数字のどこをみてるんだ!―マニフェストなんて誰だって作れる肝心なのは、「数字」の分析だ!

  • 16人登録
  • 2.57評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (2)
  • 3レビュー
制作 : 和田 秀樹 
  • 宝島社 (2003年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796638197

数字のどこをみてるんだ!―マニフェストなんて誰だって作れる肝心なのは、「数字」の分析だ!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少年が狂暴化しているのも、受験勉強と自殺との因果関係も、日本人が働きすぎだという説も、データでは読み取ることができない、ということをはっきりと示している。ものを考えようとする人の机上必携の書。

  • 数字をなしに判断を下すのは危ういと感じる。常識はいい加減。

  • 間違いが多すぎ。数字のどこをみてるんだとは自分へのつっこみなのでしょう。この本は、申し訳ないがひどすぎた。

全3件中 1 - 3件を表示

数字のどこをみてるんだ!―マニフェストなんて誰だって作れる肝心なのは、「数字」の分析だ!を本棚に「読みたい」で登録しているひと

数字のどこをみてるんだ!―マニフェストなんて誰だって作れる肝心なのは、「数字」の分析だ!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

数字のどこをみてるんだ!―マニフェストなんて誰だって作れる肝心なのは、「数字」の分析だ!を本棚に「積読」で登録しているひと

数字のどこをみてるんだ!―マニフェストなんて誰だって作れる肝心なのは、「数字」の分析だ!はこんな本です

ツイートする