ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)

  • 5613人登録
  • 4.01評価
    • (692)
    • (846)
    • (570)
    • (37)
    • (11)
  • 432レビュー
著者 : 海堂尊
  • 宝島社 (2009年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796667692

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 下巻。冴子が地下MRI室で歌うシーンまで読んで、この物語が前作「ナイチンゲールの沈黙」と同時期に進行している物語なのだと気づいた(遅い)
    このシリーズは、ディスカッションのシーンが、手術シーンと双璧を成す盛り上がりどころだと思う。現実でもよくあるような、遠回りでイライラする会議を、速水白鳥両氏がバッサリぶった切っていくところが痛快でした。今回白鳥が大人しかったのがちょっと残念だったけど。
    コンビナート炎上で急患が運び込まれてくる前の静けさと、その後の怒涛の展開、静と動の対比に鳥肌が立った。ちょっと芝居がかりすぎているようなところも、速水先生だと素直にかっこいい。美和ちゃんは最後に大勝利、よかったね!
    前作のナイチンゲールは、あまり好みじゃなかったけど、こちらは面白かった。同時進行にした意味はあんまり分からなかったけど。

  • 速水とコミティのやりとりがテンポ良く、殺人とかはないけどグイグイ読めた。救命救急に感謝。

  • 面白かったです^^ 流石はロジカル・モンスター(笑) 撃破ですね。
    これ、TVドラマもハラハラドキドキワクワクして観ていたのですが、原作は原作で姫宮もいい味だしているし、楽しいです。TVドラマも原作も満足という数少ない作品の一つです(勿論、私的にということですが ^^;)
    病院経営のシビアさと人名救助の理想と、とても考えさせられました。

  • 「ジェネラルルージュの凱旋」下巻、読了。速水部長の収賄疑惑の調査に乗り出した田口と倫理委員沼田の対決、速水率いる緊急医療メンバーそれぞれの思いが交差する。速水は病院を追われてしまうのか!?お馴染みロジカルモンスター白鳥も活躍する、医療の理想と現実を描くシリーズ第三弾。笑いあり、爽快感あり、ちょっぴり恋愛ありと、まさに医療エンターテイメント。キャラの今後の活躍が楽しみ♪

  • 速水先生が最後までかっこよすぎて辛いです。いなくなってしまうのがもったいないほど素敵な人でした。

  • 伝説の歌姫、酔いどれ迦陵頻伽こと水落冴子が
    東城大学医学部付属病院に緊急入院した頃、
    不定愁訴外来、通称“愚痴外来”の田口公平の元には
    匿名の告発文書が届いていた。
    『救命救急センター速水部長は、
     医療代理店メディカル・アソシエイツと癒着している。
     VM社の心臓カテーテルの使用頻度を調べてみろ。
     ICUの花房師長は共犯だ』
    速水晃一は“血まみれ将軍(ジェネラル・ルージュ)”の異名をとる
    救命救急センターの部長であり、
    殺人的な激務でまさに“戦場”である救命救急センターを
    その辣腕をもって率いている。
    傍若無人な振る舞いに周囲は困惑させられることも多く、
    またその言動のせいか院内には彼を敵視している者もいるが
    医療に対する真摯な姿勢や天才的な医療センス、
    また時に見せる神がかり的な勘の良さなどから
    彼に対して絶大な信頼を寄せる者も多い。
    その速水が特定業者と癒着しているというのだ。
    田口は告発文書の件で高階病院長に相談するが、
    例によって例のごとく病院長に言いくるめられ、
    自ら調査へと乗り出す羽目になる。
    しかしそこに、田口を目の敵にしている沼田教授率いる
    倫理問題審査委員会(エシックス・コミティ)が介入してくる。
    さらに、ICUには謎の新人看護師・姫宮が現れ
    素人同然の看護技術と要領の悪さで混乱を招き、
    また、別件で桜宮を訪れていた白鳥圭輔も首を突っ込んできた。
    果たして速水は、田口の前であっさりと
    文書の内容が事実であることを認める。
    赤字を垂れ流し続ける不良債権部門であるICUにあって
    正しい医療を行うために戦い続ける男は病院を追われてしまうのか?

