約束 (ガッシュ文庫)

  • 106人登録
  • 4.10評価
    • (16)
    • (15)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 可南さらさ
制作 : 六芦かえで 
  • 海王社 (2013年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796404129

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

約束 (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この話で、この作者さんにどーーーっぷりはまったのですが、


    タクミくんシリーズ好きな人には本当の本当にオススメする!!



    すっごい感動のラストが待っています!
    もう読んでて、すっごい先が読める展開ではあるんだけれども、この王道さがまたなんともいい味を出してます。
    さらに、この王道への路線突っ走り方が、私のドツボをついています。
    今まで読んだBL至上、実は1位、2位を争うくらい好きな作品です。

    ★2013.12.30付で同人誌で続編P54発売されました★
    すっごい幸せな話で合わせて大満足です。

  • 夏の章は高校の寮が同室になった有也と颯がお互い惹かれあってラブラブで。悶えてたら一転…絶頂から突き落とされました。冬の章ではずっとじわじわうるうるしてしまった。事故で有也と過ごした日々をすっかり忘れてしまった颯と4年ぶりの再会。パタパタ鶴とかわたあめとかもう気づいたら涙が…。自分のいない4年間の颯の頑張りや大学の友人、婚約者…有也の生い立ちの事もあり颯の幸せだけを願う健気な有也が(つд`)ううぅ。颯視点も是非読ませて頂きたいです。

  • 【観点別評価】文章表現☆4、オリジナリティ☆3、作品としての質☆4、個人的嗜好☆3

    【総合評価】文章や展開に破綻がなく、描写も上手い。泣きどころはあるが予定調和すぎて心に残るほどではない。☆3

     これといった破綻はない。文体は平凡だが文章はしっかりしているし描写も巧み。しかし読んでいるときは大泣きしたが、読み終わってみると印象が薄い。

     前半部分は萌えパート。寮で同室という設定やバリバリの王子様攻がストライクだという方は楽しめそう。とにかく攻が受のことを溺愛しているので、そこがハマればポイントも高くなると思う。

     後半部分はどっぷり切ない。受が攻の言葉に不意を打たれて号泣する場面は非常に巧みで、こういう細部の良さがもっと盛り込まれていれば、印象深い作品になったかも。

     良い作品なのにどうも心に残らない原因の一つとして、受以外の人物に厚みがないことが挙げられる。当て馬候補はいたが存在感がほとんどない。その他脇役もただの「設定」として存在するだけで「生きた人物」として描かれているとはいいがたく、それゆえに作品に深みを与えきれていない。受もなんだかんだいって良い子で、攻も色々と設定を作り込んではいるが結局はやはり完全無欠の良い人であり、おまけに「つるっと受に恋をして、更にもう一度つるっと彼に恋をした」感があるため(過去の記憶がどこかに残っていた、ということのようだが……うーんわかるけど喉ごしが良すぎる)、「悩める良い子ちゃんと悩まない良い人の悩む必要のない良い話」で終わってしまった。

     決して悪い作品ではないので、萌えポイントがハマれば☆4だと思います。ただ、「また読みたいか」と問われたら「別にいいかな」というのが本音であり、そしてそれが全てであるような気もします……。

  • 結末はこうなるだろう、と思いながらもやっぱり読んでると胃が痛くなるせつない展開。

  • 生徒会役員・颯×ルームメイト・有也

    母親との関係から、孤独に生きる事がベストとする有也。
    時間をかけ、有也の気持ちを解き恋人となった颯だが。

    冬の章がいいですね。
    戻らない記憶を受け入れようともがく有也の心情がせつない。スケッチブックの件なんかは、それがきっかけで記憶が戻ったりするのも有りの展開だったと思うんだけど、あえてそうならないのも切なさ倍増。
    ただ、颯には、有也が孤独に生きようとしていた過去があることを覚えていて欲しかったかも。

  • 再読。うわ~前に読んだ時より良かった(内容ほとんど覚えてなかったけど)。健気美人受けがすんなり受け止められたからかな。スケッチブックにはそれこそ喉がヒュッと鳴るほど驚いて震えました。記憶喪失ものについては攻め受け逆が好みだけどね。

  • 久々に当たりのBL引いた……! ラストは涙ぐみながら読みました。これは最終的にエロとかなくても全然問題ない。いや、そのシーンは、それはそれでいいと思いましたけど、なかったとしてもいいと思える。
    変わっていない想いを自覚している有也が、彼を想って泣き崩れるところは本当に切なかった。そして、最後に通じ合うところでどっと来た。切ない恋愛は萌える。
    切ないのが好きなら、これは当たり。いいBLでした。

  • 記憶喪失、再会もの

    これは絶対に切ない!読まねば!と意気込んで
    買いましたw

    高校時代の話は、幸せに溢れていた分
    後半の忘れられてしまった状態での再会は
    本当に切なくて泣けた。

  • 『告白』のスピンオフですが前作は読まなくてもわかります。
    「夏の章」一人きりで生きていきたいと思っていた有也が颯に心を開いて恋人になるまで。
    「冬の章」は突然の事故で離れて4年後。ここからすごく引き込まれました。
    有也がただの健気な受けではなく、颯のおかげで人とかかわり生きていく強さを持っていたので応援したくなるし思い出してもらえず切なくてキュンキュンきます。
    ところで鵜飼さん気になります。

  • 学園寮生ルームメートもの。攻はキラキラめのジェントルな王子様。
    受は他人と距離を置くようなちょっとツンとしたナイーブな美人とくれば、
    もう設定だけでかなり大好物です。
    記憶喪失モノとしても王道パターンで、これといって目新しいエピソードは何もないのだけど、すごく切なくて、切なくて、ちょっと涙ぐんでしまうような場面もあった。
    ふたりの気持ちがしっかり繋がった途端に、颯は不慮の事故で記憶を失くして突然有也の目の前から姿を消してしまう。
    颯を失ってから、ただ平穏に生きていくことだけで精一杯だった有也だけれど、ある日バイト先で偶然、自分との過去はすっかり忘れて新しい生活を送っている颯と再会する。
    颯を忘れられない自分と自分をすっかり忘れてしまった颯。
    それでも再び一緒に時間を過ごすうちに、颯はもう一度有也と恋に落ちる。
    最後まで記憶は戻らないパターンだった。でも恋する記憶って細胞レベルで体に刻みこまれてるんだろうか。
    展開としてはありがちとしかいいようがないのだけど、嫌味じゃなくて、キュッと切なくなるお話だった。

全15件中 1 - 10件を表示

約束 (ガッシュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

約束 (ガッシュ文庫)のKindle版

ツイートする