世界のお弁当 心をつなぐ味レシピ55

  • 210人登録
  • 3.69評価
    • (18)
    • (37)
    • (46)
    • (2)
    • (0)
  • 47レビュー
著者 : 服部直美
  • 情報センター出版局 (2008年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795836433

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
阿部 了(写真)
三浦 しをん
湊 かなえ
三浦 しをん
村上 春樹
村上 春樹
飯島奈美
有川 浩
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

世界のお弁当 心をつなぐ味レシピ55の感想・レビュー・書評

  • 世界のお弁当、面白い視点だなー。レシピもついててうれしい。まだ作ってないけど(;・∀・)
    時々描かれたスケッチが丁寧。
    色んな国のお弁当箱、見てるだけで楽しいです。

  • 世界各国・地域の弁当の様式や中に入る代表的なメニューの簡単なレシピ、各地の気候や食文化の特徴が反映された弁当箱の紹介、各地出身の人々の弁当に関する思い出話、弁当が出てくる映画の紹介など弁当にまつわるいろんなことが、それこそ幕の内弁当のように詰め込まれている本。そういう意味では、品数は多いんだけど「これ!」という決め手の筋がない感じ。
    弁当って、各国・地域の違いのさらに奥に、各家庭の違いが色濃く反映されてくると思うんだよね。だから、この本で「インドの弁当はこんな感じ」「台湾のは……」「カンボジアのは……」と紹介されても臨場感っていうのか、ホンモノ感に欠けるな。

  • 30代半ば、米国で約1年勉強の機会をいただいたとき、昼食時友人が食パンとリンゴを食べてるのを見て、「おっ、簡単に済ませてるな」って思ったことを思い出しましたw。レストランのメニューにお国柄がありますが、お弁当はお国柄を更に凝縮した・・・、そんな感想を持っています。そして日本のお弁当が最高と、自国自賛しています(^-^)お弁当の中身、栄養バランス、色取り、器(お弁当箱)、食べる場所、一緒に食べる人。「お弁当」には、遊び心、旅空間、心のぬくもりがありますね!とても楽しい本でした。表紙、上は台湾、下エジプトです

  • お弁当を好まない香港人に、フィリピンのバナナケチャップって何??って思ったり、韓国のお弁当キムチ問題があったり(私も高校時代悩んだ事が)、各国のお弁当の形が違ったり、カナダのお菓子弁当に笑ったり、インドのお弁当配達がカオスだったり、世界に対するワクワクが膨らむ本。

    お弁当から食文化が垣間見えてきて面白いです。
    しかもレシピつきで作る事も。
    バナナケチャップ、初めて知りましたので気になる...!

    普段のお弁当に飽きてきた人は是非笑。

  • 日本のお弁当は"bento"として標準英語に登録されるなどして世界的に認知度が上がっている。では、世界の弁当とはどのようなものなのか知っておかぬ手はあるまいと。それこそグローバルな地球人としての姿ではあるまいか、と。

    弁当箱には文化が詰まってる。アジアは米だしヨーロッパはパン。アメリカ、お菓子入れすぎ。イタリア、酒飲み過ぎ。超絶技巧からシンプルイズベストまで、世界は広い。

  • 外国のお弁当が気になっていたときに 出会った本。
    お弁当巡りの旅行したくなりました。
    お弁当は 他の料理以上に 作る人の愛情を感じますね。

  • 各国のお弁当やお弁当箱、お弁当に関わるエピソードなどを紹介した本。
    インドのお弁当配達に取材したページが面白かった。
    こうやって配達先を間違えずに配達してるのね。
    これは日本でも欲しいシステムだなあ。
    そしたら、弁当作るために朝早く起きなくてもいいのにw

  • タイトル通り、世界のお弁当とそのレシピを紹介する本です。
    お弁当箱や水筒、お弁当にまつわる思い出なども紹介されていて、なかなか読みごたえがありました。
    お弁当文化の根付いている国、そうでない国とさまざまありますが、いろいろな国のお弁当事情が覗けて楽しめました。

  • インドのお弁当配達システムが凄い。全てがおいしそう。

  • サンドイッチ弁当毎日じゃ飽きないのかな?
    お腹空いた

  • 痒い所に手が届く構成で、筆者が足で稼いだ丁寧な取材が内容に反映している。もうちょっと深く知りたいな・・と興味を持った所が後半で詳しく書かれていたりして、1冊読み終わって満足感を味わえた。
    世界のお弁当はどれもおいしそうで楽しかった♪
    写真もきちんと撮ってあってすごくよかった。

  • 海外のお弁当を知ることが出きました。
    お弁当箱も世界中で色々あるんだな~・・・。

  • 世界のお弁当レシピ、お弁当箱、お弁当にまつわるetc…
    おしゃれな装本・装丁なだけでなく記事も充実。
    世界の料理本はよくあるが、お弁当にスポットをあてた本というのがまた一興。
    ほかほか温かい料理もいいけれど、食事をもって移動するお弁当ってのは、作ってくれた人の気持ちも連れてくるみたいで、これだってあったかい。

  • 所変わればお弁当変わる!!
    世界21カ国の様々なお弁当事情やレシピを紹介したり、
    お弁当にまつわる思い出やお弁当箱・水筒コレクション等、
    見て楽しめる読んで楽しめる1冊です☆
    あなたはどんなお弁当の思い出がありますか?

