怖い話はなぜモテる

  • 36人登録
  • 3.57評価
    • (2)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 情報センター出版局 (2008年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795848825

怖い話はなぜモテるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「怖い話をすると何故女性にモテるか?」ではなく「怖い話そのものが何故色んな人にモテるか?」について稲川氏と平山氏が対談形式で語り合う作品。両氏の昔話等も散見され、両氏のファンである方には楽しめる作品だったと思う。

  • なるほどなぁ

  • ヴィレバンでちょいと立ち読み。
    ゴーストハント1巻で麻衣が語る怪談が稲川さんがラジオで話した赤い半纏が元ネタだったとは...しかもそれは特攻隊員の母の悲しい話がベースだったなんて。そして将門の首塚のエネルギー...私にはやっぱり感じる力はないんだろうな。さっぱりなんともなかったもん。

    気軽に読めて稲川淳二の足跡をちょこっと知れて平山さんとの話も結構面白かったので今度続きをちゃんと読もうと思ふ。

  • やっぱり類は友を呼ぶなんでしょうな、いやはや‥

  • 稲川淳二=怪談の人 というイメージしかもっていない方は必読。
    彼を知ればより一層怪談を楽しめること請け合い。

  • いやー、面白かった。
    お二人ともダンディー!
    そらモテますわ。かっこいい~。

  • 元祖、怪談の語り部ともいえる稲川氏と、現在の怪談を牽引する作家、平山氏の対談集です。
    平山氏にいつもの毒はなく、お互いほめ殺し合戦みたいになってますが、なかなか興味深い話はありました。
    有名な都市伝説の赤いちゃんちゃんこが、元は稲川氏が紹介したもので、赤い半纏だったとか、稲川氏の近所の犬が人面犬の正体だった話は、えーって感じでした。
    赤いちゃんちゃんこは、出所不明と言われてましたしね。
    ただ、怪談の話だけじゃなく、人生における話とかもあって、なかなか読み応えありましたよ。

全7件中 1 - 7件を表示

怖い話はなぜモテるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

怖い話はなぜモテるを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする