くちづけは嘘の味 (GUSH COMICS)

  • 199人登録
  • 3.85評価
    • (21)
    • (26)
    • (25)
    • (2)
    • (1)
  • 10レビュー
  • 海王社 (2013年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796404976

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

くちづけは嘘の味 (GUSH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • 青年実業家・和智×元詐欺師・槙尾。情が薄く人間的に難アリの酷い男の和智が悪い男の槙尾にハマっていくのが楽しく読めた。和智は酷い男ってつくけど、槙尾に対しては純情一直線で良かったです。サガミさんの今までの作品とは違う、受けの槙尾も新鮮で悪い男ではあるけれど、どこか情の様なものが見えてもっと和智にハマれば良いのにと思いながら読んでました。まだ続くみたいです。カバー下の和智と加倉井さんのサービスショットは私的には嬉しかった

  • 社長×元詐欺師バーテンダー

  • 有能だけど薄情な若手社長の和智と狡猾な嘘で他人を騙すことに長けた槇尾、2人の繰り広げる甘さもありつつのダークな駆け引きがたまりません。
    ストーリー全体としても社長、詐欺師といった職業設定が生きている展開で終わっているので個人的にはとても面白かったです。
    絶妙な色気で和智を翻弄する槇尾はさすが詐欺師というだけあり陰のある顔も無邪気な笑い顔も魅力的で他人がどうすれば落ちるのかを正確に計算しています、受けなのにただ受けてるだけじゃないあざとさがとてもイイ。
    そしてそれに騙されつつも離れることが出来ずどんどん絡め取られている和智、という二人の構図が好きです。

  • 社長と詐欺師の騙し合いなお話。
    最後の話は良かったですが、矢張りBLは騙し合いでももう少し人間的な何かがあるといいなあと思ってしまいました。
    絵も綺麗ですし悪くはないですが、自分は多分真っ直ぐな人が好きなんだと思います。こればっかりは好みなの社長と詐欺師の恋の駆け引きなお話。
    最後の話は良かったですが、矢張りBLは騙し合いでももう少し人間的な何かがあるといいなあと思ってしまいました。
    絵も綺麗ですし悪くはないですが、自分は多分真っ直ぐな人が好きなんだと思います。こればっかりは好みなので何とも云えませんが。
    詐欺師でも、もう少し何かあった欲しかったなあというのは贅沢でしょうか。
    あと読んだ時期の所為かもしれませんが、「between the sheets」を読んだ後だったので、何か被ってしまった気がします。
    いや、これも私だけの話なんですが。で何とも云えませんが。
    詐欺師でも、もう少し何かあった欲しかったなあというのは贅沢でしょうか。
    あと読んだ時期の所為かもしれませんが、「between the sheets」を読んだ後だったので、何か被ってしまった気がします。
    いや、これも私だけの話なんですが。

  • 雑誌のころからすごく好きで、やっと買いました! 詐欺師、なんだかんだ好きなんじゃーんウリウリ(*´ω`σ)σ))`д') でもなんというか、お互いに最後の一線を越えない感じがいいですね。全部あますところなく奪ったり奪われたりする恋愛もいいですけど、こういう自分の足で立つ二人も素敵です。

  • 惜しい。ものすごく惜しい!あと少しでステージが上がる気がする。好みの問題かもしれませんが。

  • 経営者としてはおそろしく優秀。
    だけど情が薄く人間的には難アリの青年実業家・和智は、知人に紹介された店でバーテンダーの槙尾と出会う。
    話題が豊富で美しい槙尾とは以前に一度会ったことがあり、再会に運命を感じた和智は、槙尾とベッドを共にする…が、朝目覚めると、槙尾の姿は既になく服も財布も消えていた…!
    薄情な青年実業家×元・詐欺師のしたたかな恋の駆け引き!

  • 色々ハラハラさせられて面白かった!!続くそうなのでとっても楽しみです。

  • 初読み作家さん。キャラがなんとなく銀○ぽくて惹かれました。
    青年実業家とバーテンダーの恋の駆け引きが、スリリングで面白かったです。丸ごと一冊この二人の話なので、読み応えもありました。
    酷い男×悪い男と帯にあるけど、薄情な男と騙す男と言った方が近い二人。
    羽振りのよさそうな和智は、利用価値のみで人付き合いをするような男。そんな和智が生まれて初めて運命の相手だと感じたのは、バーテンダーの槙尾。これがまた色気ダダ漏れ!ホクロがそれ反則でしょ!と思わせる色っぽさで、和智は槙尾に夢中になってしまうのですが。

    まんまと騙されてしまったのに、なぜか金を巻き上げられた腹立ちよりも槙尾の自分への気持ちまでが嘘だったのかどうかが気になってしまう槙尾です。
    ひょっとして初恋!?恐ろしく重症なんです!「金も仕事も全て失っても、最後に槙尾がいてくれれば」って、…おいおい!
    でもHの相性は最高の二人。身体は案外嘘をつけないものなんですね。

    槙尾は確かに金を巻き上げますが、よくよく見てると和智が文句を言いにくるための口実作りになっていて、彼もまた惚れてるんだねとにおわせます。ゲームのように見せて、槙尾もどんどん本気になっているのに気付くと話が俄然と面白くなってきました。
    追いかけると逃げる、逃げれば追いかける、という恋愛セオリーが生かされていて上手いなと思いました。

    和智の全てを投げ打つ覚悟までしてしまった恋心は、彼の心の成長のあらわれですね。信じても信じなくてもどっちにしても槙尾を手放す気はないという心意気が潔くてすてきです!槙尾も詐欺師としての引き際を見失ってしまったのは、もしかしてうっかりではなくわざとなんでしょうか。「誰にも渡したくないカモ」と大きく言ってのけてるけど。
    カバー下もサギまがいのサウナで…でも、槙尾のあざといニャンコ姿と、主人のくせにネギしょってる和智を発見して、満足。

全10件中 1 - 10件を表示

くちづけは嘘の味 (GUSH COMICS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

くちづけは嘘の味 (GUSH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

くちづけは嘘の味 (GUSH COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

くちづけは嘘の味 (GUSH COMICS)のKindle版

ツイートする