冲方式ストーリー創作塾

  • 304人登録
  • 3.53評価
    • (18)
    • (35)
    • (63)
    • (6)
    • (0)
  • 34レビュー
著者 : 冲方丁
  • 宝島社 (2005年6月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796646581

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有川 浩
ジェイムズ・P・...
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

冲方式ストーリー創作塾の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 冲方 丁先生がご自身がお書きになったプロットを基にストーリーの作り方やコンテの仕方等が書かれた参考書です。

  • 2011/11/24 読了
    高校時代のブックリストから記録

  • クリエイターがなんのためらいもなく


    自分の創作過程を見せているのが


    とても面白いし、スゴいなと思う


    しかも、今とても活躍されている方


    本気で業界をなんとかしたいという熱意が伝わってきて好感も持てしまった

  • もう一度読み返す

  • ストーリーの創り方が書かれた本です。
    平易な文章でさらっと読めて面白い。著者、冲方先生の文章力が伺える。

  • 2013/06/09
    自宅

  • 書き方本をたまには読んでみようということでブックオフで手にしました。あの「マルドゥック・スクランブル」の書くハウツー本です。

    寸劇式創作塾

    本書は表紙で受けるイメージ通り、とてもライトで読みやすい本です。「こうしなければいけないのである」とか格式張った言い方ではなく「僕はこうやってるし、このやり方がオススメだよ」といった風味で書かれてる、お手軽3時のおやつ風ハウツー本です。難しい本の合間にサクッと読めます。

    小説を、気楽なモノにするということ。

    さて、本書の目的は、冒頭、表記では9ページに書いてあります。

    本書の最大の目的は、小説を、気楽なモノにするということ。特異な才能や、優れた感性を持った人間にしか小説は書けないという、古式ゆかしいブランドを、いったん無に帰してしまいましょう、と本書を手にしたあなたに提案したいのです。…略…もっともっといろんな人が、自由に気楽に商売抜きで、小説を書くようになればーぶっちゃけ、本が売れます。 本書p8,9より
    そう本書は創作人口を増やそうという目的の本なのです。ハウツー本の殻を被ったステマ本でもあるのです!

    冲方丁 解体新書

    そんな本書ですが、意外と内容はしっかりしてます。著者の人気作「マルドゥック・スクランブル」をどうやって書いたのかの内訳であったり、著者の仕事のやり方がそのまま書いてあります。企画書の内容からどうやって発展させたか、果ては編集者によるツッコミまで。

    書き方本を読んだことは少ないのですが、ここまで公開したものは見たことないので、とても参考になりました。正直、下手な本より使えるのでは?と思います。

    執筆の6段階

    僕が一番役に立ったと思ったのはこの3段階の書き方です。よく有名小説家に「どうやってこの本を書いたのですか?」って質問される方がいると思います。その答えとして「僕はまずアイデアを書き溜めるんだ。それで…」というように小説家は答える。その答えを構造化したようなものなのです。どんなものなのか書いておきましょう。

    種書き:作品の種になるアイデア・言葉・イメージを書き溜める。
    (能書き:種書きのうち小説のテーマとは直接関係ないが小説家として重要なもの)
    骨書き:種書きをまとめること。設定書・企画書。
    筋書き:プロット。
    完成させるには、さらにもう2段階踏みます。

    肉書き:執筆。
    皮書き:推敲。
    どうです?分かりやすいでしょう?大体、こんなものだろうなとは思っていましたが、こうやって構造化すると非常にわかりやすかったのです。どこで、自分がつまずいているのかも理解しやすいですしね。

    僕の場合は筋書きと皮書きですね。小説以外にも使える技法だと思いますが、どうもこの2つが僕は弱い。特に皮書き=推敲はSPBS作家・ライター養成講座でも散々指摘されました。この文章もあとで推敲しないとな 笑

    創作の3項目 小説の5項目

    その他、著者はデビューする前からずっと指針にしてるものがあるそうです。

    創作の3項目:知識・技術・感性
    小説の5項目:主題・世界・人物・物語・文体
    僕にとって大事なのは創作の3項目です。知識は常につけていっているのでまだ良いのですが、今、圧倒的に足りないのは技術です。技術書を読むのが苦手だったのもあってほぼ技術といえるものがない。あったとしても足りない。写真と文章。これから伸ばそうと思います。

    小説の練習

    以上のやり方を駆使して、どうやって物語ができてきたのか。「マルドゥック・スクランブル」の他に、「カオス・レギオン」、「蒼穹のファフナー」の創作過程を明らかにして説明してくれます。作家の体験談がそのまま語られるのは非常に楽しい。

    それはとにかく、本書はその他にも小説の練習方法を紹介しています。主題探しのコツやテレビ番組遊び、擬人化遊び、四コマ漫画、パロディなどお役立ち情報満載でございます。さらに、ツッコまれたときようの技法も紹介されていて、いやーもう出血大売り出しですな。お買い得ですよ、旦那 笑

    最後に

    そんなこんなで、書き方本として本書は非常にオススメなのでございます。これは買いでっせ!旦那!(それはもういい 笑)

    お粗末さまでした。

  • 作り手の手法を読んだのはこれが初めてでした。登場人物が自然に動き出すという人もいれば、緻密に設定を考えた上で説得力を出していく人もいる。最後は人それぞれになってしまう特殊な職業だとは思いますが、その一面を垣間見ることができ、楽しめました。

  • 「蒼穹のファフナー」の製作裏話が読めると思って読んでみました。

    個人的に作家さんというのは思いついたらいきなり書き出してしまうイメージがあったのですが、むしろ逆で、「ここまで考えて作っているのか」と痛感しました。

    話を作る際の「過剰にする」「不足させる」というポイントは、作品を見るときにも使えそうで、新しい観方を得ることができたのが最大の収穫です。

  • だいぶ前に読んだんですが、うっかり(?)再読してしまったので感想などを。初心者向けの小説作法本だと思ってたんですが、改めて読むとけっこう奥が深かったです。冲方委員長油断ならない(汗 というのは、冲方さんが自作のプロットや設定を取り上げて説明して下さるんですけど、マルドゥック→レギオン→ファフナーと進むうちに、冲方さんの作業に無理がなくなってくるというか、コツを飲み込んで来たっていうか、そういうのを時系列見せてくださった作法本は未だかつてないなぁって感じです。初読では全然理解してませんでした、猛省orz 巻末の、作品書いて人に読んでもらったらこんなこと言われちゃいましたてへ♪集みたいなのも、面白いデスヨ。冲方さんのHPは偉い難しい(私にはorz)ですが、この本はとても読みやすいです♪ そういや、なんかこの本の加筆版が出たらしいw

全34件中 1 - 10件を表示

冲方式ストーリー創作塾に関連する談話室の質問

冲方式ストーリー創作塾に関連するまとめ

冲方式ストーリー創作塾を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

冲方式ストーリー創作塾を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

冲方式ストーリー創作塾の作品紹介

キミにも『マルドゥック・スクランブル』が書ける!ライトノベルからゲームシナリオまで創作手法のすべてを包み隠さず徹底伝授。

ツイートする