絡めたが為に、原書は刊行直後に「学術界左派」からのバッシングを食らったらしいことが「はじめに」とある。
    そのせいで、こっちも多少色眼鏡で読んじゃったかも知れないけど、言うてもやっぱり、ゲノム解析が進まんことには説得力がないなー。「遺伝子は特定できていないが影響しているところがある筈」って言われてもなー。あと誤植多し。謝辞で「…すべてど同様に…」なんて吹きそうだ。

  • 請求記号 469/W 12

全6件中 1 - 6件を表示

ニコラス・ウェイドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ニック・レーン
スティーヴン ワ...
トマ・ピケティ
スティーブン・ピ...
リチャード・ドー...
ロビン・ダンバー
有効な右矢印 無効な右矢印

人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史はこんな本です

人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史を本棚に「積読」で登録しているひと

人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史の作品紹介

なぜオリンピック100m走の決勝進出者はアフリカに祖先をもつ人が多く、ノーベル賞はユダヤ人の受賞が多いのか? なぜ貧困国と富裕国の格差は縮まらないままなのか?
ヒトはすべて遺伝的に同じであり、格差は地理や文化的な要因からとするこれまでの社会科学に対する、精鋭科学ジャーナリストからの挑戦。最新ゲノムデータを基に展開する、遺伝や進化が社会経済に与える影響についての大胆不敵な仮説。

ツイートする