ブレイクスルー・トライアル (宝島社文庫)

  • 1260人登録
  • 2.88評価
    • (24)
    • (82)
    • (238)
    • (128)
    • (31)
  • 166レビュー
著者 : 伊園旬
  • 宝島社 (2009年3月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796668279

ブレイクスルー・トライアル (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 設定は結構魅力的なのですが、それがあまり生かされていない、という感じです。
    コンテストの設定など、甘いところもそこかしこに見られます。(早い段階で暴力的なチームが出ていたら、どうなるのか、など)
    そう、全体的に甘さが目立つ作品でした。

  • 映像っぽいなあと思いながら読んだ。
    映画とかだったら面白いかも。

    セキュリティのところは、やたら詳しいところと、曖昧っぽいところが
    ムラがあるように感じたけど、詳細にしたら
    テンポが悪くなるのかなあ、と思った。

  • 普通に楽しめたのだが、もう少し改善の余地があるかなと思う部分があった。

  • 技術の粋をつくしたIT研究所に侵入し、ミッションをクリアすれば1億円が手に入る一大イベントが開催されることになった。元IT企業の社員チームや、ひょんなことから紛れ込んだダイヤモンド強盗犯グループなどが参加を表明。生体認証や警備ロボットをはじめ、数多のセキュリティが設置された難攻不落の要塞を攻略するのはどのチームなのか。第5回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。

  • IT研究所が開催するイベント、防犯設備をかいくぐってミッションを成功させるお話。主人公の他にもライバル企業のスパイや完全武装した強盗犯チーム、警備員の娘等が混ざりに混ざって計画通りに進まない!途中流血沙汰にもなるけれど、複雑な過去を持った人々の過去が解決したり友情が復活したり、見所の多い一冊でした。

  • ふざけるな、と怒鳴りたくなる。ITの情報誌をこのミスで扱うな!書いた本人はまだいい。これを受賞作品に選んだ選考委員は辞任しろ!バーカ!と言いたい。

  • つまらないわけではないけど特段面白いと叫ぶほどでもなくっていう感じでしょうか。
    侵入する前が長すぎて、その分を侵入劇にもっと使ってほしかったなあ。
    あと、ミレニアム社が誇る防犯設備という割には結構難なく侵入されてるし。もっと侵入にてこずってほしかった!

    要所要所に入れられるキザなセリフは、そこまで嫌いじゃない。

  • うーん。読むのに時間がかかりました。
    セキュリティを突破するという話なのに30分おきに違うグループが入るなど、緊張感が持てません。それぞれの侵入理由もピンと来ませんでした。一つのグループがどうにかいろんな策を労して問題を乗り越えていくとか、脱出できそうな寸前で建物が沈みだすけれどもそこから逃げ出すとか、そういう緊迫感が欲しかったです。

  • もうちょっと何とかならんかったものか。
    設定は面白いと思うんだけど、いかんせん、人物の描き方やセキュリティの突破の描写がイマイチ。
    ハラハラもしないし、感情移入もできない。これでこのミスかぁ。そういう作品多くなっているなぁ。
    若者には受けるんだろうか?

全166件中 1 - 10件を表示

伊園旬の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
東野 圭吾
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

ブレイクスルー・トライアル (宝島社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブレイクスルー・トライアル (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブレイクスルー・トライアル (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする