心霊写真 不思議をめぐる事件史 (宝島社文庫)

  • 27人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (1)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 小池壮彦
  • 宝島社 (2005年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796646888

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
井上 雅彦
有効な右矢印 無効な右矢印

心霊写真 不思議をめぐる事件史 (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは労作。

    写真技術が伝来してまもなくから「心霊写真」は存在したこと、写真にまつわる因縁話が流布し変遷したこと、心霊写真と宗教団体の関わり、昭和の心霊写真ブーム……など、本邦における「心霊写真」の成り立ちと変遷を追った一冊です。際物の一言で片付けられがちな分野だけに、本書のような存在は貴重でしょう。

    興味深い記述も多いです。昭和四十年代、突如として心霊写真が「祟るもの」となったのはレジャーブームによるものだという指摘には目から鱗。旅行の機会が増え、旅先で写真に「知らない顔」が写りこむようになったということですね。

    なお、原著の刊行が2000年刊行のため、デジタルカメラと心霊写真の関わりについては触れられていません。調べてみたいところです。

  • 年表を読んでいるという感じでした。
    中には、当時の事件などや噂話など載っており、そういう所は楽しめた。
    作者は心霊写真を否定しているようですが、私は本物もあって欲しい。
    でも、自分の写真には写らないで下さい。

全3件中 1 - 3件を表示

心霊写真 不思議をめぐる事件史 (宝島社文庫)はこんな本です

ツイートする