チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)

  • 9304人登録
  • 3.77評価
    • (930)
    • (1543)
    • (1576)
    • (123)
    • (18)
  • 864レビュー
著者 : 海堂尊
  • 宝島社 (2007年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796661638

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)の感想・レビュー・書評

  • 数年前に読んだ物を読み返してみた。
    医療物にサスペンスを混じらした感じで面白い。
    シリーズものだし、続けて読みたくなる。
    白鳥は、身近にいたら困るかも

  • 最後まで行く先のつかめない、スリリングなミステリー!医療現場についての記述が精密で、ありありと思い浮かぶ。登場人物の話し方、機転の利かせ方、物事の運び方に知性を感じて憧れてしまうことも。主人公の秘めた熱がかっこいい。

  • だいぶ以前に読了したもの。読みやすく面白かった印象が残っている。田口先生のキャラが良く、シリーズ化されれば良いなぁと思った記憶がある。その後、シリーズ化されて楽しみが増えた。

  • 2007年発刊の海堂氏の第一作。 を、2016年に読んだ。
    後年に出版された「ゴーゴーAi」(ノンフィクション)を先に読んだが、同書の中でAi普及活動(=学会上層部や厚生労働省との闘争(!?)の歴史・未だに終息していない...)において「バチスタ」が貢献したという行が出て来る。
    意図した訳ではなかったのだが、このように時間を遡って読んでみるのも面白いと思った。

  • さっくり読める。笑いのセンスが高い。クスッと笑えるところが多々あり。これが処女作だなんて、すごい才能だと思います。

  • 下巻から物語がぐんぐん進んで行く印象。というのも、白鳥という超個性的キャラが登場するのが下巻という理由があるのだろう。白鳥が登場してから物語が鮮やかになった。映画もみてみたい。

  • 東城大学医学部付属病院で発生した連続術中死の原因を探るため、スタッフに聞き取り調査を行なっていた万年講師の田口。行き詰まりかけた調査は、高階病院長の差配でやってきた厚生労働省の変人役人・白鳥により、思わぬ展開をみせる。とんでもない行動で現場をかき回す白鳥だったが、人々の見えなかった一面が次第に明らかになり始め…。医療小説の新たな可能性を切り拓いた傑作。


    のち、独り言
    さて、いきなり
    城田優がかっこいいですが(なんか、イケメン)
    最近、斎藤工って役者に惚れ惚れです。
    イケメン☆


    しかしですね、画像調べてたらあんまり魅力的に見えないんです。


    ある画像では激しくイケメンに見えたんやけど。



    なぜだっドンッドンッドンッ


    と思って原因を追求したらドンッ


    あれです。眼鏡メガネ

    眼鏡メガネがないんです。
    普段の彼。


    わぁおドンッドンッ


    そうなんです

    眼鏡メガネなんです。


    そういえば小学生の私はむだに視力が良くてですね


    眼鏡メガネは遠い子だったんでムチャクチャ憧れてたんですよ。

    ほんとに目の悪い子に失礼やけど。

    黒ぶち眼鏡メガネとか好きやった。一番はシャープなノンフレームなんですが。

    まぁ、憧れずとも今じゃ眼鏡メガネなしだと車車も乗れませんが。

    で、私としては鋭い目をしたイケメンが眼鏡メガネをかけていると
    グッときたりするわけです。
    うわっ、超どーでもよい情報を長々と語ってしまったドンッドンッ
    自分でもどーでもよいのだから人様に見せるものではないですな。

    というわけで斎藤工さんには眼鏡メガネ推奨。

    まぁ、兼崎健太郎さんも好きです。(なにがまぁ?)
    この顔タイプなんやわっ。
    むちゃくちゃイケメンじゃなくてええねん。
    いや、この人もイケメンやけど。

    なんてゆうん
    こんな彼氏おったら気失うんやろな?


