東の双龍、西の唐獅子 (ガッシュ文庫)

  • 30人登録
  • 4.17評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 綺月陣
制作 : 亜樹良 のりかず 
  • 海王社 (2016年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796409001

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

東の双龍、西の唐獅子 (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

  • 待ってた!新作ほんとにありがとうございます。
    廉ちゃんが長髪でしっとりイイ大人になってた。そして颯太くんも大きくなってました。この2人のじゃれ合い?廉ちゃんが颯太の勢いに押され気味で楽しかったです。まさかのモデルとか押し倒されるとか…(笑)なんか微笑ましい。そしてカレー!カレーを3杯も食べる九堂が見られるとは思いませんでした。濃ゆいカレーパーティー…。
    今までの3冊とちょっと趣が違っててエロもケダモノっぷりも少なかったけど、やっぱり893でした。龍竜との絡み、おもしろかったです!
    あとがきで書いてみたい世界がある、と言われてますがぜひ読みたいです。

  • 思いもよらなかったシリーズ4冊目。これまでの獣よりは、ハードさは少ないかな?
    龍と竜が出て来たのは嬉しい!絡みが少なかったけど、ラブラブぶりは健在。
    シリアスではあるけど、陣先生らしいものになってます。帰ってありがとう!
    小冊子が続編になるようなので、楽しみに待ってます。

全2件中 1 - 2件を表示

東の双龍、西の唐獅子 (ガッシュ文庫)の作品紹介

大学生の颯太は、市ノ瀬組組長の高科次郎と30以上も年が離れてるけど、今では恋仲になり溺愛されている。そんなある日、颯太の個展に訪れた着流しの青年・廉と意気投合し、期間限定で絵のモデルを頼みこんだ。しかしその実、廉は敵対組織の残党狩りで東京に乗りこんできた武闘派・岩城組の組長だった。そうと知らぬまま、次郎率いる市ノ瀬組は岩城組と一触即発の事態に陥り-!?「龍と竜」シリーズの龍一郎や竜城も登場!

東の双龍、西の唐獅子 (ガッシュ文庫)はこんな本です

ツイートする