実習記録の書き方がわかる 看護過程展開ガイド (プチナースBOOKS)

  • 11人登録
  • 6レビュー
著者 : 任和子
制作 : 任和子 
  • 照林社 (2015年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796523448

実習記録の書き方がわかる 看護過程展開ガイド (プチナースBOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資料番号 : 00010107
    請求記号 : 492.908||PUT
    配架場所 : 下階書架
    NCID : BB18516015

  • 請求記号 N220/N76 【看護展開論】

  • N220||N76

  • WY100.4

    『看護過程の展開を、ヘンダーソン、ゴードン、NANDA等の主要な理論・枠組みを取り上げてわかりやすく解説。情報収集から解釈・分析、関連図、看護計画、サマリーまで、実習記録のポイントがわかる。 』

    ■看護過程の展開と実習記録の書き方

    ■今さら聞けない 看護過程と実習記録の基本Q&A
     ・看護過程ってなに?
     ・情報収集はどう行うの?
     ・Sデータ、Oデータってなに? どうやって分けるの?
     ・電子カルテからどうやって情報をとるの?
     ・アセスメントってなに? どうやって書くの?
     ・看護ケアにつながるアセスメントってどうすればできるの?
     ・看護診断ってなに? 看護診断ってNANDA-Iのこと?
     ・関連図ってなに? 関連図をうまく書くコツは?
     ・問題に、どうやって「名前」をつければいいの?
     ・期待される結果は、どのように書けばいいの?
     ・看護計画を立てるときのポイントは?
     ・標準看護計画をもとに自分の立てる看護計画に
       個別性を入れるコツは?
     ・フローシートってなに?
     ・看護過程とクリニカルパスはどう違うの?

    ■ヘンダーソンの14の基本的ニードによる看護過程の展開
     事例でわかる ヘンダーソンの14の基本的ニードによる
     看護過程の展開
     ・脳梗塞患者の看護
     ・急性心筋梗塞患者の看護
     ・多発性硬化症患者の看護

    ■ゴードンの11の機能的健康パターンによる看護過程の展開
     事例でわかる ゴードンの11の機能的健康パターンによる
     看護過程の展開
     ・糖尿病患者の合併症重症化予防に向けた看護
     ・肺がん患者の終末期における看護
     ・乳がん患者の術後回復期における看護
     ・胃がん患者の術直後における看護
     ・網膜剥離患者の術後における看護

    ■NANDA-I看護診断分類法Ⅱの13領域による看護過程の展開
     事例でわかる NANDA-I看護診断分類法Ⅱの13領域による
     看護過程の展開
     ・クモ膜下出血患者の看護

    ■オレム、ロイの看護理論による看護過程の展開
     事例でわかる オレムのセルフケア理論(セルフケア要件)に
     よる看護過程の展開
     ・教育入院となった糖尿病患者の看護
     事例でわかる ロイの適応看護モデルによる看護過程の展開
     ・初産婦の産褥期の看護

  • 配置場所:摂枚普通図書
    請求記号:492.914||N
    資料ID:95150524

全6件中 1 - 6件を表示

実習記録の書き方がわかる 看護過程展開ガイド (プチナースBOOKS)はこんな本です

ツイートする