男子劣化社会

  • 82人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 晶文社 (2017年7月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784794969682

男子劣化社会の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルに惹かれて借りてみました。

    序盤は、現代社会における男子のダメっぷりを述べていますが、最終的には、「男女それぞれの特性を踏まえて、互いに協力し合える社会を作るための提案」という内容になっています。

    ちなみに、引きこもりは、先進国に注目すると、世界的な現象であり、そのほとんどは男子。
    そして、彼らは、ゲームやエロ動画(本の中では「ポルノ」という表記で統一)に入り浸って、もともと乏しい社会性を鍛えることなく、ますます社会から離れていく、といったことが書かれています。
    引きこもりについては、本人の資質も大きいとは思うのですが、周りの環境や教育も重要。
    特に親による教育は重要。
    我が子の将来を思い、前向きで密な(できれば親密な)コミュニケーションを心掛けることは、子どもにとっても、親にとっても、そして国にとっても、よいことであり、大切なことです。

  • 社会のある側面を鋭く提示してくれているように思え、興味深く読んだ。後半はやや説教臭さが鼻に付いたが。日本でも青少年の男子が直面する問題点を誰か書いてくれないものか。

  • これからの数十年、ますます男女の断絶が起こり得るような気がした。
    そんな殺伐とした社会環境において男性がどのように立ち振る舞い、どのような信念の元に女性と関わり合えば良いのか、共に歩むめば良いのかの形が薄っすらと感じ取れた。
    それと日本においての未婚率の上昇は育児支援の不足や男性の経済力低下などの目に見える外面的な要素だけでなく、異性に対する内面的(心理的)な要素も大きく影響を与えていて、それは僕が以前から感じてたことでした。
    つまり、経済や政府の支援だけでは肝心な部分が覆い隠され男女の真の共栄は訪れない気がします、、っが!
    俺に限ってはできるはず

  • レビューはブログにて
    https://ameblo.jp/w92-3/entry-12307290917.html

  • 東2法経図・開架 367.5A/Z4d//K

  • 男子が劣化しているという症状,その原因,対策という3部構成になっています.

    原因の後半あたりから,こうした症状は男子だけではない,ときて,男女のあり方のような話になっていくので,タイトルからイメージされる内容とは必ずしも一致しないような気がします.ジャンル分けすれば,ジェンダー論かもしれません.

    内容といい,インタビューした人のコメントを引用しつつ話が進んでいくところといい,シェリー・タークルの本に近い印象です.

  • 日経紹介本。図書館で予約。

全7件中 1 - 7件を表示

フィリップ・ジンバルドーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
エラ・フランシス...
ジョージ・A. ...
内田樹
トマ・ピケティ
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

男子劣化社会を本棚に「積読」で登録しているひと

男子劣化社会の作品紹介

ゲーム中毒、引きこもり、ニート……いまや記録的な数の男たちが、社会からはじかれている。学業では女子に敵わず、女性との付き合いや性関係でしくじり、正規の職に就くことができない。世界的な不況や、社会構造の変化、そしてネットの普及が、彼らをより窮地に追い込み、ゲームやネットポルノの中に縛り付けている。
本書は、行動心理学、社会学、生理学の成果などを駆使しながら、今、若者たち、特に男性にどんな変化が起きているのかを検証。さらその原因が解明していく。社会の変化によって、「男らしさ」や「男の役割」も変更を迫られている。
先進国共通の男子の問題に、解決策はあるのか?

男子劣化社会のKindle版

ツイートする