お熱い夜は、あなただけ (ガッシュ文庫)

  • 44人登録
  • 3.06評価
    • (0)
    • (6)
    • (7)
    • (1)
    • (2)
  • 4レビュー
著者 :
制作 : 周防 佑未 
  • 海王社 (2011年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796401999

お熱い夜は、あなただけ (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私は悠史のひげ面のほうが好みでした。
    渋くてかっこいい男は好きですさ。
    そしてさらっと読める作品。パラパラと。

  • 読んだんだけど、あんまり覚えてないな。
    積極的にアピールするでもない画家と最終的に恋に落ちるバーテンダーの話かな。
    確か画家はバーテンダーが幸せならいいってスタンスで、俺が幸せに・・!!みたいなタイプではなかったような・・・。

  • (あらすじ)
    あらゆる男を魅了するバーテンダー・ファンロンの副業はビジネス愛人。
    親の破産以来、「世の中、すべて金」というのがファンロンの信条なのだ。
    なのに、最近ミョ―な奴が気になりだした。
    とあるピンチを救ってくれた、売れない画家の悠史。
    ずっとカウンター越しに彼の口説き文句を聞き流してきたが、
    本気でファンロンに恋してるらしい。
    「俺はただ、君に傷ついてほしくないんだ」
    穏やかな悠史の言葉に、余計なお世話とあしらったファンロン。
    でも、うっかり交わしたキスで、意外なほど悠史の存在を意識してしまい…?


    (感想)

    川村悠史(画家)×ファンロン・エルフェ(バーテンダー)


    お金に執着を持つファンロン。
    もともと裕福な家庭で育ってたのですが
    破産し両親は自殺という…
    「金の切れ目が縁の切れ目」といいましょうか
    破産した途端、周りから人はいなくなり
    信頼してた人間にも裏切られる感じだったので、
    人間不信というか、少々難のある性格ですが、
    こういうキャラだからこそ、根は純粋?(笑)。

    過去の痛手もあり本気の恋をしていなかっファンロンは
    お金のある、割り切った相手の愛人もしていましたが、
    悠史の存在は新鮮で、彼に惹かれていくのも解ります。

    まぁ、最終的にはハッピーエンドです。
    甘々です(^^;)

    よくあるパターンなのかもしれませんが、
    その間には、お互いの元彼が出てきたり、仕事関係とかで
    多少のいざこざがあったので、私は最後まで飽きずに楽しめました。

    次は作中に出てきたルイスが幸せになれるといいなぁ。

  • もっと激しいやつかと思ってたよ・・・主人公である二人には大変な難局であったんだろうけれど、読んでるこっちは小山ぐらいにしか感じなかった。残念ながら受が全く好きになれなかった。途中攻と連絡がとれなくなった件でザマァ~と思ってたのに、理由は仕事だったことが判明してガクッ。攻は受に惚れ過ぎだよ…ナニ、この展開?納得いかん。八方美人な受をもうちょっと懲らしめようよ。受以外のキャラは好人物で◎。特にルイス。思いやりがあって、友達思いだ。ルイスとニールのお話のほうが楽しめそうな予感。

全4件中 1 - 4件を表示

お熱い夜は、あなただけ (ガッシュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

お熱い夜は、あなただけ (ガッシュ文庫)はこんな本です

お熱い夜は、あなただけ (ガッシュ文庫)のKindle版

ツイートする