コーリング 闇からの声 (宝島社文庫 C や 1-3)

  • 155人登録
  • 3.22評価
    • (6)
    • (16)
    • (30)
    • (12)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 柳原慧
  • 宝島社 (2009年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796670296

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

コーリング 闇からの声 (宝島社文庫 C や 1-3)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 未読になってたけど、確か読んだはず

  • 特殊清掃の人が探偵をする話
    残酷な、グロいシーンが多い推理小説。
    グロい以外はありがち?

  • 「このミステリーがすごい」大賞をいつぞや受賞したらしいが
    そんなの知らなくて、表紙の山本タカトさんの絵が良いから
    買ってみたのだが……

    特殊清掃員が風呂場で溶けた女性遺体を処置するが
    どうやら自殺じゃなく他殺かも?との疑念を抱き独自捜査を
    するというお話。

  • 死者の声が聞こえる特殊清掃員が,孤独死した女性の謎を解く話。
    女の執念は恐ろしい・・・

  • 好き嫌いはあると思うけれど、表装も内容もすき

  • パーフェクトプランの方がおもしろかった。
    内容は現実にあるものが描かれていてとてもリアルで想像しやすいが私には合わなかった。

  • 表紙が好きで購入。実在の事件がテーマなだけあって話が頭に入り易い。

  • 展開が速く間延びせず、最初から最後まで一気に読み通せた。
    シンプルな文章で構成されている印象。

    あとは、クライマックスにかけての入りが何気なく始まっていてビックリした。

  • 「パーフェクトプラン」が面白かったので読んでみました。
    まあ、設定はそんなに好きではないのですが、それなりに楽しめたと思います。

  • すべてがつながっている小説を久しぶりに読んだ。今起こっている社会背景を織り交ぜた内容は説得力があるし、想像しやすい。とにかくオモシロイ!

全22件中 1 - 10件を表示

コーリング 闇からの声 (宝島社文庫 C や 1-3)に関連する談話室の質問

コーリング 闇からの声 (宝島社文庫 C や 1-3)を本棚に登録しているひと

コーリング 闇からの声 (宝島社文庫 C や 1-3)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

コーリング 闇からの声 (宝島社文庫 C や 1-3)を本棚に「積読」で登録しているひと

コーリング 闇からの声 (宝島社文庫 C や 1-3)はこんな本です

コーリング 闇からの声 (宝島社文庫 C や 1-3)の単行本

ツイートする