渡部昇一のマンガ昭和史―日本人が知っておきたい太平洋戦争

  • 28人登録
  • 3.43評価
    • (3)
    • (1)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 宝島社 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796659963

渡部昇一のマンガ昭和史―日本人が知っておきたい太平洋戦争の感想・レビュー・書評

  • 少し偏ってる感もあるような。でも歴史は勉強すべき。

  • 2012年12月4日
     
    表紙・本文デザイン/笠井修

  • 漫画で昭和史を知ることができる。

    太平洋戦争で、慰安婦問題、南京大虐殺の問題などのせいで、日本は戦前の歴史についていまだに正確な歴史をまとめられずにいる。

    なぜそんなことになってしまったのか?
    そのひとつに極東国際軍事裁判(東京裁判)がある。

    この不公平な裁判によって戦前の日本は犯罪国家というイメージが生まれそれをいまだに引きずっているかに見える。

    しかし、それは本当に真実なのだろうか?
    それを知るにはこの時代に何が起きたのかを詳しくそる必要がある。
    そのための入門書として役立つだろう。

    しかし、やはり漫画で、しかも所々、飛ぶのであくまで概要を知るというくらいにして違うものを読んだほうがいいと思う。

  • 今まで数々の昭和史や先の大戦に纏わる書籍を読んできたが、本書のように適格な部分だけを明瞭に纏められた本はなかなか見つけられない。
    断片的に知る事実も全てマンガという形でわかりやすく記されている。

    ◆日韓併合に異を唱えた伊藤博文暗殺による日韓併合への影響は、報復を恐れた朝鮮側からの打診。
    ◆関東軍は統帥権侵犯問題を基に世論を背景として満州事変を行い満州国を建国。リットン調査団は日本による満州の権益を認めながらも満州国については否認(後にバチカンなど22カ国などが追認)、日本は国際社会から孤立する。
    ◆言論弾圧などは天皇制廃絶を求める共産主義思想に対したもの。変わりに北一騎や大川周命による国家社会主義が台頭。
    ◆第二次上海事変は国民党軍により上海が包囲され民間人もアメリカ製の爆撃機により惨殺。日本は民間人の保護を目的とし派兵。
    ◆財閥と国会議員による結び付きを無くすために東条英機が企業献金を廃止、代わりに陸軍からの特別予算によって国会議員が当選し陸軍と国会の結び付きが強くなる。
    ◆ミッドウェーに至るまで暗号解析はされずに緒戦を勝ち続ける。後にゼロ線の性能がアメリカ側に知られ研究されてゼロ線の弱点を突く戦法を行われる。
    ◆便衣兵ももちろんだが、占領下における被占領国に対する立法の改竄はバーグ陸軍条約を無視する国際法違反。

  • 日清戦争~サンフランシスコ平和条約あたりまで
    ざっとマンガで確認でき、大変読みやすかったです。
    ただしマンガであるがゆえに、情報が断片過ぎるところは否めません。
    マンガもけして上手いとは言い難く、
    全体的にいまひとつ移入できませんでした。

    新たな気付きとして、
    東京裁判前にすでに米国は「事後法」で
    日本を裁いていた、ということです。
    これには驚きました。

    日露戦争後の桂・ハリマン協定破棄後の
    米国の排日運動の流れで、日本人の帰化を認めない、
    また帰化済みの日本人の帰化権まで剥奪するという
    「事後法」を米国は行っていた、とのこと。

    当時近代国家、法治国家として
    お手本的な立場にいたであろう米国が、
    なぜこのような愚行を犯したのか、不思議です。

    人種差別も理由でしょうが、それ以外に
    何か国内で鬱積していたものがあったのかな、と。
    もしこれを意図的に政府が誘導していたとすれば、
    米国もどこぞの国とさして変わらない国家ですね。

    これをきっかけに、米国の歴史、情勢なども
    日本の歴史と照らし合わせながら
    勉強していけたらと考えています。

  • 大東亜戦争については、だいたい誤解が解けました。
    私達日本人が、どれほど自国の歴史に無関心だったか。知らないことが多すぎた。
    歴史の教科書に書いてあることが絶対ではない。
    この漫画も完璧ではないですが、
    私含むゆとり全盛期に教育を受けた人には、読むだけでも価値があると思いました。

全6件中 1 - 6件を表示

渡部昇一のマンガ昭和史―日本人が知っておきたい太平洋戦争はこんな本です

ツイートする