陰と日向のボーダーライン (GUSH COMICS)

  • 64人登録
  • 3.48評価
    • (3)
    • (7)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 大島かもめ
  • 海王社 (2017年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796409834

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

陰と日向のボーダーライン (GUSH COMICS)の感想・レビュー・書評

  • ▼あらすじ

    ゲイであることを必死に抑え込んで生きてきた新人サラリーマンの柴村。
    憧れているのは会社の出世頭である上司の丸山課長だ。
    スマートで仕事ができて格好いい大人の男。
    そんな完璧な丸山が夜の公園で行きずりの男とセックスしている場面を目撃してしまう。
    お互いゲイであることがわかり付き合うことになるが、
    逢瀬を重ねるごとに会社での丸山と違う顔を見せるようになる。
    人前でいたずらされ、冷たい言葉に辱められ、乱暴なセックスを要求され…。
    柴村の歪んだ顔を望む丸山に、心は乱されてしまい――。

    ***

    大島かもめ先生の作品を読むのは、
    『仕立て屋と坊ちゃん』と『恋ときどき、焼きサバ定食』に続いて
    これで三冊目ですが、今回も楽しく読む事が出来ました。

    表題作の他に『街角のプロローグ』というお話と
    描き下ろしが収録されており、仄暗いテイストの表題作とは対照的に
    街角〜の方は明るいテイストのお話になっております。

    この作品を読んで確信したのですが、
    大島先生の作品はどれもストーリーの流れが自然で
    起承転結がしっかりしている為、安定した面白さがありますね。
    因みに今回、読んでみて個人的に好みだと思ったのは街角〜の方です。

    表題作は攻めが闇を抱えているキャラなだけあって
    なかなかテンションが上がらず、あまあま好きの自分としては
    最後の方でもう少しラブないし攻めのデレないしが
    見られたら良かったのになあと少し残念に思いました。(お話自体は面白かったです!)

    一方、街角〜の方は心があったかくなるような胸キュンストーリーで、
    イタリアが舞台なだけあって雰囲気もお洒落でしたし、
    ラストの終わり方も非常に良く、純粋に続きが読みたいな…と思える内容でした。
    表題作が仄暗いから余計、素敵に感じたんですかね(笑)

    とはいえ、どちらもしっかりハッピーエンドなので
    読後感が悪いという事はありません。
    絵も上手ですし、仄暗いお話が好きという方は勿論、
    エロよりもストーリーを楽しみたいという方でも
    バッチリ楽しめる作品だと思うので、表紙買いしても損はないかと思います☆

    大島先生の次回作にも期待大です!^^

  • 毎回作風が違って楽しみな漫画家さん。
    仄暗い雰囲気もあり、なかなか好きな感じでした。

  • 表題、完璧な上司・丸山×新人の部下・柴村。スパダリかと思っていたら心に歪みをもった攻めでした。相手にとって自分がどれだけ必要か、どこまで許されるか… 過去の事からトラウマ抱えた攻めの暗さがじわじわくる感じで良かったです。同時収録、真面目なイタリア人と日本人留学生のお話は続きを読みたいな。

  • 二話収録なんだけど、どっちも続きが読みたーい! …と、ジタバタしたくなる作品。表題作、課長のヤンデレ具合は想像どおり。けど、なんとなく、下克上、というか、リバの予気配が漂っているのがニクい。イタリアのお話は、イタリア人らしからぬ(?)ロベルトとユースケが、少しずつ親しくなっていく様子が印象的。だからこそ、ユースケがイタリアに戻ったその後が気になるんですよ! …まあ、これで完結でも、余韻を残していていいんですけどね……ええ……。

  • 続編が!み!た!い!!!課長の肩から力が!抜けるところが!もっと!!!見たい!!!です!

  • 完璧を装うトラウマ持ちの上司×まっすぐで純朴な部下

  • めっちゃ好き。どっちのカプも好きだけどイタリア人と日本人のカプ最高。2人の続きが読みたい。

全7件中 1 - 7件を表示

陰と日向のボーダーライン (GUSH COMICS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

陰と日向のボーダーライン (GUSH COMICS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

陰と日向のボーダーライン (GUSH COMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

陰と日向のボーダーライン (GUSH COMICS)はこんなマンガです

陰と日向のボーダーライン (GUSH COMICS)のKindle版

ツイートする