人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史

  • 62人登録
  • 2.86評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 山形浩生  守岡桜 
  • 晶文社 (2016年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794969231

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンソニー・B・...
ジャレド・ダイア...
ヴィクトール・E...
ロビン・ダンバー
有効な右矢印 無効な右矢印

人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史の感想・レビュー・書評

全5件中 1 - 5件を表示

人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史を本棚に「積読」で登録しているひと

人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史の作品紹介

なぜオリンピック100m走の決勝進出者はアフリカに祖先をもつ人が多く、ノーベル賞はユダヤ人の受賞が多いのか? なぜ貧困国と富裕国の格差は縮まらないままなのか?
ヒトはすべて遺伝的に同じであり、格差は地理や文化的な要因からとするこれまでの社会科学に対する、精鋭科学ジャーナリストからの挑戦。最新ゲノムデータを基に展開する、遺伝や進化が社会経済に与える影響についての大胆不敵な仮説。

人類のやっかいな遺産──遺伝子、人種、進化の歴史はこんな本です

ツイートする