成功を呼ぶ「口ぐせ」の科学

  • 24人登録
  • 3.86評価
    • (2)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 佐藤富雄
  • 宝島社 (2004年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796638616

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デール カーネギ...
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

成功を呼ぶ「口ぐせ」の科学の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ポジティブシンキングだけでなく言葉に発することで実践していくものです。
    「なんとでもなる」が口ぐせの僕としてはぴったりな本でしたd(^_^o)

  • 井深大;「ウチの技術者は世界一」だからできないことはない イアンソープ「エンジョイ」 法則1自分に起きることは、いかなることも自分にプラスになる 法則2自分に起きることは、いかなることでも自分で解決できる 脳と細胞を「快」にする肯定的な言葉を使う 人生、欲張りで行こう 毎日楽しい 私は運がいい 

  • 17物事を大きく考え、表現できることはひとつの才能と言える。大きな業績を残すというのは、大きな結果を考えられるからこそできること。
    29 法則1 自分におきることは、いかなることも自分にプラスになる
       法則2 自分におきることは、いかなることでも自分で解決できる
    43 私たちが「勝ち組」としてのより良い人生を望むなら、大きな望みを抱き、より素晴らしい自己像を思い描くべきです。毎日時間をかけて、鏡の中の自分と向き合う。願いを込めて、鏡に向かって志の高い言葉を使いつづけることが自分を高めることになる。
    51 自分なりの「成功のキーワード」をつくり、口癖にしていると、口癖どおりの人生が開けてくる
    56  法則1 意志と想像力が争えば、必ず想像力が勝つ
       法則2 意志と想像力が一致すれば、その力は和でなく積である
       法則3 想像力は誘導が可能である
    62 本来、「受けて立つ」という言葉は、争うというより、「いっさいを喜んで受け入れ、どっしり受けて心が揺るがない」という状況を意味している。大人物というのは全ての事実をありのまま受け入れ、相手に合わせることで、自らのいのままに状況を動かすことを可能にし、その結果、物事を成就してしまうような人
    68 堪忍袋の緒は切るな。切ったらお前も切られるぞ。
    73 笑顔、感謝、大丈夫、良くやっている、向上心
    88 人間は楽天的に生きるに限る。その一つの方法として、過去の楽しい思い出に浸ることはお勧めです。ただし、その際には嫌なことまで思い出す必要はないのです。
    92 今は、どん底。でも絶対良くなる
    99 実は心配事の80パーセントは起こらないと言われている。起きてしまう可能性があるのは、残りの20%だけ。しかもそのうちの80%は順序立てて整理し、準備を整えて対応すると、解決できることばかり。つまりそのときにならなければ手の打ちようのない、真の意味での心配事は、全体のわずか4パーセントにしか過ぎないということ。心配事に対処するには、脳を心配事で満たさず、自分にとって楽しいこと、自信のあること、ワクワクすることで満たせばいい。
    102 仏教には、「和顔愛語」という言葉がある。穏やかな笑顔と思いやりのある話し方で人に接しなさい、そうすればあなたが救われる、という教え。
    106 「私は運がいい」は、自分を成長させ、開運のお守りにもなるゲンの良い言葉。「いい勉強になった、これから必ず運が良くなる」
    141 1.ツイてると言った瞬間、人間はツキを手に入れることができる
    2.ツイてる人間の人生に困ったことは起こらない
    3.笑って成功を収める
    以上、斉藤一人さんの口癖
    困ったことが起きたら面白いことが起きたと言ってみな。奇跡が起きるから
    159 心を決めれば、勇気と知恵がわいてくる。そうすれば、自然と脳が全力であなたの味方をし、成功へと導いてくれる。恐れずに、やるべきことをさっと決めて、さっと実行すれば実現できるもの。「なすべきことを決心せよ。決心したことは必ず実行せよ」
    166 人間には過去や経験や思い出がある。また同じように夢や希望や計画がある。両方を天秤に乗せて、夢、希望、計画の思い人を若い人、逆に過去、経験、思い出が重い人を年をとった人と言う。
    「今が人生の黄金時代、過去に撒いた種の実りを収穫する時期だ」
    186 寝起きの第一声というものがとても大切。「今日も一日いい日になるぞ」と、全てはここから始まる。
    191 良い口癖が良い毎日、良い人生を切り開いてくれる。
    196 これでまた一つ賢くなった!
    198 なんとかなるって。私はすごいんだから
    199 やってみれば、何だってできるものだ
    202 ドキドキするような人生を生きろ!
    ドキドキするような人生とは、常に夢や望みを抱いて生きること。好奇心を持ち、新しいことにチャレンジする意欲を持ちつづけること。
    204 幸せになりたかったら、善意を蓄えなさい。そうすればあなたの家は幸福の貯蔵庫になります。
    幸せのバロメーターはどれだけたくさんの愛と感謝を抱いているか、また、どれだけたくさんの愛と感謝を探せるか。自分のまわりにある「ありがとう」の数を増やせば、自然と人も自分も愛することができ、同時に人からも愛されるようになり、あなたには愛と感謝と幸せに満ちた素晴らしい人生が開けてくる。

  • 潜在意識に働きかける 積極的な言葉の数々。うそでも百回となえれば本当になる。
    笑顔で 業績がよくなったり。早足でβエンドルフィンをだしたり。心と体を快にする言葉をどんどん見つけて言葉となえる
    私は「私はついている」を唱えることしています。

全4件中 1 - 4件を表示

佐藤富雄の作品一覧

佐藤富雄の作品ランキング・新刊情報

成功を呼ぶ「口ぐせ」の科学はこんな本です

ツイートする