チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)

  • 9362人登録
  • 3.77評価
    • (932)
    • (1547)
    • (1583)
    • (123)
    • (17)
  • 868レビュー
著者 : 海堂尊
  • 宝島社 (2007年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796661638

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 白鳥が登場してから
    スピード感が出てきて
    さくさく読めるようになったし
    盛り上がりも上巻よりあったと思う。

    ただやっぱり話の内容が難しくて
    理解できない部分が多かったかな…
    特に白鳥の話。
    きちんと理解できたら
    たぶんもっと面白い気がする。

  • いよいよ下巻では白鳥調査官が登場。テレビドラマをはるかに上回る強烈なキャラクターに圧倒される。にもかかわらず、下巻で際立ったのは、土壇場での田口先生の度胸のよさか。記者会見でのやり取りは実にスリリングで痛快。それを受けて立つ高階病院長の老獪さもまた見事。面白かったです。

  • ドラマを先に観てしまった為か、あまり面白さを感じなかった。

  • 上巻を読んだのが4ヶ月前なので
    忘れているところも多々あったが
    なんとか読み進めることができた。

    白鳥はキャラが強烈だがでてくるのが遅い。
    ドラマ見たかったなぁ…

  • 海堂さんの文章は引き込まれる

  • 手術室という密室で行われる殺人 内部告発ですら難しい真犯人探し
    氷室を犯人にしたのは医者(作者)としての責任転嫁か?足掻きか?
    そうせざるを得ないですな。医者の友人にはこれからでも優しく接して行こう。それをこの小説で海堂尊は訴えている。


    追記 この小説に登場する笑い方の形容詞
    にへらにへら     にっ         からり    にやにや
    へらへら       へらりへらり     うっすら   へにゃ
    ふふん        へらっ         にまっ    ニッ     くすくす

  • 医療ミステリ系なのにとても読みやすかったです。
    初っ端からトリックスターの白鳥があの手この手で病院内を掻き乱していく様子は圧巻でした。
    あと、田口君の振り回されっぷりは見物ですよ!

  • 医学用語オンパレードで読み出すのに相当苦労したけど、すっとばして大丈夫でした。
    難しいバチスタ手術の成功を続ける、天才外科医桐生恭一率いる栄光のチーム・バチスタ。
    しかし突如3連続で失敗。
    そのわけは?

    白鳥は伊良部一郎みたいだ!

  • 東城大学医学部付属病院で発生した連続術中死の原因を探るため、
    スタッフに聞き取り調査を行っていた万年講師の田口。
    行き詰まりかけた調査は、高階病院長の差配でやってきた厚生労働省の変人役人・白鳥により、思わぬ展開をみせる。
    とんでもない行動で現場をかき回す白鳥だったが、人々の見えなかった一面が次第に明らかになり始め・・・。
    医療小説の新たな可能性を切り拓いた傑作。

    なるほどそう来たか・・・。
    変人役人の白鳥の頭の良さに脱帽です。(あんなにも変人なのにすごいなぁ~)
    田口の人の良さと強引な白鳥は中和し合ってなかなかの名コンビです。
    『ナイチンゲールの沈黙』『ジェネラル・ルージュの凱旋』も読みたくなりました。

    2009.12.4読了

  • 厚労省の白鳥が登場し、物語や聞き取りへ変化が生じる。と同時に田口との会話もテンポが速くなっていく。アガピの手術は無事成功し、聞き取りなどから、事件の黒幕が明らかとされ、最後に急展開を見せた感じであった。愚痴外来は、地味であるが、人の話を聞き出す点等、素晴らしさを感じる。聞き取りから彼らの心情などが垣間見えたり、白鳥のアクティブフェイズなどがいかんなく発揮されていた。氷室が警察の取り調べで放った言葉は昨今の医療問題を突いているかのようだった。後日談で看護師と医師の結婚という幸せさを感じたのは良かった。

全868件中 1 - 10件を表示

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)に関連するまとめ

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)を本棚に登録しているひと

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)を本棚に「積読」で登録しているひと

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)の作品紹介

東城大学医学部付属病院で発生した連続術中死の原因を探るため、スタッフに聞き取り調査を行なっていた万年講師の田口。行き詰まりかけた調査は、高階病院長の差配でやってきた厚生労働省の変人役人・白鳥により、思わぬ展開をみせる。とんでもない行動で現場をかき回す白鳥だったが、人々の見えなかった一面が次第に明らかになり始め…。医療小説の新たな可能性を切り拓いた傑作。

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)はこんな本です

ツイートする