ワンコイン悦楽堂

  • 39人登録
  • 3.42評価
    • (2)
    • (1)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 竹信悦夫
  • 情報センター出版局 (2005年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795844629

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
川上 未映子
三島 由紀夫
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ワンコイン悦楽堂の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 頭の良い方の、言い方。

  • 三重県立図書館---閉架。

    「ミボージン日記」竹信三恵子さんの亡夫のwebコラムの単行本化。三恵子さんによる「あとがき」は淡々。
    ワンコイン(500円)以内で買った古本のレビューを週一でアップ 71本。分厚い---431p。

  • まず装丁がかわいすぎる。トイレに飾っちゃう。

    お目当ては、巻末の高橋源一郎×内田樹対談。灘高時代に高橋氏を文学に誘い、東大時代に内田氏をユダヤ研究の導いた黒幕がいた。

    それがこの本の筆者、朝日新聞の竹信悦夫だ。両御仁のお話によると、竹信悦夫という人は、それはそれは早熟で凄まじい才気の持ち主だったようです。

    対談を先に読んでから竹信氏の書評集に戻ると、なるほどこれは精気が抜けているという印象。非常に臭みのない「紹介文」といった感じで、切れすぎる知性を収める鞘を求めた人の心の葛藤の残滓を見ているようで切なくなります。

    切ないです。

  • 2010/4/24購入
    2010/7/16読了

  • ずっと気になっている本です。
    ブックガイド的なものは好き。

全5件中 1 - 5件を表示

ワンコイン悦楽堂の作品紹介

灘高で高橋源一郎を文学へと誘い、東大で内田樹をレヴィナス研究へと導いた怪人・竹信悦夫。この“都市伝説的知性”の持ち主が新古書店を巡り、買い集めたワンコイン(100円

ワンコイン悦楽堂はこんな本です

ツイートする