極道の若奥様 (ガッシュ文庫)

  • 61人登録
  • 3.44評価
    • (0)
    • (7)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : みろく ことこ 
  • 海王社 (2011年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796402170

極道の若奥様 (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 花嫁、新妻(逆かも)と続いて今更購入

  • 乳首!乳首!でした 赤ちゃんに吸われてたよ 相変わらずおばか可愛い尚弥でした

  • シリーズ3作目。今回も期待を裏切らないおバカぶりを発揮してくれた、極妻になろうとしてなりきれていない尚弥です。
    高校を卒業して、尚弥はすごくカッコいい極道になることが夢と語ります。ちょっと頭が痛くなりますね。
    それでも「影の大物で、伊織を公私共に支える極妻」という高望みをする尚弥を、否定したりバカにしたりしない伊織に大きな愛を感じます。
    というか、会社でのパソコンやら株取引やらで一連の騒動を引き起こした尚弥にも寛容な伊織の態度には、男としての度量すら感じさせます。尚弥には大爆笑だったけど。
    けど、パソコン専門学校に放り込んだのには、やはりいかに愛する妻であっても甘やかしてばかりじゃなく、けじめはつけてますね。

    そんな中で、今回は「極妻の育児」がテーマ。突然やって来た赤ちゃんに振り回されるバカップルのお話。
    自分といる限り、子供や跡継ぎには縁がなくなる伊織のことを思って切なくなる尚弥です。なので、伊織の子かもしれないその赤ん坊に強い愛着がわき、手離したくない気持がどんどん大きくなっていきます。
    そしてその赤ちゃんのために、尚弥はまたもや面倒ごとに自ら飛び込んでいってしまうのです。
    尚弥は考えなしで無理なことばかりするけど、とにかく元気で自分に正直で伊織に対する愛がいっぱいなのでつい、応援しちゃいますけどね。伊織がめちゃくちゃ心配してるのを考えると複雑です。
    窓の外にずらりと並んだ極道の車、ってとこに伊織がどんなに尚弥を大切に思っているかが見えていて胸キュンにさせられたり、笑ったりさせられました。
    赤ちゃんがらみで、エロは乳首攻めに集中。赤ちゃんにバカバカしくも嫉妬するダンナ様の伊織がドSで、かなりエロ。

    今回は新キャラで伊織の腹違いのお兄ちゃんが登場しています。とても気になる人物なんですよね。その彼に裏切られたと思い込んで、ニューヨークから追っかけてきたマフィアのイーサンも非常に気になります。この二人でスピンオフが出ないかな…でも、こっちのcpはかなりシリアスなので、やればできる子みたいなオモシロおかしいラブコメにはなりそうもないですね。
    例によってイチャコラしているSSが2本収録されています。そして、カバー下にもお楽しみSSが。新キャラcpはこのくらいが適当?
    表紙と口絵にドッキリ。色っぽくていいです。

  • シリーズ3冊目、いつも通りですw
    今回は子育てネタで、お約束なおバカ展開に安心しました

  • シリーズ3冊目です。面白かったー(*゚∀゚)=3前作同様、二人は相変わらずラブラブでしたーv口絵のエロ乳首にハァハァ。別カプのその後も気になります!!スピンオフ編希望!!(`・ω・´)ノ

全5件中 1 - 5件を表示

極道の若奥様 (ガッシュ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

極道の若奥様 (ガッシュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

極道の若奥様 (ガッシュ文庫)のKindle版

ツイートする