知恵のめざめ―悲しみが花開いて終わるとき

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Jiddu Krishunamurti  小早川 詔  藤仲 孝司 
  • UNIO (2003年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795288898

知恵のめざめ―悲しみが花開いて終わるときの感想・レビュー・書評

  • 話の内容は、私にはすごく難しかったのだけど、実際の講和の内容をそのまま再現してあるので、語り手の情熱やいわんとしていることが、頭では完全に理解できなくても、根本的なものは感覚的に伝わってくるような気がした。
    何年か経ってから、自分の成長を確かめるために、もう一度読んでみたい。

  • クリシュナムルティの「言葉の揺れ」を正確に翻訳した労作で、原書のみならず録音テープの内容まで補完している。つまり、声の響きを除けば我々は聴衆と全く同じ位置に置かれるというわけ。

    http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20100721/p5

全2件中 1 - 2件を表示

知恵のめざめ―悲しみが花開いて終わるときを本棚に「読みたい」で登録しているひと

知恵のめざめ―悲しみが花開いて終わるときを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知恵のめざめ―悲しみが花開いて終わるときを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知恵のめざめ―悲しみが花開いて終わるときを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする