ビッグボーナス (宝島社文庫)

  • 226人登録
  • 2.97評価
    • (6)
    • (16)
    • (72)
    • (17)
    • (7)
  • 41レビュー
  • 宝島社 (2005年2月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796644860

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ビッグボーナス (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

  • パチスロノワールって何ですか?入りはすごく面白かった。攻略法を売る悪徳企業の従業員。目の付け所はすごく面白いなあと思ったし、料理次第ではどんな作品にも化けるポテンシャルがある入りだった。なのに。パチスロの話は物語の根幹には全く関わってこず、誰が情報を流したのか、誰が誰と付き合ってどんな関係なのか、そんなありきたりなミステリー(サスペンス)に収束。凡百。パチスロ関係ない!!ワクワクして買ったのに!

  • 前半のうまく客を騙しているほんわかした感じと後半のヤクザが絡んだやり取りはなかなかおもしろく、スピード感も良かったと思います。自分はパチスロもパチンコもやりませんが、ギャンブルはやっぱりやめておこうと思いました。

  • 前半はスロットの攻略情報(詐欺です)を売る話。
    →じっくり読めます

    後半は攻略情報を廻りヤクザとのドンパチ。
    →物語のスピードが加速します

    終始、自信過剰でオレオレの主人公の視点で物語は展開していきます。


    物語に登場する顧客に思うのは、貧乏人が楽して稼げる何て事は絶対に無いんだからギャンブル依存症なんて言葉を拠り所にしないで真面目に働けという事です。

  • 攻略情報会社の内情だけでよかった。はじめはよかったのにね。性描写も暴力描写もいらん。よね〜。

  • パチスロ、攻略情報、興味の持てない話かとは思ったが状況説明は丁寧。それでも別世界の事として最後まで来てしまった。

  • まぁまぁかな。
    アングラな世界の話だけどそういうのもありかなぁと

  • 『相棒』でものすごく印象に残った話を書かれた脚本家だったので、ギャンブル小説に抵抗を持ちながらも読んでみた。
    相棒のようなどんでん返しを期待したのだけど…。女性読者には、性描写がくどくて辟易した。

  • テンポが良く、久々の一気読み。
    この作家の作品は初めてだったが、
    ぜひまた読んでみたい。

  • 『このミス』大賞優秀賞受賞作です。
    パチスロの攻略情報会社の裏を描いた話。

    うーん。。。。この本は、男性向けだなぁ~。って感じのちょっとハードボイルド系。
    まぁ、ミステリーなんだけど、バリバリ業界で、ヤクザとか絡んできて、女性向の本ではないわな~。

    パチスロの業界用語の解説とか載ってるけど、さっぱり意味わからないし、ゲームの仕方とか書いてあってもちんぷんかんぷん。
    たぶん、パチスロ好きな人が読んだら面白いんだろ~なぁ。
    でも、そういう人って本読む暇あったらパチスロするか(笑)
    ま、後半は、パチスロ知らなくてもスイスイ読めたし、スピード感はあるストーリーになってたので退屈はしなかったわ。
    ただね、ちょっと文体が下品。。。
    やっぱりこういうこと知ってる人が書くとこういう文章になっちゃうのかな~?って思ったりした。。。
    これがこの人のデビュー作。
    他の作品もこんな感じなんだろうか???
    でも、この本、ストーリーとしては面白い題材で書かれてたと思うよ。

  • 再読

    作品の紹介
    犯罪小説に新たなる金字塔!パチスロメーカーで企画開発をしていた主人公は、今は攻略情報を売る超やり手の営業マン。軽妙な爆裂トークで、ガセネタの攻略法をパチスロ中毒者に売りつけ、大金をふんだくっている。やがて、そんな彼の周囲で不穏な空気が流れ始め―。パチスロ・ノワールという新ジャンルを切り開いた第2回『このミス』大賞優秀賞受賞作が圧倒的支持を受け、ついに文庫化。

  •  第2回このミス優秀賞。大賞はパーフェクト・プランだから、これで第2回は完全制覇。

     先日のプロ野球に続き、今度はパチスロ。よく理解できないまま、ガセネタ攻略法で売る会社の社員を主人公に、あまり論理的ではないストーリーが続く。

    ちょっとなぁ・・・。

     少し残念な作品だった。ゆるい前半と、いきなり暴力・死体の後半のコントラストは良かったと思えるが、落差と同じくストーリーも一気に飛んでしまう感じがしてイマイチ。次回に期待。

  • このミス作品ということで期待して読み始めた。

    スロットはよくわからないんだけど、単語説明なんかもあって面白いかと手に取る。
    インチキ情報商法はケッコウ面白かった。
    最初の方はかなりトリッキーな感じがあって楽しめたんだけど・・

    後半の展開が雑な気がして。
    デビュー作だししかたないといえば言えるんだけど、ちょっと。
    前半の伏線の謎の客とか弁護士とか、主人公のライバルや失踪した社長など、
    それらが今ひとつ活かされていない感じがして。

