ブクログ大賞

一分間だけ (宝島社文庫)

  • 868人登録
  • 3.96評価
    • (111)
    • (136)
    • (94)
    • (10)
    • (4)
  • 139レビュー
著者 : 原田マハ
  • 宝島社 (2009年6月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796670678

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

一分間だけ (宝島社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 私は今までペットを飼ったことが一度もない。
    この物語の主人公、藍もけしてペットを飼えるような生活環境ではなかった。
    けど、明日消えてしまうと言われたいのちを、
    出会ってしまったいのちのために、
    なにもかもを変え、飼い始めた。
    藍自身が最初から、いのちの重さとか
    最期をみとる責任とかをわかったうえで
    飼い始めたわけではないと思う。
    けど、リラとの日々が当たり前のように
    その責任を全うしようとしてくれた。
    今の世の中、リラのような人生を過ごすことができないいのちもたくさんあると聞く。
    この物語を読んでくれるひとが増えたなら
    そんな現実も、
    少しは変わるような気がしてならない。

  • 恋人と一緒に育てた愛犬『リラ』
    リラの闘病と仕事、恋人との別れ。大好きな愛犬だけど、私にはどうする事も出来ない方法で、永遠にリラがいなくなればいい、自由になりたい。そんな気持ちになる事もある、どんな人にもある。最後は、リラへの最高の愛が溢れ出していて、涙腺崩壊。期待以上でした。

  • 泣いちゃうから家で読んだ方がいいと言われてたのに、電車で読んでしまい号泣しそうになった。
    いないことを願ってしまうところ、引っ越しのところ、病気になるところと、心に響くこと間違いなしの本。

  • 彼氏と同棲中のバリキャリOLが、犬を飼い始める。2人で飼っている間はよかったが、彼氏と別れて1人で面倒をみるようになると、リラ(犬)がいなければ…と感じるようになる。しかしリラが病気になる…というストーリー。
    これ自分の飼い犬が死んだ直後とかに読んでたら号泣したやろうな。しかし主人公は身勝手で好きになれん。
    あとおおむねいい話ではあるし、面白いと思うけど、ザックリ言っちゃうと”よくある話”だな。

  • 僕自身がペットを飼っていないからだと思うが、共感よりも先に人間の身勝手さが鼻についてしまった。決して人を裏切らない純粋な愛ゆえに、それに応えるには中途半端な覚悟ではダメなのだと思う。
    あらすじ(背表紙より)
    ファッション雑誌編集者の藍は、ある日ゴールデンレトリバーのリラを飼うことになった。恋人の浩介と一緒に育て始めたものの、仕事が生きがいの藍はは、日々の忙しさに翻弄され、何を愛し何に愛されているかを見失っていく…。浩介が去り、残されたリラとの生活に苦痛を感じ始めた頃、リラが癌に侵されてしまう。愛犬との闘病生活のなかで、藍は「本当に大切なもの」に気づきはじめる。“働く女性”と“愛犬”のリアル・ラブストーリー。

  • 失いたくない人を大切にしようと思った。
    甘えたい人に甘え過ぎてはいけないと思った。
    当たり前に一緒にいてくれる人とずっと一緒に居たいと思った。

  • 飼っていたそして飼っている犬を思いだす

  • ファッション雑誌編集者の藍は、ある日ゴールデンレトリバーのリラを飼うことになった。恋人の浩介と一緒に育て始めたものの、仕事が生きがいの藍はは、日々の忙しさに翻弄され、何を愛し何に愛されているかを見失っていく…。浩介が去り、残されたリラとの生活に苦痛を感じ始めた頃、リラが癌に侵されてしまう。愛犬との闘病生活のなかで、藍は「本当に大切なもの」に気づきはじめる。“働く女性”と“愛犬”のリアル・ラブストーリー。

  • 相変わらず最高。ですが、あえて苦言を呈するとすれば、今までに読んだ3作品と比べると、クライマックスに至るまでの盛り上がりに関して、一歩劣ると感じました。といっても、そんな感情を抱きながら読み進めていきながらも、最後の段になれば安心して感動に身を委ねられるのは、作者の辣腕ならではで、読み終わってみればやっぱり、これもお気に入りの一冊と呼んじゃえるほどの素晴らしさなのでした。それにしても原田マハ、スベらんな~。

