イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)

  • 3852人登録
  • 3.47評価
    • (162)
    • (399)
    • (530)
    • (119)
    • (15)
  • 266レビュー
著者 : 海堂尊
  • 宝島社 (2010年1月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796673617

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)の感想・レビュー・書評

  • 田口&白鳥コンビの、霞が関の関、後編。

    前作の平行線から一転、昼行燈、田口せんせの空気を読まない発言で、さざ波をおこし、フィクサー&クラッシャー彦根の登場で、一気に大論理戦が繰り広げられる。流れるような展開、反対派を批判する形で、論点を明確にする手法は見事。

    どこまで現実なのかわからないけど、少なくとも、全く嘘ではないことは明らかで、これを出版した、いや、できたのはすごいことなんだろうな、とも思えるくらいの勢いで、ぶった切っている。

    ただ、個人的にはやっぱり、医療現場から離れちゃったことで、若干人間味が薄れる、というか、当事者がいて、特定の事件があってそこに起こった矛盾から、医療問題を啓発する、という手法の方が、知識のない読者にとっては、身近でわかりやすく、物語としての面白さも残るなと思う。

  • もはやミステリではないけれど、「医療エンターテインメント」と呼ばれるのがしっくりくる痛快な展開でした。

    お役所の会議って本当にこんな感じなのかな?と思いつつ、
    予算を付けちゃえばあとはやらざるを得ない、とか、
    あえて目標達成させずにフェードアウトを狙う、とか、
    企業も含め、大人の思惑が跋扈する世界にはまああることだよなーとも感じられ。

    今後のシリーズがどのような道を行くのか、気になりすぎる作品でした。

  • 2014/3/24
    いくつかとばした感じですね。
    このシリーズだけを順番に読んでてはいけないのか。
    ジェネラルルージュがおもしろかったから期待してたけどこれは難しかったわ。
    官僚っていっつもこういう風に描かれてるけどホントはどうなんかな。

  • 本作では、死因究明制度に関する諸々の問題と、医学生の受け入れの変化、医師法二十一条について書かれている。一人の天才が放ち正論を、その他の馬鹿が理解できないがために黙殺されるのはあってはならないことだ。足並みをそろえることを重要視してきた日本的な思考なのだろう。
    海堂さんのすごいところは、考えを言葉にできることだ。小説家というのはそれが仕事なのだろうが、海堂さんの扱うテーマからして、他の小説家より間違いなくすごい。しかも小説家は副業なわけだし。
    バカな私には完全に理解できたとは言えないし、ましてやこの小説が掲げている問題点に関して言葉で説明することなど到底できないが、だからといって他人事としていい問題ではなく、死因究明に関して問題視することが重要なのだろう。
    身近な人が異常な死に方をしない限り、死因究明に関することについてなど関心を示す機会はないだろう。しかし問題は大きくまた早急に対応すべきものである。
    「面白い小説を書く」人がこういった問題をとりあげれば、その分野に興味のない人にも読まれ多くの人に問題提起できる。
    小説は物語なのだから魅力的でカリスマ性のある人物が出てくる。今回は彦根だろう。また気になる人物として西郷や坂田局長、桧山シオンが出てくる。しかし、現実はどうなのだろう。医療問題について小説にしている人は私は海堂さんしか知らず、しかも様々な医療問題について書いているのは海堂さんひとりだ。ひとりでできることはたかが知れているし、海堂さんの専門を見る限り本作についてなのだろう。カリスマ性のある者の、有権者を論破するくだりを書き読者をカリスマ側に引き込むが、それを白鳥を使って現実に戻す。地に足がつく範囲からやっていこうという現実的な話は実際現実にも適用できるのだろう。
    現代医療が小説と同様な問題を抱えているのかはわからないが、これらを問題視し且つ解決に導く努力が必要である。
    それでは私にはいったい何ができるのだろうか。
    起きてしまったことは仕方ないその後を考えよう、というのではなく、起こさないようにするにはどうすればいいのかという彦根の考え方はものすごく好きだ。

  • 海堂尊さん「イノセントゲリラの祝祭」下巻、読了。厚生労働省のロジカルモンスターこと白鳥圭輔から呼び出しを受け、田口は日本権力の中心地、霞ヶ関に乗り込んだ。そこで田口が目にしたものとは。。
    上巻で登場したキャラが医療事故調査委員会で討論を繰り広げる。ラストに近づくにつれ「新キャラはいつ登場するのか、どんな展開になるのか?」ワクワクしながら一気読み。医療行政に関する問題提起の箇所など、知らないことも多くタメになった。また所どころで他作品へのつながりを感じさせる箇所や、意味深な表現があり、他の本も読みたい衝動にかられました。

  • 難しくて 何度か睡魔が‥‥

  • 下巻。上下巻を通して長ーい会議の議事録を読まされた感じでした。終盤彦根が出てきてぐだぐだな流れをぶった切ってくれるのかと期待したけど、結局グダグダと長かった。つまり「エーアイやろうぜ!!」っていう作者の主義主張はわかったけど、物語としての面白さは感じられなかった。白鳥どんどん空気になってない…?
    小説上の物語かと思って読んでいたけど、ほぼノンフィクションだと解説で書かれていて驚いた。この解説が書かれたのが2009年。それから8年経ってるけど、エーアイはどの程度浸透しているのだろう…??
    今後このシリーズが政治とか官僚とかの方面にシフトしていくとしたら、読み進めるのをためらうなぁ。とりあえず、派生作品が沢山あるので、螺鈿迷宮は読もうと思います。

  • 良くも悪くも彦根の独擅場だ。檜山シオンまで捨て駒にして厚労省の会議に割り込んでくるとは……著者は現実の厚労省や解剖至上主義者に相当の不満を持っていたのだろう。彦根の会議場での演説は、そのまま行政運営へのアンチテーゼだ。彦根とイノセントは馴染まないな。死因不明社会に一所懸命立ち向かう名も無き医師達こそがそう呼ばれるに相応しい。全省庁横断的な死因究明制度の創設という大風呂敷は広げられたが、それはまた別の話……

  • 言っている内容が難しくて、分かったような分からないような、そしてたぶん分かっていない、そんな感じ。それでも読み進めていけたのは、作者の腕かな。
    内容は医療ミステリーではなかった。今の現実を見せて、作者の主張を述べる、それが小説の形になっている。そんな内容だったと思う。勢いはあるけど、理解しきれない自分にとっては持て余してしまうような本だった…。
    まだこれだけでは終わっていない、これからも続くんだろうけど、このままずっと、このシリーズは作者の主張メインになっていくのだろうか…。もう少し読んでみようと思う。

  • 院長代理で厚生労働省で行われる会議に出席することになった田口は天敵の白鳥と飲みに行った帰りに、不審な遺体を発見するが白鳥の指示で遺体を運ぶことになり監察医務院制度の格差を目の当たりにする。
    その矢先、田口は新たな会議のメンバーに選任された。解剖至上主義の法医学者、遵法精神に拘る法律家、蚊帳の外にされる遺族、それぞれの主張に翻弄され骨抜きにされていくのだが…。
    会議室でのやり取りを中心に展開する小説を初めて読みました。それにしてもクセのある登場人物が多いなァ…。
    死体の移動のあたりでもの凄い既視感に襲われましたが『玉村警部補の災難」を先に読んでいたからだと判明。

  • 作者の主張とエンターテイメントがバランスよく共存していますが、少し主張が強すぎる気もします。

  • 厚生労働省のロジカル・モンスターこと白鳥圭輔から呼び出しを受けた田口公平は、医療事故調査委員会に出席するため、日本の権力の中心地、霞ヶ関に乗り込んだ。だがそこで彼が目にしたのは、崩壊の一途を辿る医療行政に闘いを挑む、一人の男の姿だった。累計780万部を突破する田口・白鳥シリーズの、新たなる展開に注目。大人気メディカル・エンターテインメント第4弾

  • 厚労省の委員会とか、ふつうの作家ってそんなこと題材にしない
    作者は医師だとしか知らなかったので、経験があるんだろーなーくらいにしか思ってなかったけど、次巻 ジェネラルの伝説を読んで納得。彦根は作者自身か…
    小説にして世論を味方に付けるのは賢いと思う。医療は不謹慎かもしれんがエンターテイメント性も高いし、万人受けするから手っ取り早そう

  • まとめるとエーアイ(死亡時画像診断)の制度を定着させるために制度の既得利益を守ろうとする厚生労働省の官僚、法医学者、解剖・病理医学者とエーアイ推進派が論争を繰り広げる話。印象としては委員会での賛成派・反対派の議論を文章で追いかけていくという形なので白鳥・田口が大活躍するという面ではいささか物足りない。でも賛成派の彦根が、厚生労働省の官僚・法医学者の反対派を主張でねじ伏せていく部分は読んでいて痛快だなと思った。今後どう進んでいくのだろうか。続きも読んでいきたいと思う。

