チーム・バチスタの栄光

  • 5166人登録
  • 3.81評価
    • (727)
    • (1107)
    • (1147)
    • (55)
    • (18)
  • 1040レビュー
著者 : 海堂尊
  • 宝島社 (2006年2月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (375ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796650793

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

チーム・バチスタの栄光の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おもしろい!…という話を聞きつつも、読んでいなかった本シリーズ。
    読み始めたら一気読みでした。

    現役の医師が書いた小説ということで、医療現場や手術シーンの描写に臨場感があります。
    そんなリアルな描写の上で、キャラの濃い登場人物たちが繰り広げるドラマからは目が離せません。
    ドラマ化や映画化されたこともうなずけます。

    田口&白鳥コンビのやり取りが軽快。
    白鳥が得意とするアクティヴ・フェーズの聞き取り調査は、相手を挑発しつつ怒らせるか怒らせないかギリギリのところで行うもの。(実際に怒らせちゃうことも多々ありますが…)
    どんなに周りから白い目で見られても飄々としている白鳥に、なんだか清々しさを感じてしまいます。

  • 面白いです。一言で。
    「このミス」の審査員満場一致だったという、うなずけます。
    文体が独特。なんというか、男らしい(?)女々しくない。
    かなり難しい医療用語や、心理学用語が出てくるが、苦にならない。引き込まれます。
    そしてキャラ作りのうまさ。
    白鳥に至っては、主人公の田口を完全に凌駕するキャラ立ちぶり。絶対モデルがいるんだろうな~と思ったw
    ミステリーとしては、途中で犯人がわかってしまったり
    どんでん返し的には弱い部分があるけれど
    お医者さまならではの知識と、その他の魅力で気にならない。
    ミステリーというより、医療の世界、なかでも心臓外科手術室、という特異な世界のある意味異常さ、人間関係の深さ、人間心理の深さ・・・。
    医療系ドラマであり、人間ドラマであり、ミステリーでもある、と言った感じかな。
    一冊の中に盛りだくさん、船盛りの上にいろんな魚が載っている、という豪華な小説なのです。

    次の「ナイチンゲールの沈黙」、早く読みたい!

  • ドラマは何回も見たけど、原作は初めて読んだ。犯人もストーリーもある程度知っていたけど、面白く読み進められた。
    純粋に楽しめるミステリーだった。

  • おもしろかった!この一言に尽きます
    話題性だけで手に取ったけど、最近読んだ本で3本の指に入る

    天才外科医桐生が編成した心臓外科のスペシャリスト集団
    「チームバチスタ」
    超難関のバチスタ手術において驚異的な成功率を誇っていた彼らだったが、
    突如原因不明の術中死が3件連続して起こったことから
    少しずつ違和感が生じ始める
    この事態を調査するように病院長直々に頼まれたのは
    窓際神経内科医と霞ヶ関のはみ出し者だった・・・

    本文には医療用語が満載だけど、それを流してもわかる論理的な展開
    話に引き込まれる 読ませる文章 最後までわからない真相
    集中してしまって4時間で読了

    ただ映画は絶対観ないって心に誓いました
    この話は主人公が男だからこそおもしろい部分がたくさんあるのに・・

  • 今更(笑)

    でも読んで良かったです。確かに面白かった。
    映像化の対象に散々なった理由がわかりました。

    心臓移植に代わるバチスタ手術。
    非常に難易度の高いこの手術で連続成功を収めていた東城大学病院のチーム・バチスタが、立て続けに3件の術死を発生させる。
    連続した不運か、医療ミスか、はたまた殺人か。
    窓際医師:田口と、厚生労働省きっての超絶変人:白鳥がその真相に迫る…。

    ディテールが細かく作り込まれていて、リアリティがあり、
    小ネタが満載で、飽きさせない。
    とてもとても面白かったです。
    海堂さんは医師なのですね。納得。

    田口センセと高階病院長のやり取りも素敵。
    私はこういうハイコンテキストな会話をする人たちの話を読むのが好きなのです。
    お互い言わないけど理解しあって話が進んでいく。
    しびれるねー。

    こういう王道ミステリからちょっと距離を置いていたので
    この2重の罠には興奮しましたね。
    続きもぜひ読みます。

  • 第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞作。
    お友達がドラマにはまっていたので、気になって読んでみました。
    満場一致の大賞受賞だったそうですが、ミステリとしての意外性はあんまりなかった。大体このミス大賞は名前に反してミステリ的には微妙なのが多い。
    専門用語がちょっと難しかったけど、白鳥と田口のやりとりが面白くて軽快に読み進められました。白鳥みたいな破天荒なキャラは好き。ドラマは見てないけど、全然仲村トオルのイメージじゃないなぁ。小太りなおっさんではビジュアル的にNGだったのだろうか。先に実写イメージがあるとどうしてもそれが邪魔をしてよくない。逆にどんな風に演じてるのかは気になるけれど(そして読了した日にドラマは最終回を迎えたのでした)
    犯人が最後に放った言葉はリアルにお医者さんである作者の主張したいことなのかもしれない。いや実際お医者さんって本当に大変な職業だと思う…。

  • このミスらしい読みやすい作品。

  • この作家さんの本は、別の本でも、微妙に登場人物が同じだったりするので、復習のために読みました。

    どんでん返しの繰り返しがいいです。

  • すごく面白かった。
    登場人物がイイ!

  • 素直に面白かった。田口と白鳥のやり取りは笑えたからね。やはり、かけあいが面白い小説は、素直に面白い。

全1040件中 1 - 10件を表示

チーム・バチスタの栄光を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チーム・バチスタの栄光を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チーム・バチスタの栄光の作品紹介

東城大学医学部付属病院は、米国の心臓専門病院から心臓移植の権威、桐生恭一を臓器制御外科助教授として招聘した。彼が構築した外科チームは、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門の、通称"チーム・バチスタ"として、成功率100%を誇り、その勇名を轟かせている。ところが、3例立て続けに術中死が発生。原因不明の術中死と、メディアの注目を集める手術が重なる事態に危機感を抱いた病院長・高階は、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口公平に内部調査を依頼しようと動いていた。壊滅寸前の大学病院の現状。医療現場の危機的状況。そしてチーム・バチスタ・メンバーの相克と因縁。医療過誤か、殺人か。遺体は何を語るのか…。栄光のチーム・バチスタの裏側に隠されたもう一つの顔とは。第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。

ツイートする