イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)

  • 4183人登録
  • 3.40評価
    • (159)
    • (397)
    • (608)
    • (143)
    • (23)
  • 288レビュー
著者 : 海堂尊
  • 宝島社 (2010年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796673594

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)の感想・レビュー・書評

  • 感想は下巻にて。

  • 上下巻に分けるほどの厚さでしょうか?

  • 東城大学医学部付属病院4階。万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長に呼ばれ、無理難題を押しつけられようとしていた。「お願いがありまして…」そう言って取り出した依頼状の差出人はあの火喰い鳥、白鳥圭輔。厚生労働省で行われる会議への出席依頼だった。幻の短編「東京都二十三区内外殺人事件」をプラスし、全面改稿した田口・白鳥シリーズ第4弾。,"
    厚生労働省をぶっつぶせ!!

    医療事故を裁くのはいったい誰なのか!

    東城大学医学部付属病院不定愁訴外来の責任者で、
    万年講師の田口公平は、
    いつものように高階病院長からの呼び出しをうけていた。

    高階病院長の”ささやかな”お願いは厚生労働省主催の会議出席。
    依頼主は、厚生労働省役人にてロジカル・モンスター、白鳥圭輔。

    名指しで指名を受けた田口は嫌々ながら、
    東京に状況することを了承した。
    行き先は白鳥の本丸、医療事故調査委員会。
    さまざまな思惑が飛び交う会議に出席した田口は、
    グズグズの医療行政の現実を知ることに・・・


    むずかしいけどわくわくして読めてしまう。

    常にそのスタンスのこの世界。

    ちょくちょく難しい単語が出てくるので私は混乱ですが

    厚生労働省メンツが出てくるとちょっと安心です。

    この方のシリーズファンが多いもので図書館で見つけたときはちょっと嬉しくなったけどね!

    さて

    今回の作品だけがまだドラマ化されていないという情報は手にいれていたのですが

    読んでみてなるほどな!と納得でした

    これ無理でしょ?できないでしょ!みたいな

    面白おかしく書いてあったけど今回のはミステリーじゃなくて今現在の医療関係の問題点の示唆!

    作者の主張がフィクションの小説という媒体で語られているというイメージです。

    本書の中では厚生労働省の役人とか頭の固そうな司法のお偉いさんを市民の目線にいる医師がこてんぱんにやっつけてくれるんですね。

    ほんで安心やと思ったらこれがフィクションの世界だと我に返るみたいな感覚に陥りました。

    作者が医師ということもあってこのフィクションにリアリティがありすぎて怖いです。

    まるで現実世界じゃない完全フィクションの世界と笑い飛ばしたいような内容が書かれているんだもん。

    どこまで本当でどこからフィクションなんでしょう

    今回の物語の主流は会議一本!

    なので事件を解決したり、殺人トリックを見ぬいたりなんてことはありません。

    社会派小説っぽいコメディですな。

    けれど相変わらず個性的なキャラクターたっぷりで彼らの通称名(火喰い鳥とか氷姫とか)聞くたびにドキドキします。

    今回一番ときめいたのがまさかのミスター厚生労働省八神さん!

    最初のほうは全然気にもしていなかったし絶対負け犬キャラだと思い込んでたのに!!

    彦根先生にアワアワさせられたり、いろいろ裏で工作しているときはむしろ白い目で見てたのに

    「てめぇ、この俺のハシゴを外しやがったな」

    のセリフにズッキューーーーーーーーーーーンときた

    この粗っぽい喋りがたまんね!

    さっきまでアワアワしてた人とは思えんわ!!!!!

    あとは電子猟犬がイケメンな事実と彼と組まされてる玉村警部補が好物です。

    いやぁみんな絶対好きだろ玉村警部補!私どんなキャラか知らんけど!

    意味もなく高嶺さんに奪われてほしい(ほんとに意味ないけどね)

    高嶺さんと白鳥さんの会話の流れが大好きです。

    スカーレットさん見てみたい!

    確研カルテット!カルテットの集合期待!

    円卓会議で次回は話を回してほしいな!

    「それなら俺を支持しろ。俺はいずれこの国のトップになる... 続きを読む

  • 多分再読2回目。「チームバチスタ〜」で医療殺人を解明する決め手となった死亡時画像診断の制度の成立を巡り、厚生労働省内外での利権の争いを各勢力が繰り広げる話の流れ。上巻なので詳しい感想は下巻に書く。登場人物が多く混乱するが、逆にこの制度がどのようになるのか。ゆっくり読んでいきたいと思う。

  • 下巻まで読了。実家に帰ったときに、妹がつまんなかったから捨てるとか心ないことを言い放っていたので、可哀想だから引き取ってきたら面白くて仰天、みたいな。海堂尊なんて今やメジャーすぎるからあえて手つけてこなかったけど、人気の理由はコレかぁ、と。ゴリゴリの医療ものかと思ってたら文章は若くてカジュアルだし、ラストの彦根の部分なんかスピード感あって一瞬でぺろり。すかさずバチスタを買いに走った次第でありました。