  • 下巻のラスト1/3くらいの検討委員会式の会議バトルがすべて。実際の国の委員会でこんな風に議論が闘わせられるのは見たことがないけど・・
    解剖率が2%というのと、解剖1体につき25万円かかるというのが驚き。

  • ドーソン10作目読了にして、やっと桜宮サーガの真の主人公が「エーアイ」そのものであることに気づいた( ´ ▽ ` )ノ。
    田口白鳥だの、ジェネラル・ルージュだの、東城大学だの、すべてこのテーマを語るための道具にすぎないんだね( ´ ▽ ` )ノ。
    官僚の私利私欲・エスタブリッシュメント・縄張り意識に大笑い( ´ ▽ ` )ノ。
    エリートを突き詰めると、非人間的というか、むしろ蟻とか蜂とか昆虫っぽくなるのかね( ´ ▽ ` )ノ。

    ドーソン作品を読んでると完全にエーアイ至上主義に染まってしまうけれど、こうまでワンテーマでゴリ押しされると、ちょっと危険な気もしてくるな(;`・_・´)ン-。
    物事には必ずウラとオモテがあるもの。
    本作にも西郷だの八神だの反対論者が描かれてはいるけれど、現実世界のエーアイ批判側の意見もちゃんと聞いておきたいものだ( ´ ▽ ` )ノ。

    出てくるキャラクターほとんどが昔の知り合い同士、ってのもどうかね( ´ ▽ ` )ノ。
    エリートの世界はこれほど狭いんだってことかね( ´ ▽ ` )ノ。
    美形と変人ばっかりなのも相変わらず( ´ ▽ ` )ノ。

    2016/01/26

  • 白鳥と同じくらい弁の立つ彦根さん。
    最終的には理想論まで語ってしまったのはやり過ぎだと思った。シオンさんが田口と会うのはいつ頃になるのか。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    厚生労働省のロジカル・モンスターこと白鳥圭輔から呼び出しを受けた田口公平は、医療事故調査委員会に出席するため、日本の権力の中心地、霞ヶ関に乗り込んだ。だがそこで彼が目にしたのは、崩壊の一途を辿る医療行政に闘いを挑む、一人の男の姿だった。累計780万部を突破する田口・白鳥シリーズの、新たなる展開に注目。大人気メディカル・エンターテインメント第4弾!

    【キーワード】
    文庫・ミステリー・シリーズ・医療


    ++1

  • ミステリーではない
    会議での純粋理論構築の話

  • 霞ヶ関にある厚生労働省の検討会を舞台に、彦根先生が牙を剥く。それなのに、最後に白鳥さんが軽々と言いくるめてしまう、爽快さ。極北クレーマーは以前読んでいたので、ほかの書籍の内容がちらほら出てくるのも、状況をシンクできて面白い。

  • 下巻は上巻よりもスピーディーに展開して、迫力のあるストーリーで一気に読んだ。
    この本を読むまで、医療と司法の対立なんて疑問にも思わなかった。。。まぁ、日本に住んでないので知らなかったのは当たり前なんだけど。。。
    死体解剖がこんなに粗末にされてるとはね~。
    彦根の言ったことはちょっと究極過ぎるけど、よーく分かったし支持したいと思う。
    医療と司法が均等に両立できる日はくるのかな。

    今回は、白鳥のボケさが際立ってて、緊迫した雰囲気を和ませてくれ楽しめた。結局、田口は下巻ではイマイチだったね~。

  • チビ1号、移動図書館にて

  • 自分の考えを主張する時は、普通は立ち位置をハッキリさせておくことが大切。また、相手の考えも受け入れることも大切。会議では、往々にして後者がないがしろにされることがある。自分の立ち位置を守りたいから。
    後半はこういった展開の会議になって行った。
    読んでいる時は、「そうだそうだ!もっと行け〜!」という感情に支配されてしまう。内容も現実の医療行政の見直しに絡んでくるから、判官贔屓の気持ちも手伝って、霞ヶ関のやり方にイライラする。
    でも、最後のオチでホッとする。
    それにしても、最後まで明かされなかった伏線は、いつ回収するのだろうか。これは後の作品が楽しみだ。

全266件中 1 - 25件を表示

イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)に関連する談話室の質問

イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

イノセント・ゲリラの祝祭 (下) (宝島社文庫 C か 1-8)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする