やさしさの住居学―老後に備える100のヒント (やすらぎの住居学)

  • 13人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 清家清
  • 情報センター出版局 (1996年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795814912

やさしさの住居学―老後に備える100のヒント (やすらぎの住居学)の感想・レビュー・書評

  • 老人の老人による老人のための住まいを 年をとっても自立できる住まい 「滑った、転んだ」が命取り 病気になっても自宅で暮らす 風通しの良さが第一条件 自然光は尽きる事のないエネルギー おいしい水も住まいの条件 

全1件中 1 - 1件を表示

やさしさの住居学―老後に備える100のヒント (やすらぎの住居学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やさしさの住居学―老後に備える100のヒント (やすらぎの住居学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やさしさの住居学―老後に備える100のヒント (やすらぎの住居学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

やさしさの住居学―老後に備える100のヒント (やすらぎの住居学)を本棚に「積読」で登録しているひと

やさしさの住居学―老後に備える100のヒント (やすらぎの住居学)の作品紹介

日本の気候や環境、また家族関係までも考えた、老後に備えた住まい作りの本。「歳をとっても拠り所(スイートホーム)が必要である」「引き戸…身体にやさしい日本の建具」など、清家先生一流の感性が活きています。

ツイートする