舌先の魔法 (ガッシュ文庫)

  • 40人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (6)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 火崎勇
制作 : 湖水 きよ 
  • 海王社 (2013年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796404235

舌先の魔法 (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ショコラ食べたくなった。

  • 本気の恋をした事がない攻が本気になる!ってのは結構好きなお話なのだけれど、攻視点ということもあって、受の気持ちの揺れ動きがちょっと分かりにくかったなぁ。 でもショコラティエっていうお話は面白かったですね。 お互い食に関してのお仕事なんだけれど、お互いの仕事に対する態度とかがすごく好感持てて、面白かったです。 何故受がそこまで甘い香りに嫌うのかがキーポイントなんだけれど、ちょっと重い過去でしかもトラウマなんですね。 でも意外にそこをサラッと流していたような・・・気がしたんだけれど。

全3件中 1 - 3件を表示

舌先の魔法 (ガッシュ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

舌先の魔法 (ガッシュ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

舌先の魔法 (ガッシュ文庫)の作品紹介

海外帰りのショコラティエ・小笠原は、恋愛よりも、常に仕事優先。同性のセフレは数人いたが、どれも長続きはしなかった。そんな折、店を取材したいという雑誌編集者の玉木に出会う。繊細な容姿も仕事に対する姿勢もとても好みなのに、「甘いものは苦手」と彼は言う。-俺の味に、俺自身に惚れさせてみたい。小笠原は、プロとしてのプライドも刺激され、彼が満足するチョコを作ろうと試行錯誤するが…。見た目も腕も極上のショコラティエ×憂いを抱える編集者の甘い一粒の恋。

舌先の魔法 (ガッシュ文庫)はこんな本です

舌先の魔法 (ガッシュ文庫)のKindle版

ツイートする