トリセツ・カラダ

  • 854人登録
  • 3.64評価
    • (46)
    • (64)
    • (83)
    • (10)
    • (6)
  • 94レビュー
著者 : 海堂尊
  • 宝島社 (2009年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796673082

トリセツ・カラダの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いい本です。
    勉強になりました。
    医学の基本というか、体の基礎知識はもちろんですが、序論、総論、各論、概論や、難しいことを簡単に教えるなどのこと、分解して、理解し、教えるということなども、基本的な学習の仕組みの部分なども勉強になった。
    本当にとてもよい本だと思います。
    ただ、Aiについての部分だけは、そう思わせようとする意思というか、作為的な感じを受けてしまったので、ちょっとそこまでよかっただけにがっかりした。
    でもよい本です。
    Aiの部分も主題からのつながりもないわけではないですし。

  • 解剖学のとっかかりの為に、友達が買った本。
    とてもわかりやすく「人間の地図をかく」本である。
    イラストが可愛い。
    シンプルに、人の中身を書く方法が書いてある。
    解剖学がたのしくなりそう。

  • 勉強になるし、楽しい本です。

  • 海堂尊さんの推理小説はいくつか読みましたが、カラダについてもっと良く知っているほうが面白いだろうな~と。パラパラめくった段階では思います。自分のことは以外と知らないものではありますが、自分の臓器の位置もあまり分かっていないものですね。お腹が痛い時、胃が痛いのか心臓が痛いのか、良く分からないですもの。

    立ち読みで済ませましたが、家にあると来客時にネタを提供できるメリットがあります。お金の余裕があれば、装丁もかわいいので購入しても良いかもしれません。

  • 体の仕組みや働きなど、とてもわかりやすくてかわいいイラストもあって面白かったです☆
    こんな本が教科書だったらよかったのに…(笑)

  • 面白い。高校や医療学校で習ったことがコンパクトにわかいやすく説明されていて、とてもいい。十二指腸の乳頭部ってここかぁ…と思った。他、遺伝子とDNAの実態もヨシタケシンスケさんのイラストでわかりやすい。生物が苦手な子でもかなりOKそう。

  • 読んでる本登録から相当時日が経ってしまった。読み始めは確かにカラダ地図を正確に描くことができなかった。すると、何だか教科書を読んでいるみたいで続けて読むことができなくなってしまった。そして、今日一気読みして読了。とりあえず通しで読んでみようと思った。本書のターゲットは生物を履修する中高生だろう。その年代に合うよう極限までそぎ落とした医学の講義だった。

  • この本の目的は読み終わったあと「カラダ地図」を描けるようになることです。冒険に挑む大切な必需品、それがカラダ。だから自分のカラダのことを誰よりもよく知っておこう!ドラマ化もされた小説『チームバチスタの栄光』(一般:Fカイ)を書いた作家でもある著者が、ユーモアを交えて分かりやすく解説。同著者コンビの『トリセツ・ヤマイ』もあわせてどうぞ。

  • 体内の絵が描けるようになれます。

全94件中 1 - 10件を表示

海堂尊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

トリセツ・カラダに関連するまとめ

トリセツ・カラダの作品紹介

『チーム・バチスタの栄光』ベストセラー作家が、現役医師の立場から書いたカラダの取扱説明書。カラダのミステリーを解き明かそう。

ツイートする