同和利権の真相〈1〉 (宝島社文庫)

  • 86人登録
  • 3.24評価
    • (1)
    • (6)
    • (27)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 宝島社 (2003年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796635462

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
村上 春樹
島崎 藤村
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

同和利権の真相〈1〉 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正直よく分からないので全部鵜呑みにはできないが。

  • 同和問題って何?という素朴な疑問から購読しました。きわめて扱いにくい問題に対して果敢にメスを入れた本。部落解放と言う美名のもと、被差別部落民の一部の利権団体の暴走とそれを許してきた行政。差別されてきたことが脱税や暴力行為を働くことを正当化する理由にはならない。被差別の歴史を私利私欲のために利用し、行政を食い物にすることが公然とまかり通ってきたことが驚きだ。

  • そういう系の事件についての「記事」がたくさん載っている本。
    もうお腹いっぱい、というのが率直な感想。著者・出版社の勇気溢れる姿勢は評価したいが、もうちょっと読み物として面白くできるだろう。端的に述べると2ちゃんよりマシというレベルでしかない。啓蒙するのが目的ならそういう体をとってほしいし、はじめからその気がないんならタイトルを改めてくれ(「〜事件簿」とかに)。

    以前から関心はあったけど、いざまとめて読んでみると激しく飽きるな。喜々としてこういう本・雑誌を読み漁ってる連中って、よほど他に楽しみが無いんだろうね。


    100円。

  • 本当の同和問題の影で、エセ同和の動きをしていた地域のボスがいたことは、確かなようです。

    だからといって、それが地域全体の問題として返されるべきでものではないということも、大切なところ。

    ただ、結局、なにか動こうとすれば、「人をいたわるかごとき運動」になってしまい利権が発生してしまうのは、事実のようです。
    マスコミも、正義はぶって告発していますが、本当にそのことが力をもっていたときには何も発言していない。

    ただ単に、今が叩きどころだと思ったるだけの節もあります。
    そのところは、情報をウケとる側としては、常に意識しておかなければならないと思います。

  • 「同和」、「差別」という言葉に異常なまでに固執し、そこに付け入って権力を振るう部落解放同盟の実態。2008年、衝撃を受けた1冊。果たして本当に差別、逆差別のない平和な世の中になる日が来るのだろうか。

  • とりあえず読んどこうかなと(笑)

全7件中 1 - 7件を表示

同和利権の真相〈1〉 (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

同和利権の真相〈1〉 (宝島社文庫)はこんな本です

ツイートする