    ためた前半の後半の展開があっけないというかいい加減と言うか。

    ものすごくもったいない感が。

  • 悪人しか出てこないノワールのジャンルになるのだろうが、パチスロの世界で扱ったのは珍しい。貴重な作品なのだろうが、後半唐突に火薬の匂いがしてくる。その方面の人が介入してきた時点でその予感はあったが、いきなり主人公と共に動いていた人物が殺害されるのはいただけなかった。ただスピード感はなかなかの物だったので仕方ないのかなという気もするのでこの評価。エロはそんなにこの小説には必要なかったかな。そこも残念。

  • テレビドラマ『相棒』の脚本の名前でとってもインパクトがあってよく覚えていました。
    この方が脚本した回がとても面白かったので、本屋さんで本を見つけた時、即買いでした。

    話はパチスロに関する事で、物語が始まる前に専門用語の解説があって、パチスロを全くした事のない私には読みきれるか不安になりました。。。
    ですが、解説があったわりに専門用語を使ったのは最初のほうだけでした。

    このミス受賞作品でしたが、どこがミステリーだったのかな?というのが最初の印象です。

    全体的に物語の軸がパチスロでなくてもいいのでは?と思いました。
    あと、序盤がダラダラしてて、読むのがちょっと進まなかったり。。
    最後はドンパチばかりで早く読み終えましたが。。。

    文章の書き方はとても読みやすかったです。
    新しい書き方なのかな?と関心してしまうぐらい。
    機会があれば他の作品も読んでみたいです。
    設定は特質したものでなく普通なのがいいですね。

  • 最初のパチスロの話とか理解しにくい。途中からのバイオレンス化が唐突すぎる。主人公の心情の変化が余りにも突飛なのも残念。

  • たしかにパチスロというのは新しい。
    が、終わり方というか、読後感が悪いなあ…。

  • 第2回このミステリーがすごい!大賞。
    主人公は、パチスロ攻略法を販売する東(あずま)。パチスロメーカーとグルになっての荒いビジネスで、ヤクザに目を付けられ、理不尽な金を請求される。
    軽そうな人間ばかり出てくるが、クライマックスでは拳銃の撃ち合いなどで死者も出るハチャメチャぶり。文章は読みやすい。

  • 『このミステリーがすごい!』大賞/第2回(2003年)優秀賞・読者賞

  • ★1つですが、内容はおもしろい!
    ハラハラしっぱなしで、1日ぐらいで読んでしまいました。
    ただ、後半どんどん話が黒くなってきて、もうついていけませんでした・・・。
    せめて逃げ道1つぐらいは作って欲しかった。

    「人を追い込むときは、逃げ道を作っておいてやらねぇとな。そいつに死んで欲しいと思っているのなら、別だがな。」

    という言葉が身に染みます。

  • 新藤冬樹の世界。

  • 一獲千金に命を賭けろ! ギャンブル・バカvs裏情報
    攻略情報会社の内幕すべて覗けます!
    パチスロメーカーで企画開発をしていた主人公は、今は攻略情報を売る超やり手の営業マン。ガセネタの攻略法をパチスロ中毒者に売りつけ、大金をふんだくっている。やがて、そんな彼の周囲で不穏な空気が流れ始め――。第2回『このミス』大賞優秀賞受賞作が圧倒的支持を受け、ついに文庫化!




    そんな世界があるのか?
    と同時に世の中突き詰めていくとそういう風になるのかなぁ・・・
    と平凡の幸せってやつをつくづく感じてしまいます。
    でも、そのストレスも少しは感じてもみたいような!???

  • これはパチスロ業界を舞台にした小説です。詐欺まがいの手口でお客さんを騙す様子はコミカルで、おもしろかったです。
    テンポ良く進む会話と数々のエピソードでパチンコを全く知らない私にも楽しく読むことができました。面白い小説です。

  • パチスロの裏攻略会社の話。胡散臭さが匂っていて面白いけど、それだけだった。

  • 【攻略法か・・・。やっぱ、本当にあるんだ?】

    ミステリではないかな。
    まぁ、パチスロに関する?物語。さくさく読めてしまう

  • 重くない
    スピード感あふれる読み応え
    続編も購入

全41件中 1 - 25件を表示

ビッグボーナス (宝島社文庫)に関連する談話室の質問

ビッグボーナス (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビッグボーナス (宝島社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビッグボーナス (宝島社文庫)の作品紹介

犯罪小説に新たなる金字塔!パチスロメーカーで企画開発をしていた主人公は、今は攻略情報を売る超やり手の営業マン。軽妙な爆裂トークで、ガセネタの攻略法をパチスロ中毒者に売りつけ、大金をふんだくっている。やがて、そんな彼の周囲で不穏な空気が流れ始め-。パチスロ・ノワールという新ジャンルを切り開いた第2回『このミス』大賞優秀賞受賞作が圧倒的支持を受け、ついに文庫化。

ビッグボーナス (宝島社文庫)の単行本

ツイートする