陰陽師 (7) (バーガーSCデラックス (496))

  • 37人登録
  • 3.82評価
    • (4)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 岡野玲子
  • スコラ (1998年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796244404

陰陽師 (7) (バーガーSCデラックス (496))の感想・レビュー・書評

  • ■菅公 女房歌合わせを賭けて囲碁に敵らむ

     この巻では、囲碁が一つのモチーフになっています。囲碁はゲームであると同時に、宇宙・天体を表すものであり、占いや呪術にもなりうるものであり、白黒の碁石にしたってそれが陰陽を表したりするわけです。実際、晴明の家にいる少女・真葛が陰陽の資料を見ながら碁盤をいじくっているときに、偶然菅公(菅原道真)の怨霊を捕まえてしまいます。
     ちょうどその頃、内裏では歌合せが開かれることになり、源博雅は右方の講師(歌人が作った歌を読み上げる役)を務めることに。ちなみに、このときの歌合せは歴史に残る大規模な者であったが、よりにもよってこのときに博雅は歌の順番を間違えてしまいます。…実はこれも実際にあった話だったりします。
     本作で有名になった源博雅ですが、このように何だかんだと沢山の逸話が残っている人で、本作で晴明の活躍が光るのも、博雅がいてのことだと改めて思わされました。


     本作は、連載当初から全12巻を予定されており、途中スコラ社が倒産するという憂き目に遭いながらも版元を移籍し、最後は1巻足が出て全13巻で完結しています。
     一応最後まで全部買い揃え、読みはしたのですが、8巻以降になるとそれまでのわかりやすい「平安怪異謎解き絵巻」から訳の分からない抽象的な世界に移行していき、正直ついていけなくなりました。幻想的な絵と頭にもやがかかったような進行…11巻だかで古代エジプトが出てきた辺りで「ごめん、もう無理ッ!」となりました。
     ということで、私にとって本作は、本巻を以て「俺最終回」を迎えたこととし、続刊は売っちゃいました。

  • 天后
    天神菅原道真、雷聲百里、天道を撥く

  • 「原作を越えた」と原作者の夢枕獏に言わしめた作品。絵の美しさと大胆な展開が他の追随を許しません。漫画の域を超えています。特に後半の、原作からどんどん飛躍していく物語に関して、僕はおそらくその10%くらいしか理解できていなく、正直なところ「玄象と巻き物かわいいな」、くらいの勢いの駄目読者なのですが、その世界観には大いに感銘を受けました。

    10巻以降、辞書みたいな厚さで、腕が疲れます…。

  • まだ大丈夫だが徐々に巻を追うごとに、難しくなっていく様な気がする

全4件中 1 - 4件を表示

陰陽師 (7) (バーガーSCデラックス (496))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陰陽師 (7) (バーガーSCデラックス (496))を本棚に「積読」で登録しているひと

陰陽師 (7) (バーガーSCデラックス (496))はこんなマンガです

ツイートする