    「チーム・バチスタ」シリーズの第3作。
    前作「ナイチンゲールの沈黙」と同時期の物語。

    最初に言っておくと、本作は速水晃一という
    一人のヒーローについて描いた英雄譚である。

    相変わらず文章のテンポは非常に良く、
    また隠喩や適度にブロークンな表現を織り交ぜた文体は
    極めてリーダビリティが高い。
    医療の現場のあれこれをエンターテインメントとして描く技量も健在で
    財務の面から見た医療や、大学病院内の院内政治など
    ともすれば地味になってしまう物事を実に面白く描いている。

    また、個性的なキャラクターが今回も良く動いており、
    そこから生み出されるドラマには強く惹きつけられ、
    ページを繰る手が休むことを許さない。

    そしてなんといっても、本作に五つ星をつけた理由は
    “ジェネラル・ルージュ”速水晃一というキャラクターにある。
    簡単に言ってしまえば、彼がとんでもなく“カッコいい”のである。
    登場した直後から、物語の最後まで、
    徹頭徹尾、彼は英雄然とした言動を取り続け、
    何人かの女性キャラの心とともに、読者の心も奪っていくのだ。

    言ってしまえば漫画的なほどにそのカッコ良さは極端ではあるが
    本シリーズはそもそもケレンの強い作風であり、
    むしろそうしたキャラクターはぴたりとはまるのである。

    これまでの2作と違い、派手な事件(殺人)を取り扱うわけではない。
    しかし本作の面白さは圧倒的なように思える。
    キャラ造型の素晴らしさとストーリーテリングの力、
    このふたつを兼ね備えた作家が語れば
    どんな題材でも圧倒的に面白くなるのだろう。

    とにかくこの爽快感は滅多に味わえるものではない。
    これぞエンターテインメント!と快哉を叫びたくなるような
    心底面白い小説をお求めの方はぜひ。

  • 【覚書】
    あー…うーん…
    漫画っぽいね、物凄く。目がツルツル滑った。
    私、こういうのが読みたいんじゃないんだけどなぁ…。バチスタ以外とはどうも相性悪い。


    ルージュをひく速水をみて「センゴク」の明智を思い出した。
    ようこそ殺し間へ。

  • 高階病院長の特命で、速水部長の収賄疑惑を調べ始めた田口。しかし、倫理問題審査委員会による介入や、新人看護師と厚生労働省のロジカル・モンスターの登場でさらに複雑な事態に巻き込まれていく。悲願のドクター・ヘリ導入を目前に、速水は病院を追われてしまうのか。切り捨てられゆく不良債権部門・救急医療を守る男の闘いと、医療の理想と現実をダイナミックに描き出した傑作エンターテインメント。
    ************************

    速水部長がカッコ良すぎてヤバイ!!!
    シリーズの中で1番速く一気に読んでしまった。若干、白鳥が大人しい気もするけど、やっぱり田口&白鳥のやり取りは最高。「ナイチンゲール〜」よりもやっぱりこっちが断然オススメ。

  • エンターテイメントとして楽しめ、読みやすい。
    エーアイのゴリ押し部分は違和感。
    知略を尽くしたっぽい表現が多いが、そんなにすごい駆け引きでもない。
    最後はみんな改心しすぎ。

  • 今作は姫宮が登場し、如月とともに、ICUの看護に努め、トリアージの場面では手際よく指揮をとるが、看護の方ではおどおどし、初心者だと感じる。カテーテル癒着疑惑は田口があらゆる切り口から全容を究明し、疑惑に終止符が打たれる。田口が問題解決処理能力に長けていると感じる。今回は白鳥の印象が薄かったと感じる。速水が昔のデパート火災と同様に、事故での搬送で冷静でかつ迅速な判断でベッドコントロール、佐藤医師らとともに処置をし、多くの命を救ったのが印象的だった。同時期に起こったナイチンゲールの方の読んでみようと思う。

  • 第二部で白鳥が登場するのが定番となった。直接付き合わなければ憎めないキャラ。エシックス・コミティを粉砕する舌鋒は爽快だ。速水の弁護だけではなく、島津が提起したAiに関しても(著者の思いを)言いたい放題(笑)『ナイチンゲールの沈黙』と同時進行の設定で、著者曰くどの作品から読んでも独立した物語として楽しめるらしいが、それぞれの事件が及ぼす心理的な影響をもう少し描きこんでもよかったのではないかと思う。