    みたいな。

    イケメンすぎて。
    爽やかすぎて。


    ほんでね、兼崎健太郎さんのブログに行ったらなんとドンッアメーバブロがーだったのですドンッ

    おもわず、読者登録しなきゃと思いましたが
    なんか、これ返事を待たなくてはいけないというシステムなんですねドンッ

    初めて知ったショック!ショック!

    恥ずかしくてメール手紙遅れませんでしたショック!ショック!
    みんなすごいねぇ。


    で、今はどうどうでもいいけどテニステニスのししどさんとぷりぷりのミコトさんて同一人物なんですね。

    とゆーわけで

    ボーイズラブ(斎藤工)とヒートアイランド(城田優)
    絶対借りますグッド!グッド!

    ツカ、聞いてくださいショック!




    チームバチスタの栄光ドンッ


    こいつがまた、私を裏切ったショック!ショック!
    何回も書くけど、まず、彼にはまったのは
    10月はじめ。

    徴収課のお兄さんにもらった本本。

    そこで初めて氷室先生にはまったのです。


    クールで冷たくて冷酷かつ残虐な氷室先生。
    (素敵)

    これは、映画を見なあかんショック!

    と借りてきたのですが、


    なんと、氷室先生がドンッドンッドンッ


    ココリコ田中(οдО;)ドンッドンッドンッドンッドンッ


    クールで冷たくて冷酷かつ残虐で
    イケメンな麻酔医はココリコ田中だったのですドンッドンッ


    私はもう、バチスタを見るのはやめよと思いました。


    そんなときにきたのがドラマ化の話。

    そしては、キャストを見たとき私の心は2度震えました。


    クールで冷たくて冷酷かつ残虐なイケメン麻酔医(しつこい)を演じるのは
    ... 続きを読む

  • 45
    面白かった。
    ワトソンとホームズの見立てがいい。
    海堂尊読んでいこうと思った。

  • 謎が徐々に解明されていく。ハラハラドキドキ。新人賞を取った作品というがスゴいと思われる。
    印象的な一節は、「光には必ず闇がよりそいます。光がどれほど強めても、闇は消えません。光が強ければ強いほど、闇は深く、深くなるのでしょう」

  • 医療用語が飛び交い読みにくいのかと思いきや、コミカルで個性的なキャラとテンポよく進むストーリーはとても読みやすくて、あっという間に上下巻読了!
    キャラクターはドラマのキャスティングでイメージが焼き付いてるせいで最初は違和感あったけど、ロジカル・モンスターがいろいろ濃すぎて、そういった違和感も解消。
    そして、ドラマではあまりわからなかったけれど、氷室先生の闇が相当深かった…。

  • 厚労省白鳥さん、登場しました!(笑)
    犯人は・・・私の記憶って中途半端でした^^;
    アクテティブとかパッシブとかイマイチ理解が付いていかないところがあったけど、
    テンポの良さにぐいぐい引き込まれていった。
    下巻を読みおえった後、もう一度上巻の田口センセの聞き取りを読み返して
    頭の中もすっきりしました!
    どうしようかと迷ってたけど、シリーズ全部読みたくなるね!

  • ミステリーとしても、医療小説としても、人間ドラマとしても面白かった

  • 田口と白鳥。
    &高階と桐生。

    他の人もおもしろかったけど、
    印象深かったのは、こんな感じ。

    医療関係、最近なぜか多いね。
    面白いけど、なぜか
    深く入ってこない…
    なんでだろ…

  • はらはらするものには弱いのです。
    とても頑張って読まねばいけませんでした。
    ですがその甲斐はありました。
    続編もがんばって読むよ~

  • 田口さんの役に立った無さが酷い。それに比べて白鳥のキャラクター性と頭脳は優れている。手術の場面をもう少し詳しく描いて欲しかった。その他は及第点。

  • レビュー閲覧、ありがとうございます。
    文庫本の上巻レビューを参照ください。

    http://booklog.jp/edit/1/4796661611

    ひとこと、海堂尊シリーズはすべておすすめ!

  • 一気に読めた!と言いたい所だけど、上巻は正直読むのにすごく時間がかかった。下巻でやっと話が動きだし、あとは転がるように読み進めた

  • 氷室先生はなぜ医師になったのか理解できなかった。死はその人に与えられた運命なのだから受け入れるべきだという考えを持つ人は医師になってはいけないと思った。こういう医師が現実には存在しないことを願いたい。

  • これは人気出るよな、と読み終えて納得。

    上巻ではまず達成不可能と思われる任務を与えられた田口の調査がメインで、下巻ではその調査をめちゃくちゃにかき回した挙句解決する白鳥の活躍が見所。
    白鳥登場以降のテンポはすさまじいものがある。
    そして、それに負けないくらいの田口先生のキレっぷりも格好良く、ラストの描写がまた読後感爽やか。

    ミステリーそのものより、展開と人物描写に目が離せない小説でした。

  • キャラ立ちしていて、読んでいて楽しい。ミステリーとしては普通。コミカルな文章が良い。

  • 下巻。上巻では「予想だにしなかった結末が」と引っ張っていたわけだが、下巻ではのっけから重要人物である白鳥が出現する。

    白鳥は解説に書かれている通り「ホームズとワトソン」ならホームズだが、いちいち苛立たせる行動に出るあたりはクリスティのポワロ警部か。刑事コロンボかもしれない。

    あとはなんというか、薄い本なのでさらっと読みきってしまいましたが、二転くらいはしてますね。

    それはそうと、やっぱり上巻で感じた「どうでもいい表現が地味に効いている」という感想は下巻でも変わらず。たまごっちがストーリーに全く必要ないにも関わらず出てくる。また、会話の中で何度も登場させたにも関わらず、一切登場しない人物も、作品に深みをもたせる結果となっている。東野圭吾だとこういうことはしないぞ。

    最後のオチで、恐らく専門であろう放射線関係の画像処理を持ってきたところは、なるほどねとは思ったが、ちょっと安易かねえ。

    全体にストーリーのスピード配分も良く、医療事故から、どうミステリに繋げるのかと思わせられたところも、素人納得の出来だし、悪くない。

    ただ、やっぱり文庫1冊でまとまる話なわけで、上下巻で読まされるのは減点。

    さらに、本の巻末に「田口&白鳥チーム復活」って、うーん、それあんまり読みたいと思わないな。これは単発で終わらせるべき話じゃないかな。

  • 登場人物がみんな個性的で楽しく読めました。肝心の事件解決については、伏線がまったく拾えなくてモヤモヤしてしまいました…

  • 難しい医療用語が続いてちょっと頭がガチガチになってきたところに、突然「変人」の登場。
    登場人物がひとり増えただけで、ここまでガラッと雰囲気が変わるのがすごい。
    大迷惑なやつなんだけど、憎めないんだよな。
    映画では、この変人白鳥役が阿部寛さんというのでかなり納得。
    わたしは佐野史郎さんを想像して読んでいたけど。

    犯人が分かってすっきり解決といかないいや~な気持ちのまま終わるのかと思ったら、最後に田口先生と関わった人たちの変化が書かれていて、良い感じで緩和される。
    最後に明かされる藤原さんのついた嘘って、すごく良いエピソードなのに、映画では田口が女性だからきっとこの部分はカットされてるんだろーなー。
    すごくもったいない。

  • バチスタ下巻。
    下巻から登場する探偵役「白鳥」のキャラが強烈すぎて面白い!
    再度の聴取で変化するキャラの印象。
    そして事件が明らかになる。
    いい小説だった。

全864件中 1 - 25件を表示

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)に関連するまとめ

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)を本棚に「積読」で登録しているひと

チーム・バチスタの栄光(下) 「このミス」大賞シリーズ (宝島社文庫 600)はこんな本です

ツイートする