ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)

  • 6288人登録
  • 3.34評価
    • (258)
    • (685)
    • (1282)
    • (256)
    • (47)
  • 484レビュー
著者 : 海堂尊
  • 宝島社 (2008年9月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796663588

ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 再読
    猫田師長と藤原さんの活躍を思い返すために再読してみた。前日譚を読んだ後だと、何気ない会話の一コマも別の意味にとらえられる。最初からこんな風に想定していたのかなと思わせるほど上手いってことか。
    今作のヒロインのその後も、描いてほしいもんだ。

  • サクサクとよめたが、面白いということは今のところない。

  • シリーズ第2弾の上巻。一回読んでいるはずだけど詳しい内容は忘れている。劇中に出てくる浜田小夜の役回りがいまいちよくわからず、歌の上手い子供たちに振り回される看護師という認識でしかない。その辺が今のところは物語を読んでいても退屈な印象を抱く。目の摘出手術を受けさせようとする中学生の父親が無残な殺され方をしてからどのように話が盛り上がるのか、白鳥はどんな形で登場するのか?。下巻に期待したいと思う。

  • バチスタの次の作品。
    この人の文章は読みやすくて、すらすら読める。
    今回は看護師さんが主人公で、入院患者の親が殺されて……ってところで下巻に続く

  • 感想は下巻を読んでから( ^ω^ )

  • ようやく始まったところ、という感じで謎ばかり。特にぐいっと引き込まれるストーリーが無くても、サクサク読める面白さはすごいと思った。でもきっと面白さはここから!……なんだろうなぁ。事件と看護師、患者たちの繋がりがとても気になる。どう繋がるんだろう……

  • 今回は白鳥がまだ、出てきておらず、事件が起きる背景の説明に留まっている。田口が患者の愚痴を聴くのを白鳥から学び取った手法で実践してるのに笑った。

  • <上巻>2015.10.9 ~ 14
    <下巻>2015.10.14 ~ 19
    まあまあ普通かな。歌声で相手の心に映像を想起させる、という所はちょっと分かりにくい。

  • 前作とはまたカラーの違う話、こんな上手い事あるのかな?と思いつつ、話に引き込まれて行く。下巻が楽しみ

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    第4回「このミス大賞」受賞作で300万部を突破した大ベストセラー『チーム・バチスタの栄光』の続編が登場します。大人気、田口・白鳥コンビの活躍再び! 今度の舞台は小児科病棟。病棟一の歌唱力を持つ看護師・浜田小夜の担当患児は、眼の癌――網膜芽腫の子供たち。眼球摘出をせざるをえない彼らに心を痛めた小夜は、患児のメンタルケアを不定愁訴外来担当の田口公平に依頼し、小児愚痴外来が始まった。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・医療・ミステリー・ドラマ化

    【映像化情報】
    2009年10月9日ドラマ化
    出演:伊藤淳史・仲村トオル 他



    ++1

  • 第4回『このミス』大賞受賞作、300万部を突破した大ベストセラー『チーム・バチスタの栄光』の続編が登場。大人気、田口・白鳥コンビの活躍再び!今度の舞台は小児科病棟。病棟一の歌唱力を持つ看護師・浜田小夜の担当患者は、眼の癌…網膜芽腫の子供たち。眼球摘出をせざるをえない彼らに心を痛めた小夜は、患児のメンタルケアを不定愁訴外来担当の田口に依頼し、小児愚痴外来が始まった。

  • 中盤まではレティノの治療方法が眼球摘出しかないということ位しか驚きはなく、若干退屈な印象を受けましたが、とある事件をきっかけに一気に引き込まれました。続きが気になるのでそのまま下巻を読みます。

  • 歌を聞いたときの脳の反応の関連と、事件がどのように絡むのか、下巻を早く読みたいです。

  • 2014.7.27 - 7.28
    (299P)

  • まだまだこれからだ。

  • ナイチンゲール。世界初の看護婦の名前、または、とても美しい声で歌う鳥。
    この本では、美しい声で歌う看護婦。多分今回のキーとなる人物。
    白鳥は、下巻で登場か?

  • シリーズ通り、読みやすくて面白い。
    ただ、まだ上巻ということで謎だらけ。
    主役(?)のナースに感情移入させるための序章か?
    内容としては、これからの後半に期待。

  • 作者の他の著書に登場する人物や場所が出てくるのはとても楽しいし、既読の本、未読の本にと興味が湧く。それにも増してストーリーの魅力がより強くその気にさせてくれる。下巻で顛末を見定めるのが楽しみ。
    今回も前作の怪物、白鳥は下巻から登板か。

  • チームバチスタの続編。田口・白鳥シリーズ2作目。
    今回は小児科病棟を舞台に物語が展開。
    病院内部の権力構造?がよくわからないのでちょっとややこしかったけど、今回も登場人物が個性豊かで面白い。「眠り猫」の猫田師長がなんか好き。あと、アツシの「ケロロ軍曹口調」が可愛くて和む。
    眼球癌を患った少年の父親が殺され、捜査に当たる加納警視正もまた一癖も二癖もありそうなキャラ。白鳥と対決したら面白そう。
    それにしてもグッチーのとばっちり巻き込まれ具合には涙が出ます。
    犯人はあの人だろうか…と目星を付けて下巻に続く。

  • このシリーズにハマってます。この作品もテンポよくて面白い。白鳥はまだか。。下巻につづく。

  • 2014/2/20
    下巻へ。

  • (±)バチスタはとても面白かった。2作目はだいぶ毛色が違った。こういうのも書く人なんだ。
    (−)共感しにくい特殊能力
    (+)小夜が美人

全484件中 1 - 25件を表示

ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)に関連する談話室の質問

ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

ナイチンゲールの沈黙(上) (宝島社文庫 C か 1-3 「このミス」大賞シリーズ)はこんな本です

ツイートする