  • 泣いた

    中学生の時拾った愛犬

    家出した時
    泣きたくなった時
    いつもそばにいてくれた

    高校、大学、、、と母に面倒を任せっぱなしにしてしまった
    ちゃんと愛してあげられなかったな・・・
    いまだに後悔の気持ちがこみあげる

  • 原田マハさん、初読です。我が家にもリラと同様に、保護団体から譲って頂いたワンちゃんが居ます。ですので、リラと重ね合わせて読みました。粗相したリラの行動、藍が帰宅した時の行動等、見事に表現されています。最後は、残念ながら看取ることができなかったけど、リラにとって、藍や浩介に会えて良かったと思います。2人は残念でしたが。この本を読んで、早く愛犬に逢いたくなりました。(単身赴任なので)オススメの一冊です。原田マハさん、他の作品も読んでみようと思いました。

  • 5,6年前に旅行に行く際、乗り継ぎで移動の時間が7時間もあったので新幹線の中で読むために駅で購入。
    到着前に読み終わりましたが、思わず涙ぐんだ本。
    ほっこりして、温かくて、とても切ないお話です。
    当時まだ学生でしたが、大人の女性の仕事や恋愛への向き合い方、リラへの愛情にどっぷりハマりました。
    今もう一度読み直したい本です。

  • 当初は「犬の話か。あんま興味ないけど原田マハ好きだからだから読んでみるか」というスタンスでしたが、いい意味で期待を裏切られました。
    犬の話が中心なのは間違いないですが、
    恋愛や仕事の話も絡んできて、
    人生を考えさせる物語でした。
    編集長他、登場する人物も魅力的。
    話の中に出てくる本も、マハさんらしく芸術系の本だったりというお遊び?もニヤリとさせられました。
    極めて5に近い4評価です。

  • GW休日出勤の代休の月曜。
    朝から一冊の本で泣き腫らしました。
    原田マハ「一分間だけ」

  • 取材先ペットショップで遭遇した殺処分まえの生後3か月のゴールデンレトリーバー。
    若いカップルに色んな思いや葛藤、身辺変化なども相まって、一番大切なことを気づかせてくれるイヌ:リラの存在とは。

    様々なジャンル、テーマを書き紡ぐ作家:原田マハ。まだまだ目が離せない。

  • 犬と飼い主の物語って本当にベタなんだけど、大筋にバリエーションがないからこそ書き手の細かい感覚がもろに試される主題なのかなー。淡々と描く状況に心が寄っていく。特筆すべきことはないけど、巧い。

  • 本当に大切なもの、の話。

    雑誌の女性編集者がゴールデンレトリバーを飼い、同棲し、忙しく働き、別れる。女性の女性による女性のための小説なので、28歳男子が読むには恥ずかしい。短文で、ストレート。
    個人的に女性が憧れる女性ってこんな感じなんだろうな、と思って読んだ。居酒屋の店員さんに勧められて読むも、年齢差も感じた。素敵な人生を歩んでほしい。

    新宿紀伊国屋本店で購入。

  • 雑誌の編集者として、プラダを着た悪魔並みのすごい上司のもとでバリバリ働いていた藍が、ペット特集を機に出会ったゴールデンのリラ。同居していた恋人とともに郊外にうつってドッグランに通う。そのうちに、オンとオフのバランスを崩した藍と、ドッグラン仲間に惹かれている浩介は別れを決める。在宅で仕事する康介がひきとる予定だったのに、帰ってきたリラと暮らす藍だけど、そのうち癌になって…
    大好きな家族の一員であるペットが病気になって死んじゃうなんてそれだけでも切ないのですが、今回はちょうどうちのワンコも亡くなったあとだったので号泣の一冊でした。

  • 確かに感動的なストーリーではあった。
    きれい事だけではない、仕事も恋もオシャレもしたい女性の本音を、良く言えば逃げ隠れせずに正直に描いたのだろうけれど、それでもどうしても人間中心のエゴがちらついて、読むのが辛かった。
    それでも軽くそれを上回る純粋さとひたむきさで人間を愛し信じてくれるリラに、最後は応えてあげて欲しかった。
    2015/11

  • ファッション雑誌編集者の藍は、ある日ゴールデンレトリバーのリラを飼うことになった。恋人の浩介と一緒に育て始めたものの、仕事が生きがいの藍は、日々の忙しさに翻弄され、何を愛し何に愛されているかを見失っていく…。浩介が去り、残されたリラとの生活に苦痛を感じ始めた頃、リラが癌に侵されてしまう。愛犬との闘病生活のなかで、藍は「本当に大切なもの」に気づきはじめる。

  • ペットを飼っていないと、愛犬のために仕事に穴を開ける姿勢は受け入れ難いが、いつも仕事に一所懸命な人かあれだけの覚悟を持ったら、もう何も言えない。

  • 表紙を見て、泣き系かなと思い、2ページくらい読んで、号泣しそうだなぁと思ってましたが、そのとおりでした。
    電車で感涙しないよう、クライマックスは自宅で読まないと、と思ってましたが、一気読みしてしまい、電車で震えてました。
    切ないペットのお話も心温まる話ですが、個人的には二人の関係が妙にココロに刺さって辛くもあったけど、少し納得感もあったり。いろいろ思うところがあった本でした。
    ペット+プラダを着た悪魔って感じかなw
    マハさんの作品はハズレが無いなw

  • 原田マハ作品が大好きだ。
    けれどこの本だけは…。
    なかなか手に取れなかった。

    家族にも知られぬよう、
    夜中にこっそり読んだ。

    リラの最期に間に合わなかった藍。
    やはり遠い記憶と重なってしまった。。


    その日、私は仕事で少し遅くなっていた。
    ケータイに妻から電話が入った。

    「今夜はまだ…帰れない?」
    「今から帰るとこだけど…なんかある?」
    「ん。レイチェルがちょっと…具合が、ね」

    口ごもる妻の様子がおかしかった。
    あとから聞くと、バイクで帰る私が
    急ぎ過ぎて事故を起こさないように
    はっきりとは説明しなかったのだ。

    私が帰宅したとき、レイチェルは
    冷たくなっていた。

    私たち家族が初めて育て、愛した
    ゴールデンリトリバー。享年7歳。

    いつもシャンプーカットしてもらう
    お店の車で、いつものように
    送ってもらって帰ってきたそうだ。

    自宅の前で妻に迎えられ、喜んで
    妻の周りを飛び跳ね、エプロンに
    しがみつき…不意にふーっと大きな
    息をひとつ吐いて、そのまま道路に
    横になったという。

    いつものように甘えて、お腹をなでろと
    言ってるように見えたらしい。
    「んもう。シャンプーしたばっかり
    なのに、そんなところで寝ないでよぉ」

    そんな言葉をかけながらお腹に手を
    当てた時にはもう…心臓が止まっていた。

    急性心不全…としか言いようのない、
    突然の死が、レイチェルを僕らから
    奪い去った。。

    あれから何度も考えた。
    死に目に会えなかった僕と
    目の前で死なれた妻と
    どちらの方が辛いのだろう。。

    とても賢くて、優しくて、よく笑う子
    だった。雷が鳴ると怯えてしまう弟分の
    ウェルシュコーギーを、自分の身体で
    すっぽり覆ってかばってやる…そんな子
    だった。

    リラの物語に触れて…思い出さない
    わけにはいかなかった。

    犬や猫を
    家族として愛したことのない方には
    わからないかもしれない。

    でも…レイチェルと過ごした時間が
    今の私たち家族を作ったのです。

    よい本でしたが…再読は難しいと思います。

  • ペットを飼う事とは、子供が生まれる事と変わりなく、家族が増えること。その大切な家族がもう出遅れになるまで気づかずに、仕事が第一だとか、イケメンがいいとか、アホな事に夢中になって、苛々した。こういう人が周りにいると、大変だろうな。

全139件中 1 - 25件を表示

一分間だけ (宝島社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一分間だけ (宝島社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

一分間だけ (宝島社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

一分間だけ (宝島社文庫)の作品紹介

ファッション雑誌編集者の藍は、ある日ゴールデンレトリバーのリラを飼うことになった。恋人の浩介と一緒に育て始めたものの、仕事が生きがいの藍はは、日々の忙しさに翻弄され、何を愛し何に愛されているかを見失っていく…。浩介が去り、残されたリラとの生活に苦痛を感じ始めた頃、リラが癌に侵されてしまう。愛犬との闘病生活のなかで、藍は「本当に大切なもの」に気づきはじめる。"働く女性"と"愛犬"のリアル・ラブストーリー。

一分間だけ (宝島社文庫)の単行本

ツイートする