せどり男爵数奇譚

  • 18人登録
  • 3.43評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 梶山季之
  • 夏目書房 (1995年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (329ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795257849

せどり男爵数奇譚の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 配役の件で原作ファンから猛反発をくったTV版ビブリア古書堂の事件帖、自分は純粋にドラマとして楽しめた。
    ドラマのモティーフになっていて興味を持ち読んでみた。
    古書に魅入られた人々の物語。古書を他人の手垢が付いた汚いゴミと思うか、今では手に入らない貴重なお宝と思うかで違ってくると思うが、人間の執着心とはこれほど薄気味悪く、なんと滑稽なものなのだろうか。
    ちなみに本作は以前ラジオドラマ化されている。清水紘治演ずるせどり男爵が絶品。ネットで探せば今でも視聴出来る。

  • 古き良き時代の古本屋さん
    「古書」には、それを手にした人の人生がしみ込んでるな~と思う

    とはいえ
    私の場合
    買った古書の過去の持ち主に対して
    思いを馳せることは
    ない

  • ビブリアより。古本フェチ紳士による古本がらみの昭和臭漂う事件簿。フェチ的なエロネタもポツポツ。最終話はちょっとエログロすぎだと感じた。

  • ビブリア古書堂で出てきた本で、おもしろそうなので図書館で借りた。
    ときどき読むのが難しい漢字が出てくるが、全体的にはさらっと読める小説である。最後の方の話は、ビブリアの参考になったのでないかという、話があった。
    ただし、内容的に子供には勧められない。

  • 第三話にでてくる小宮さんと出身が一緒だった。

  • ビブリア古書堂からの流れで読みました。最初はものすごく面白かったけど、後半になるにつれてエグイ感じになってきて、ちょっときつかった。

全6件中 1 - 6件を表示

せどり男爵数奇譚はこんな本です

せどり男爵数奇譚のKindle版

せどり男爵数奇譚の単行本

せどり男爵数奇譚の文庫

ツイートする