  • 面白かった( ´ ▽ ` )ノ。
    出版形態の面で問題が多すぎた前3作(ナイチン、螺鈿、ジェネルー)を終了して、ようやく「バチスタ」本来の続編が登場した、という感じ( ´ ▽ ` )ノ。
    変人・陰謀・私利私欲( ´ ▽ ` )ノ。
    組織(役所、病院)VS理想に燃えるヒーロー、という図式がはっきりしてきて、フジがテレビ・映画化したがる理由が分かった( ´ ▽ ` )ノ。「踊る」「海猿」とおんなじ構図だもんね( ´ ▽ ` )ノ。

    ムダな文章がかなり減ってきたし、空疎なウケ狙いも控えめになってきたし、小説としての完成度もグンと上がった( ´ ▽ ` )ノ。

    またエーアイ話か……と思わなくもないけど、これはもうドーソン作品すべての共通テーマなんだろうな、と割り切ることにした( ´ ▽ ` )ノ。
    結局、これを訴えたくて小説を書いているんだろうから( ´ ▽ ` )ノ。

    2016/01/25

  • 解剖に回される死体の数がそんなに少ないなんて思っていなかった。また、医師が見逃してしまえば、事件化されない事案もあるのかもしれない。

  • <上巻>2015.10.27 ~ 30
    <下巻>2015.10. 30~ 11.9
    ほとんど死因不明社会への警告と告発のような内容。日本では全死者数に対して解剖等の実施率は2%前後、警察取扱い死体(異状死)でも解剖率11.0%というのが実状で主要国と比較して極めて低率らしい。 何をかいわんやだが、最後まで突き詰めることなく曖昧部分を多く残しておきたい国民性なのだろうか。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    東城大学医学部付属病院4階。万年講師の田口公平は、いつものように高階病院長に呼ばれ、無理難題を押しつけられようとしていた。「お願いがありまして…」そう言って取り出した依頼状の差出人はあの火喰い鳥、白鳥圭輔。厚生労働省で行われる会議への出席依頼だった。幻の短編「東京都二十三区内外殺人事件」をプラスし、全面改稿した田口・白鳥シリーズ第4弾。

    【キーワード】
    文庫・ミステリー・医療・シリーズ・ドラマ化

    ++1

  • もはやミステリではないのでは、と思う内容に。
    今回はモンスター官僚白鳥のフィールド。

  • 医療事故をめぐる第三者機関を設立するための会議に集められた人々。
    しかし医師、法律家、被害者遺族、それぞれの立場が違いすぎて、「船頭多くして船山に登る」「会議は踊る」状態になってしまう。
    そうやって議論しているふりをして、何もしないのを最善とする官僚・法律家たちの思惑と、医師を守るために戦おうとする人々(イノセントゲリラ)の化かしあいのバトルの話。

  • ああー、こういう医療ビジネスだの法医学だのの検討会っつう内容は苦手だわ~~。
    読んでても頭を素通りして行ってしまう。。。
    結構、退屈。。。。
    読み出したので、一応、下巻も読むけど、海堂さんの本はもういいかな~。って思う。。。

  • チビ1号、移動図書館にて

  • 話がブチブチ切れて読みにくい。
    ネタ出しの為の上巻。

  • 上巻は、登場人物がみんな出てきたところでおしまい。お楽しみは、下巻。
    医療過誤をめぐる、司法と警察と医療関係者と被害者の仁義なき戦いの予感がする。

    医療に限らず、人間が起こしてしまうミスをどうやって防ぐか。人間はミスをする。そのミスの被害者と加害者の折り合いをつけることは難しい。この本では、あえてそこに切り込んでいる気がする。

  • 面白いですね。少し難しい部分もありましたが。本質的にはノンフィクションに近い部分があるのかな。。とりあえず下巻に。

  • 2014/3/20
    下巻へ

  • 難しいけど面白いとしかまだ言えない。
    前作や関連作からの登場人物が多く、私自身の中ではなかなかつながらないが、章に日付けなども書いている点、海堂さんの中ではきちんと時系列化され登場人物も生きているのだと思うとすごいとしか言いようがない。

  • 久々に読むこのシリーズ、登場人物とか忘れていそうだし、前作(?)の螺鈿迷宮も読んでないから話が分からなくて面白くないかも…って、思っていたけど、意外とすんなりとストーリーに入れた。田口&白鳥コンビのやり取りが懐かしくも楽しくてどんどん読み進めてしまう。

  • 今回は厚労省が舞台。医療事故調査委員会の委員に推薦された田口先生。またまた何やら面倒なことに巻き込まれてしまいました。解剖なんて縁がないことだと思っていましたが、もしかしたら犯罪が見過ごされているかもしれないのですね。かといってすべての死因を究明するために解剖も出来ません。本当に良い方法があればいいのに、と思います。さて、田口先生がこれから委員会でどのような役割を果たしていくのか、白鳥さんの思惑は何なのか、楽しみに下巻を読むとします。

  • 死亡解剖をめぐる事故調委員会での攻防 宗教団体での不信死がこれから明らかになっていくのかな?
    下巻に続く

  • 続きが気になるのですぐに(下巻)へ。

全288件中 1 - 25件を表示

イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)に関連する談話室の質問

イノセント・ゲリラの祝祭 (上) (宝島社文庫 C か 1-7)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする