チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)

  • 10402人登録
  • 3.73評価
    • (970)
    • (1680)
    • (1893)
    • (145)
    • (23)
  • 1067レビュー
著者 : 海堂尊
  • 宝島社 (2007年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796661614

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
宮部 みゆき
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)の感想・レビュー・書評

  • 感想は下巻を読んで

  • とても面白いエンターテイメント

  • (文庫本:下巻の方にコメントを記載)

  • とりあえず上巻読みました。医療的なことは全くわからずちんぷんかんぷんですが、この勢いで下巻も読んでいきます。

  • 東城大学医学部付属病院の“チーム・バチスタ”は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが原因不明の連続術中死が発生。高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口医師に内部調査を依頼する。医療過誤死か殺人か。田口の聞き取り調査が始まった。第4回『このミス』大賞受賞、一気にベストセラー入りした話題のメディカル・エンターテインメントが待望の文庫化。,"

    チームバチスタの栄光。
    心臓の
    バチスタ手術

    成功率60%という難しい手術を連続で成功させ

    奇跡のチームと呼ばれていた。


    しかし、連続で3件の術中死が発生し


    田口は理由の解明を病院長病院から頼まれ、しぶしぶ調査にのりだした。



    それぞれの分野での天才が集まって出来上がった


    チームバチスタ


    彼らの抱える闇とは。


    で。
    こっから、
    ネタバレね。

    私は、

    麻酔医の、氷室さん。
    彼にめたぼれやったわけですり。

    クールで、冷静、激務を嘆き、行動一つ、一つに音がしない。

    整った、整いすぎた顔立ち。



    って書いてあったん。

    結局、この人が犯人やったんやけど。



    もーなんか、
    キュンなんて可愛いもんじゃなくて

    興奮したね。


    はぁはぁなってた(危険注意)
    きほん、全ての台詞が好きなんやけど
    やっぱり
    厳しい取り調べの中で最初で最後の一言

    「これじゃあ、医者も壊れるぜ」

    ぜって素敵(マニアック)


    で、氷室さんの残酷さがみたいばかりに

    DVD借りました。






    愕然とした。



    氷室さん。

    なぜに、ココリコの田中なんですか?






    残酷だった。



    どーでも、いいけど秋から連ドラ始まるらしい。チームバチスタの。
    どうかどうか
    明日もいい日でありますよう

  • 主人公はひょんなことから高階病院長から特命を受けることになる。出世や派閥とは無関係だからか?
    面白い。
    下記は、印象に残った文章です。
    「ルールは破られるためにあるのです。そしてルールを破ることが許されるのは、未来に対して、よりよい状態をお返しできるという確信わ、個人の責任で引き受ける時なのです」

  • ひどい、ひどいよ。。文章が気障すぎるのか、設定が狙いすぎなのか、冷めちゃってなかなか読み進められません。登場人物のキャラでなんとか読めましたが、医療小説の濃いのを想像してたけど残念。海堂さんはもういいかな。

  • ドラマが始まったころから積んであった本!(笑)
    田口先生、なぜだか私の脳内変換は西島秀俊さん!?
    仲村トオルさんふんする厚生労働省は出てこないのね??
    で、犯人って誰だっけ?たしか先生の誰かの健康上の問題よね?
    そう思い出しながら、下巻に続く。。。

  • この薄さならすぐ読み終わるさと思った。
    甘かった!

  • 上巻は手術を行ったチームの事情聴取が主な内容となっている。医学用語も出てきているが分かり易い。しかし、文章と展開がやや平坦。下巻に期待しよう。

  • 人気作家として四作品目「イノセントゲリラの祝祭」が出版され、「チームバチスタの栄光」映画化の時期にぼくはこの本をコンビニで購入した。

    当時(というか今もそうだが)人がおもしろいと騒ぐものを避けていたので、海堂シリーズがなんぼのもんと思っていたが、何気に本作を手にとって立ち読みし、ものの数分で購入を決めた。

    そのくらいおもしろかった。正確に言うと、立ち読み程度で映像が頭に浮かぶ海堂さんの文章力に惹かれた。

    それからは毎晩寝る前に「あと1ページあと1ページ」と睡眠時間を削って読破したのを覚えている。

    実は2010年7月時点で海堂シリーズで読んだのはこの「栄光」と現在読書中の「ブラックペアン」のみ。 これから少しずつ他の海堂ものを読んでいこうと思う。

  • このミステリーがすごい大賞(第4回)

  • 医療の現場での人間関係が分かった。手術場面では医療用語が飛び交っており、分からない言葉も多かったが、リアルな切迫感が伝わってきた。
    バチスタ手術の連続死が誰かに故意に行われたものでないことを願いつつ下巻を読みたいと思う。

  • ミステリ、かな?医療事故を調べることになった、割と目立たない精神内科の活躍、と言いたいところだが、上巻では調査の途中で特に活躍はしない。

    千葉大の医師時代の話だけかと思ったら、現行も放医研の研究者をされているようで、途中で生々しい医療行政や研究行政、病院の組織の矛盾に関する不満や、医局の人間関係のうまくいかない話が織り込まれる。

    上巻のなかばあたりから非常に筆が走っていて、会話の間に挟まれる心理描写など、読んでいて非常に心地よい。

    それはそうと、「はちみつ・きんかん・のどーあめ」や「ひとりでできるもん」という、全くムダで脱力する言葉が、地味に効いている。文章のムダを省けば良い文ではないのである。

    とはいえ、薄い本なんだから、1冊にしてくれんかなあとも思うんだよね。上下2冊になった時点で、読むのがめんどくさいと思ったりするもんなんですよ。

  • 映画化でさらに売れているらしいこの作品。
    今の仕事と絡むこともあって、売れ筋だけど反応してしまった。
    グチ外来の患者さん、留蔵さんのエピソードなんて、ほんと今のわたしの仕事にぴったりのお話。
    しかし、田口は映画でもぜひ男にして欲しかったなぁ。
    それだと画にならないから仕方ないけど。
    最初のうち、手術の失敗の話がなんで「このミス」???って思ったけど、鳴海の一言で一気にミステリィ色が強くなって、納得。
    面白くなるかも。

  • 上巻は術死の謎について探るのと登場人物への事情聴取的な感じ。
    謎は全然明らかにされないし分からない。
    下巻を読むのが楽しみである。
    文章は読みやすいが稚拙な印象はある。

  • 電子カルテ導入か?っていう ブラウン管時代の話なんですね。テレビドラマよりも田口先生がかなり優秀 白鳥さんは小太りなんだね でも イメージはあのキャストで動いていたな〜

  • 医療に関する小説
    選ばれたチームが手術を行っている時、術死が発生。
    問題点の洗いに主人公が選ばれた。
    違和感があるとのことだが、はたしてこの中に犯人は居るのであろうか。それとも本当に偶然なのか。
    下巻が待ち遠しい。

  • もともと医療系のお話が好きだったのと、ドラマ化されたことがあっておもしろいのかなと思い読んでみました。海堂さんの作品で初めて手にとった本ですが一気にはまってしまいました。さくさく読めるのに、設定の細やかなところまで拘っている部分や個々人の性格が定まってブレないので読んでいてとてもおもしろかったです。

  • 読みやすい。ドラマから入ったので、田口先生の人物像が新鮮で面白い。「大学病院」的で頼り甲斐あるグッチー…。細かい設定も知れるので楽しい。
    場面がパッパッと変わるスピード感。

全1067件中 1 - 25件を表示

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)に関連するまとめ

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)を本棚に「積読」で登録しているひと

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)の作品紹介

東城大学医学部付属病院の"チーム・バチスタ"は心臓移植の代替手術であるバチスタ手術専門の天才外科チーム。ところが原因不明の連続術中死が発生。高階病院長は万年講師で不定愁訴外来の田口医師に内部調査を依頼する。医療過誤死か殺人か。田口の聞き取り調査が始まった。第4回『このミス』大賞受賞、一気にベストセラー入りした話題のメディカル・エンターテインメントが待望の文庫化。

チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 599)はこんな本です

ツイートする