    ★西図書館のスタッフが実際に作ってみました★
    【p50ハワイのお弁当】
    ●スパムむすび●
    減塩のスパム缶を使用しました。
    減塩でかなり丁度いい塩加減だったので、
    普通のスパム缶だとしょっぱくなりすぎかも

    ●もちこチキン●
    つけダレの中に砂糖を加えるので甘めの唐揚げ★というかんじ。
    和ではなく、洋を感じた一品でした!
    甘すぎる事はなくおいしかったですよ

    手書きPOPより抜粋

  • お気に入りの一冊。
    カンボジア人シェフもこの本がお気に入りで、プレゼントしました。
    お弁当という視点が面白いし、世界各国とは言わないけれど、いろんな国のお弁当がのっているのもよいです。
    お弁当の中身だけでなく、お弁当箱やお弁当に関する各国のエピソードなど、楽しくてかわいい本です。

  • 世界各国のお弁当、定番のレシピやお弁当箱を紹介した本。

    図書館にあって借りてみたんだけど、お弁当の世界旅行って感じで楽しかった。
    世界のお弁当事情やお弁当箱コレクション。各地のお弁当作り風景などなど。
    こないだ知ったダッバワーラーの密着レポもあって面白かったし、各国の人が語るお弁当の思い出もそれぞれ味わい深いものがあった。

    なんといってもお弁当開いてる人たちの笑顔がいいな。

    作るほうもしんどい、作ってもらうほうも時には弁当じゃなくて別のもんたべたかったりするけれど、色んな記憶と結び付くんだろうね。

    産休中は作ったりしてたけど、最近作ってないな~そういえば。ピクニック弁当くらいか。
    また作ってピクニックでもしようかな。

    しかし、ブータンのかごのお弁当箱、可愛い!

  • 世界各国のお弁当が大集合。馴染みのないものもあるけど、とにかく美味しそうで食べてみたくなる。レシピ付き。

  • ■あの国では、どんなお弁当が食べられてるんだろう?お弁当メニューと物語でつづる、世界の台所と家族の風景。厳選22エリアのお弁当レシピ掲載。

    ■■とにかくウマそうだった。世界のお弁当文化に興味がある人は必見。世界の人って、こんな不思議なお弁当の食べ方するんだなって関心。あたりまえだけど日本とじゃまったく違う。ってか欧米のお弁当が一番不思議。とくにアメリカ。それでお腹がいっぱいになるのかな?

  • 世界のお弁当事情ってどうなんだろうって
    クウネルのお弁当の本から派生して読んでみた。
    世界各国を網羅して色々なお弁当が紹介されていて
    とっても興味深い本だった。そしてこういうビジュアル系の
    本だと写真だけ流し読みしてしまう場合があるんだけど
    文章がとってもおもしろかったので隅から隅まで
    レシピの一字一句までじっくりと楽しんで読んだ。
    インドのダバワラさんという職業の人を追いかけた旅エッセイが
    とってもおもしろかった。
    あと世界のお弁当箱と水筒のコレクションが雑貨好きの自分としては
    かぶりついてじっくりと見てしまった。

  • 世界の料理、ではなく、お弁当。
    世界で一番、色とりどりに入っているのは日本だ、という事くらいしか
    お弁当事情は知識としてありませんでした。
    読んでみたら…なるほど、と納得。
    残り物を入れたり、サンドイッチ状態だったり。
    色で言えば、確かにさびしい、かも??

    各国のお弁当箱の写真や、その地域の人達の話なんかもついていて
    案外面白かったです。
    が、最初の方は、お弁当中身入りの写真があるので
    お腹が空いている時以外の方がよいかと思われます。

  •  お弁当ってどうしてこうも幸せな気分にさせてくれるんでしょう。

     世界各国の知恵と愛情の詰まったお弁当!

  • お弁当からその国の食文化はもちろん歴史的背景もからんでくるところがおもしろかった。
    個人的に、モンゴルの話はとても興味深かった。

  • 世界のお弁当をノゾイてみたらお国の食事情が見えてくる?
    世界22エリアのお弁当の定番メニュー&レシピを紹介しています。
    台湾の彩豊かなお弁当や、タイのスパイシー弁当、イタリアのパニーニやメキシコのトルタがなんとも美味しそうで、ぜひ作ってみたいです。世界のお弁当箱コレクションや各国のお弁当の思い出などもあって、ボリュームいっぱいの内容です。

  • 日本人の弁当への力の入れ具合は眼を見張るものがありますが、
    海外勢のお弁当も、実にいいものです。
    おしゃれなサンドイッチ、バナナの葉に包んだお弁当、小さな容器に分けて入れられたカレー、
    それぞれ地域性が出ていて、どれも思わず早弁したくなる美味しそうなお弁当です。
    ちなみに日本のお弁当の写真、ごはんは日の丸でした。おにぎりも、いいよね。

    個人的に惹かれるのは、アメリカのピーナツバター&ゼリーのサンド。
    毎日そんなランチが続いたら絶対飽きるに決まってるけど、
    何なんでしょう、ジャンクさに憧れるとでも言うのか…

全47件中 1 - 25件を表示

世界のお弁当 心をつなぐ味レシピ55を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界のお弁当 心をつなぐ味レシピ55を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界のお弁当 心をつなぐ味レシピ55を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界のお弁当 心をつなぐ味レシピ55を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする