ニッポン「奇怪島」異聞 (別冊宝島1636 ノンフィクション) (別冊宝島 1636 ノンフィクション)

  • 10人登録
  • 4.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 宝島社 (2009年6月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (103ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796666534

ニッポン「奇怪島」異聞 (別冊宝島1636 ノンフィクション) (別冊宝島 1636 ノンフィクション)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容紹介(アマゾンより引用)
    日本には大小6800という驚くべき数の島々がある。
    離島という四方を海で隔絶された空間は、ひとつの国である。
    全てが島の中で完結されるという世界観の中で、
    人々の思考や習俗は内向し、独自の“異質な文化”が根付いている。
    それは交通や情報が高度に発達した現代にあっても、
    その島がかつて経験した“遺伝子”が存在する限り、
    たやすくは消え去らない。
    前作『ニッポン「不思議島」異聞』発行から3年、
    今回は新たに14の調査報告をまとめた。
    因襲・古代祭祀・祟り・謎・タブー……
    日本最後の秘境を往く民俗学ルポ第2弾!

    **************

  • 行ってはいけない!ニッポン「不思議島」異聞 (別冊宝島 (1323)) http://booklog.jp/users/ms-k/archives/479665304X (ISBN-13: 978-4796653046)の続編。
    これもまた興味深い「島」独自の文化の話

全2件中 1 - 2件を表示

ニッポン「奇怪島」異聞 (別冊宝島1636 ノンフィクション) (別冊宝島 1636 ノンフィクション)を本棚に登録しているひと

ニッポン「奇怪島」異聞 (別冊宝島1636 ノンフィクション) (別冊宝島 1636 ノンフィクション)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ニッポン「奇怪島」異聞 (別冊宝島1636 ノンフィクション) (別冊宝島 1636 ノンフィクション)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニッポン「奇怪島」異聞 (別冊宝島1636 ノンフィクション) (別冊宝島 1636 ノンフィクション)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニッポン「奇怪島」異聞 (別冊宝島1636 ノンフィクション) (別冊宝島 1636 ノンフィクション)を本棚に「積読」で登録しているひと

ニッポン「奇怪島」異聞 (別冊宝島1636 ノンフィクション) (別冊宝島 1636 ノンフィクション)はこんな本です

ツイートする