建てどき

  • 51人登録
  • 3.32評価
    • (3)
    • (3)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 藤原和博
  • 情報センター出版局 (2001年3月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (303ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795834927

建てどきの感想・レビュー・書評

  • 普通の人が、戸建てを建築するにあたり、業者選びから内装仕上げまで、徹底して調査し、納得行く自宅を完成させた物語。住宅は、その建設プロセスが大事であり、相当なエネルギーを使うので、45歳ぐらいまでが限界と言っている。末尾に記された「父親の居場所は、いつから「トイレ」になったか」の記載の方が、内容が濃かった。

  • 具体的に家づくりを始める前にオススメ。好きな街を自転車でまわってドアや壁、屋根の展示場にしてしまう、とか建てた家の仕様とか、ナルホドポイントが多数。

  • お父さんとして、子どもや自分の趣味にこだわり抜いた家作りの本。著者世代らしい発想。なかなか今の40代には無理でしょう。こんなにこだわられると子どもも息苦しそうだが。実際のところはどうでしょう?家の本としては面白かった。

  • ほんとは建てる前に読みたかったんだけど、出産が重なって十分に子供中心の、家事導線を考えたというのは検討できなかったなあ。
    真似したいと思ったのは、段差をつけたステージ調の和室とキッチン、水回り、広い子供部屋の間取りかな。
    作りこみすぎないという結論に賛同。
    著者には二世帯住宅についての本も書いてほしいです。

  • 実際に自分が家を建てたとき、「とても」「ものすごく」なんて形容がちっぽけに思えるほど役に立ちました。実際的なことから信念的なことまで、師匠のように導いてもらいました。

  • 2001年6月23日登録

  • 45歳を超えたら家を建てるな、だそうです。自分で建築士さんや大工さんにお願いしてたてる方には、参考になるかも。

  • 住宅本、大好き。家を建てるなら45歳までに!という著者、その理由は・・・。これから家を建てる人は必読。

全8件中 1 - 8件を表示

建てどきを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

建てどきの作品紹介

家づくりも「目標」ではなく「表現手段であるべきだ」。一軒の家の設計コンセプトまで編み出した驚異の実践的報告レポート。

ツイートする