  • ルージュ、そんな意味があったとは。
    頑張った看護婦さんが報われてよかった。

  • 高階病院長の特命で、速水部長の収賄疑惑を調べ始めた田口だったが、倫理問題審査委員会による介入や、新人看護師と厚生労働省のロジカル・モンスターの登場でさらに複雑な事態に巻き込まれていく。悲願のドクター・ヘリ導入を目前に、速水は病院を追われてしまうのか。切り捨てられゆく不良債権部門・救急医療を守る男の闘いと、医療の理想と現実をダイナミックに描き出した傑作エンターテインメント。

  • 前作がいまいちスッキリしない感じだったので、対になっているというこちらの方が楽しめた。とは言っても、医療ドラマというより医療の現状についての問題にスポットが当たっていて、ドラマ版を見ていた自分としては、思っていた雰囲気と違うな、と。まぁドラマ版は連ドラでしかできない内容で、あれはあれで面白かったから良いのかな。
    小難しい手続きのことはよく知らないから、速水先生への対応が現実的なのかどうかは分からないけど、ドラマとしては最終的にスッキリ収まっていて良かったと思う。医療ものにしてはやや地味とも言える委員会や水面下でのやり取りも、新鮮で面白かった。

  • これもドラマの後追い
    はっきり言って、西島秀俊が大好きだ
    そして白鳥が中村トオルはかっこよすぎ

    前読んだときは思ったかな、稀にみるキザったらしい文章だ(笑)
    速水とかイケメン以外の何者でもない…こうありたい願望を総て詰め込んだ人物。ジェネラルルージュとかドアトゥヘブンとか、よーそんなに考えるな!

    そういえばこれはミステリーか?

  • ドラマを見ていたので、俳優が頭に次々と浮かんだ。
    テレビもだけど、テレビでよくわからなかったことがよくわかり、ほんとにエンターテイメントでとっても面白かった!
    病院内なのに暗くないし、とても明るい。キャラがいい味だしてます。

  • 今回は白鳥さんがあんまり活躍してなかった。
    代わりにほかの人が目立ってたけど。後半になるにつれて「どうなるの?どうなるの?」という気持ちが強くなって止まらなくなる。

  • 結局、「ナイチンゲール」要素が邪魔なんだな(´ε`; )ウーン…。
    完全に別作品として描いていれば5倍くらい良くなったはず。
    冒頭長々と「ナイチン」の叙述をリピートしたのは、ページのムダ(>_<)。
    物々しく登場したのにほとんど何もせずに退場した冴子も、ページのムダ(>_<)。
    巻末付録もページのムダ(>_<)。
    両作品の関連を楽しませるのが出版社の意向のようだけど、そういうムダな要素に気を取られていると、本作独自の面白さを見失ってしまう(>_<)。
    テーマにもストーリーにも全く共通点がないんだから、あれはあれ、これはこれ、別時間の別作品として切り分けるべきだった(>_<)。

    単独作品としてみれば、面白かったよ( ´ ▽ ` )ノ。
    まあ、あまりといえばあまりにご都合主義な結末だし、田口裁きも安易だし、速水はじめキャラがパターンだし、白鳥は出ても出なくてもいいような扱いだし、粗を上げればキリがないけど( ´ ▽ ` )ノ。
    「ミステリー」との訣別は正解だったね( ´ ▽ ` )ノ。

    2016/01/24

  • 面白かった!腹のくくり方がいい

  • ジェネラルの行く末を応援したくなるお話。医療でもお金が大事でドクターヘリを導入するのに莫大な金がかかる。それをどうにかしたい気持ちは解る。

  • 【読書】後半の畳み掛ける展開がすごい /

  • 高階病院長の特命で、速水部長の収賄疑惑を調べ始めた田口だったが、倫理問題審査委員会による介入や、新人看護師と厚生労働省のロジカル・モンスターの登場でさらに複雑な事態に巻き込まれいく。悲願のドクター・ヘリ導入を目前に、速水は病院を追われてしまうのか。切り捨てられてゆく不良債権部門・救急医療を守る男の闘いと、医療の理想と現実をダイナミックに描き出した傑作エンターテインメント。

全432件中 1 - 25件を表示

ジェネラル・ルージュの凱旋(下) (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする