語られなかった敗者の国鉄改革

  • 16人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 秋山謙祐
  • 情報センター出版局 (2008年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784795849921

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

語られなかった敗者の国鉄改革の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “業界”の時に読了。A面B面両側から見て、視えるコトが。他山の石。自らへの戒め。懐かしい。

  •  2008年末〜2009年始(年越し)にかけて読んだ本。なぜこの本を年越し本としたかは自分でも不明です(完全に興味本位です)。
     国鉄改革に際して、最後まで抵抗したとされる「国鉄労働組合」の幹部が記した本です。国鉄における「国労」が趨勢を誇った時代から、分割民営化に際して、「鉄労」+「動労」に覇権を握られていく過程が克明に書かれています。
     この著者の秋山氏は「国労」本部の企画部長を追われたあと、鉄産労連(現在のJR連合)の立ち上げにも参画しています。そのあたりの思想的な連続性もわかり、非常に勉強になります。
     しかしながら、国鉄・JRにおける労働組合の位置づけがある程度理解できていないと、読みこなすのは少し難しいかもしれません。ちょっと趣は異なりますが、西岡研介『マングローブ』講談社、2007年。や、葛西敬之『国鉄改革の真実』中央公論、2007年。なども読んでおくと理解が早いかもしれません。
     「事実は小説より奇なり」という言葉がぴったりの非常に興味深い内容です。

全2件中 1 - 2件を表示

語られなかった敗者の国鉄改革を本棚に登録しているひと

語られなかった敗者の国鉄改革を本棚に「読みたい」で登録しているひと

語られなかった敗者の国鉄改革を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする