ブクログ大賞

カフーを待ちわびて

  • 1008人登録
  • 3.70評価
    • (115)
    • (209)
    • (218)
    • (23)
    • (7)
  • 250レビュー
著者 : 原田マハ
  • 宝島社 (2006年3月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796652124

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

カフーを待ちわびての感想・レビュー・書評

  • 原田マハさんの作品という事で勝手に「カフーという芸術家の話し?」と勘違いしてしまってました。
    沖縄の離島を舞台に、島で雑貨店を営む男性と本土から来た女性のラブストーリー。
    とチープな表現しか出来ないのがもどかしいですが、たくさんの愛と友情が散りばめられ、そしてそれを島独特の時間と空気が包み込んでいる素敵な作品でした。
    ただ単に男女の愛が育まれる過程を描いただけでなく、それぞれの背景にある人生が絡み合い、先が気になりどんどん読み進められました。
    素敵な作品に出会えて良かった。

  • 図書館の本 読了

    内容紹介
    沖縄の離島・与那喜島で、雑貨商を営みながら淡々と暮らしている友寄明青(35)のところに、ある日「幸」と名乗る女性から便りがやってきた。明青が旅先の神社に、ほんの遊び心で残した「嫁に来ないか」という言葉を見て、手紙を出してきたのだ。
    「私をお嫁さんにしてください」
    幸からの思いがけない手紙に半信半疑の明青の前に現れたのは、明青が見たこともないような美(チュ)らさんだった。
    幸は神様がつれてきた花嫁なのか?戸惑いながらも、溌剌とした幸に思いをつのらせる明青。
    折しも島では、リゾート開発計画が持ち上がっていた。反対する少数派だった明青も、幸が一緒なら新しい生活に飛び込んでいけると思い、一大決心をする。
    しかし幸には、明青に打ち明けていない秘密があった�。
    (bookデータベースより)

    ユタのおばあが胸に来る。
    彼女の力はどこかに受け継がれるのかしら?
    俊一はやっぱりどこか意地悪なんだろう。だから善意であってもからまわりするのかも、などと穿つ。
    明青も幸も背負ってるものがあるからやさしい。
    そのやさしさを嗅ぎ分けるカフーも大事。
    原田ハマの作品やっぱり好きだわ。

  • 知らなかった。この作品デビュー作だったんだ!
    美術関係の小説でハマって、読み漁っているマハさんですが、こんな小説も書いていたんですね。

    ハプニングを起こすタイミングがこのころから絶妙で、気になって次々と読んでしまいます。
    お嫁さんをつれてきた、という帯から、すぐ結婚生活が始まるのかと思いきや、絵馬のことはお互い触れず、幸はなんだか訳ありで、明青は臆病なところもあって、微妙な距離感でヤキモキします。
    それでいて、明青のしっかりとした幸への気持ちは、不思議な幸福感を生み出す。
    普通の恋愛小説とは少し違っていて、人を愛する幸せと不安と、すれ違いの切なさを味わえました。
    ラストの展開で、二度驚かされましたが、読後が爽やか。野暮と言われても、その後が見てみたいお話でした。

  • 南の島の穏やかで暖かい風がずっと吹いているようで、とても心地よかった。終わりにかけては、号泣。明日目が腫れるの必至。

  • やっとデビュー作を読んだ この人はその後の作品の方がいいな

  • 「旅屋おかえり」でちょっとガッカリしていたのであんまり期待していませんでしたが、これはよかったです。

    登場人物が、背筋がゾッとするくらいくさいセリフを吐くような恋愛小説は大嫌いですが、これはそういうのもないし。
    なんとなくこうじゃないかな、という人物相関図が見えてしまうっていうのはあるけど。

    俊一のリゾートホテル計画に賛同してしまうのには驚きました。
    こういうのって大抵は開発側が悪く書かれて結局計画はなしになる、っていうのがお決まりのパターンだと思ってたから。

    きっと旅屋よりあとに書かれ作品だ、と思ってたらこれがデビュー作!?

  • 4
    沖縄の離島・与那喜島に一人暮らす明青の元に一通の手紙が届く。
    あなたのお嫁さんにしてください
    差出人は一文字「幸」。
    以前、島民一行で訪れた北陸の孤島・遠久島で書いた絵馬「嫁に来ないか」への返信だった。
    半信半疑ながら期待に胸を膨らませるアキオの元に、白いワンピースの美しい娘が現れる。アキオの裏に住むユタのおばあも巻き込み夢のような日々を過ごす二人。
    過疎化の進む島の再開発計画に翻弄される島の人々。リゾート計画の実行責任者・幼馴染の俊一、島の親友・渡らの思惑が複雑に絡み合い、二人の甘い夢に突然終止符が打たれる。
    失踪した母の行方、幸のこれまでの人生、そして行動の理由とは・・

    デイゴの小枝のペンダントを見つけたアキオが叫ぶ「幸」「さちっ」に涙。
    tomoyoseはなんと僕と二文字違い。
    中盤まではイヤでも引き込まれた。

    俊一の企みも、そこからのまさかの人違いも想像通りだったけど、何よりテンション下がった理由は、こういう男がキライだから。加藤登紀子の、「百万本のバラ」の画家のような男。
    相手の為といいながら、想像の中の美談で自己完結。
    でも、そうじゃなかったら、この物語にならないのか・・・(笑)

  • カフーって果報のことなのですね。てっきり、誰かか何かだと思っていました。
    沖縄の言葉と自然と、ゆったりとした時の流れを感じられて清々しい気持ちになりました。
    明青が幸を見つけられますように!
    俊一のことは好きにはなれないなぁ、何となく胡散臭い気がして。

  •  静かな湖面に大きな石を落として、驚きと幾つもの波が起きたような物語。信じられないような純朴な性格の青年の恋。舞台が、沖縄の小さな島だから信じられる物語なのかな。

  • 出てくる話の一場面一場面がとってもリアルに浮かんできて、まるで映画を見ているようだった。
    なんて切なくも優しい最後は救いのある素敵な恋愛小説だったんだろ・・・・・
    カフーが沖縄語で幸運とは・・・・
    原田さんが本当に沖縄でカフーと言う犬に出くわしたからこそ作り上げられた話と言っていたけど、
    まさに生まれるべくして生まれた素敵なお話だった。

  •  思った以上の全力ラブストーリー。
     ラブストーリーに涙する歳でもないんだけど、最後はなんだかんだ涙腺崩壊。

     「カフー」とは沖縄の言葉で、果報、幸せという意。「果報は寝て待て」なんて言うけれど、待つという行為は何でもないように思えて結構神経をザクザク削られる。侘びるほど待つなんて・・・呑気に寝てるくらいじゃないと、身がもたないよね。長年待ちわびている明青も自己防衛の本能からか、傷つかないよう、期待しないよう、臆病な青年になった。
     そんな彼は、なんでも寛容する沖縄の海のように、優しい。負った傷の深さを思えば、人に期待したり、人を責め立てたりするのが怖いんだろうけど、「ちんちんついてんのかよ!」と言いたくなるほどの優しさにイライラしてくる。
     最後行動するのが遅すぎる気もするけど、ハッピーエンドであってほしいなあ。

  • 沖縄にいながら読んでいるような気分になります。
    沖縄らしくのんびりとしたテンポでありつつ、ときおりぎゅっとストーリー展開があって飽きさせません。

    生活にのんびりのリズムも大切に、というメッセージもあるのかな。

  • 久しぶりのラブストーリー。ラブストーリーに心乱されるような歳でも境遇でもないのだけど、ちょっとぐらりとやられました。雰囲気は辻村深月の島は僕らとにちょっと似てるかなー。島国の中でのあの閉鎖的なんだけど緊密な独特の世界観みたいなところが。そこで起こる外からの来訪者が非日常的でミステリアスっていうコントラストのせいなのかしら?物語が明瞭に形を成しているようにも感じたし、一方でやすっちいメロドラマ展開のようにも感じたし、でもまあ今回は胸がぎゅっとなったということで星4つ。沖縄に住みたい。自由気儘に暮らしたい。

  • 何か読んでてモヤモヤする
    やっぱり芸術家をテーマに書いた作品の方が好きかなと思いました

  • 「・・・あの絵馬に書いてあったあなたの言葉が本当ならば、私をあなたのお嫁さんにしてくださいますか。・・・」

     「嫁に来ないか。」きっかけは絵馬に書いた明青の願い事だった。沖縄の小さな島に住む明青のもとに神様が幸をつれてきた。
     やさしくて、あたたかくて、ちょっぴりせつない恋の物語です。そして登場人物の誰もに幸多かれと素直に祈りたくなる作品です。第1回『日本ラブストーリー大賞』大賞受賞作。

    「ゆっくりと芽生えゆっくりと育む そんなあったかいラブストーリーです …… (シンガーソングライター)大塚 愛」
    「主人公の不器用さが、ずっと自分の中に在ったものとリンクしていて、何だかすごく愛おしく思えた ……(俳優)成宮寛貴」
    「沖縄の離島の空気感やゆったりとした時間の流れが、心憎いほど鮮やかに描写されている。 …… (作家)桜井亜美」
    「ドラマ作りのツボをよく心得てると思います。大賞にふさわしい力作でした。…… (作家・漫画家)柴門ふみ」

  • 沖縄の島の太陽とひと夏の恋物語。
    でもそれは切なくて寂しくて。
    そして、とても愛おしい。

    幸せはいくら待ってても、やって来ない。
    自分から出かけていかなくちゃ、
    みつけられないんだ。

    待っているだけの昨日にさよならして
    新しい明日を迎えに行こう。

    大好きな作品がまたひとつ。

  • 2015.1.15〜1.18
    一気に読んだ。原田マハさんは初めてだかど、とても良かった。号泣しておわりました。

  • 島に住む若者に、ある日突然 美人の嫁がやってくる 軽いような、軽くないような内容 落差を出す為に、悪意と善意、夢と現実が入り混じって 気持ち悪かった 内容だけ読めば悪い話ではない きっとハッピーエンド

  • 沖縄の島の物語だからか、時間も穏やかに流れて優しい風が吹いている気がしました。明青がじれったく思う部分もありましたが、最後は自分の気持ちに正直になれてよかったと思います。カフーは必ずやってくると思います。

  • 沖縄の島が舞台です。ゆったりとした気持ちの良い時間が流れていました。描かれている風景が綺麗で、想像するだけで沖縄に行きたくなります。幸の登場する時の風景が好きです。『ゆるやかな夏至南風にさわさわと(ガジマルの)枝がゆらめく。その木の下に、彼女は佇んでいた』 待っているだけでは幸せになれない。「みつからなくてもいいのよ。探したっていう事実が、大事なの」

  • いつまでも出て行った母親を求めている明青がとても可哀想だったが、臆病なまでの優しさがとうとう幸せにつながりそうで、最後うまくいくことを祈ってます。

  • 2人のすれ違いが切なくて、そして優しかった。
    たくさんの大切な物を失って、不幸に耐えることには慣れたけど、幸せになろうとすることを忘れてしまったのだろう。
    絶対に幸せを見つけて欲しい。2人で笑っていて欲しい。
    どこまでも優しい人だった。
    最後は泣きました。

    2014.12.5

  • 14/11/28

    沖縄で一人で暮らす明青が神社に掛けた誰宛でもない『嫁に来ないか』という絵馬を見て嫁に来た女•幸。
    おばあのあったかさや、明青の友達ののんびりした雰囲気が読んでて心地よかった。
    幸は一体何者...?となりながら読み進めて最後泣いたなぁ。少し出来過ぎた感じはしたけど。
    さて明青と幸は幸せになれたのでしょうか。

  • 切ないが、気持ちが晴れないまま終わるところは切なさを超える…。

全250件中 1 - 25件を表示

カフーを待ちわびてを本棚に「読みたい」で登録しているひと

カフーを待ちわびてを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カフーを待ちわびてを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カフーを待ちわびてを本棚に「積読」で登録しているひと

カフーを待ちわびての文庫

ツイートする