ますだおかだの漫才タイガース

  • 12人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 宝島社 (2004年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796638227

ますだおかだの漫才タイガースの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「プロ野球狂のネタ」という番組がある。
    多分知っている人は少ない番組。
    年に1回、深夜、超ローカル(関西とたまに+α)。内容はかなりマニアックというか、偏り過ぎ。
    どれくらいかというと、数年の前の放送で
    「プロ野球10大ニュース」と銘打ちながら
    「日ハム 芝草の犬、三日で逃げる」
    が、堂々ランクインするくらい。

    そんな彼らが大好きな(正しくは増田が大好きな)
    阪神の本を出したというのなら、面白くないはずが無い!!

    と思ったのですが、
    そんなでもないというのが正直な感想。

    同じますだおかだなら、同じ頃出た阪神優勝関連の雑誌の対談ページの方が……。
    あの、あくまでも伊藤(敦)を推して推して推しまくる増田の姿こそが、プロ野球狂のネタのテンション。

  • ますだおかだ / 宝島社 (2004/01)

  • 漫才タイガースというタイトルですが,基本的には野球ファン向け.12球団すべてのネタが網羅されているので,野球が好きなら読んで損なし.

  • ますだおかだが2003年の阪神タイガースを漫才化。兎に角斬って斬って斬りまくってます。お2人の掛け合い自体が面白いので、あんまり阪神に明るくない方でも楽しめるかと(現に私が・・・

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする