極道カフェには窮鼠が潜む (ガッシュ文庫)

  • 19人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 朝香りく
制作 : 小山田 あみ 
  • 海王社 (2016年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796409346

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

極道カフェには窮鼠が潜む (ガッシュ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アニマルシリーズ第4弾。オーナー兼パティシエ・九頭竜×店に潜入してる探偵事務所所員・根津。攻が作る独創的なケーキをたべてみたい♪ 一貫して攻が男に惚れられる男って感じでカッコ良かったです。SSでシリーズ2作目の木芽が登場w サクサクっと読めるシリーズです。

  • カバー下SSあり。
    小説でほ珍しいオマケですが、あとがきによると朝香りくさんでは、恒例なのだとか。
    嬉しい企画ですね。

    オーナー兼パティシエの九頭龍はヤ○ザの息子で敵対する組から調査を依頼された、探偵事務所の調査員 根津はケーキ屋の店員として潜入するのだが…。

    根津は眼鏡くんです。

  • ★3.4
    極道シリーズはみんな受けが酒癖悪い設定?!しかも、普段とは全く真逆の別人みたいな酔い方するの好みじゃないし、今回のは特に普段もアホな子ネズミすぎた…。シリーズリンクしてるのは良かった。

  • 実家がヤクザで強面屈強なパティシエ九頭龍×色白細身眼鏡の探偵社勤務根津。タイトルまんまのネズミ(潜入調査員)な根津が酔うと口調が変わるのが愉快。生首(イラストはモンジャラの様で可愛かった)みたいなモンブランと血走った目玉が挟まれているシュークリーム、ハロウィン限定なら需要はあるかも(欲しい!)★小山田さん絵◎★カバー下SS。3人の根津の喧嘩をニマニマと見守る九頭龍図も見たかった

全4件中 1 - 4件を表示

極道カフェには窮鼠が潜む (ガッシュ文庫)はこんな本です

ツイートする