アリアドネの弾丸

  • 3133人登録
  • 3.67評価
    • (179)
    • (529)
    • (439)
    • (59)
    • (8)
  • 439レビュー
著者 : 海堂尊
  • ¥ 1,543
  • 宝島社 (2010年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (413ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796677417

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アリアドネの弾丸の感想・レビュー・書評

  • おもしろかった!
    いつもどり読みやすく、サクサクと読了。
    作中で、トリックの説明をビジュアルを活用しているのを、文書として読むという矛盾!? 最初から映像化をを意識しているのかな?
    続きに期待します。

  • 白鳥サイコー!頭のキレが半端ない!
    さすがロジカルモンスター!

    宇佐美だけが悪者と扱われ、トカゲの尻尾切りの様な悲しい結末を迎えてしまった。
    宇佐美の裏で隠れている本当の悪を暴いてほしかった。こんなにも報われない死があるなんて。
    悲しくなった。

  • 何とも悲しい物語だった。ミステリーの物語で人が死ぬということはそんなに珍しくないのだが、こんな悲しい死に方もあるんだと思った。

  • 「「チームバチスタの栄光」から始まり田口・白鳥シリーズ5作目の作品。

    海堂氏の作品は病院を舞台にしたサスペンスが多く
    強引な設定ながら現代の主に医療の時事問題を絡ませて
    読者の興味を駆り立てる。

    今回も医療対司法を医療側の正義からみた話だった。
    実際にあったら大変な事件だけれどなくもないかもと思わせる。
    1のリアルと9のフィクションを混ぜあわせてスパイスを聞かせたようなそんな感じ。

    この著者の話は全ての登場人物がほぼ同じ時代の同じ世界で展開されている。
    なので、別の話の登場人物がこのシリーズにでてきたり、またその逆もある。
    この話にも、別の話への布石だなという人や事柄が出てきていた。
    今後の展開も期待したい。

  • ドラマにもなったベストセラー「チーム・バチスタ」シリーズの海堂尊さんの作品。他の作品同様厚生労働省の異端児白鳥と、人畜無害の皮肉屋医師田口のアンバランスコンビが医療の闇を追う。
    今回のテーマは「死因不明社会」。現実の問題として多くの変死体は詳しく調べることなく医師が「心不全」と判断することがあるそうだ。
    田口の同僚の死から始まる謎。蠢めく国家権力。そして新たな事件。これら全てが結びついた時、物語はさらなる展開へ。
    見所は何と言ってもロジカルモンスター白鳥の論理バトル。彼の発言は全て意図があるので、一言も見逃すことはできない。ラストで白鳥の考えが分かった時の快感をぜひ味わってほしい。バチスタファンでもそうでなくても、白鳥の話術にハマってしまうことだろう。
    Kamelame
    本館2階学習室(日本の小説) 913.6||Ka

  • ちょっと苦しい話の展開、ほかの作品と比べるとスムーズにのめりこめない。

  • 思いっきり推理小説だった。私には合わない。推理を聞いて終わった。

  • 海堂作品は各キャラが立ってるからどれも面白いけど、やっぱりバチスタ、螺鈿などのミステリー風味の方が読みやすくていい。アリアドネもばっちりミステリーで面白かった。

  • 白鳥田口コンビですが、白鳥メインで事件解決かな。トリックは文章のみではイメージしにくい点が有ったので、私は出来れば図解が欲しいなと(;゜∀゜)

  • 前作に事件らしい事件がなかったから、今回は事件てんこ盛りで楽しめた。白鳥の活躍お見事。

  • バチスタシリーズ5作目

    今回もAiにまつわる医療と政治と司法と警察の話
    そろそろ背景知識のない私には
    理解が厳しくなってまいりました。。

    シリーズの最初のほうが専門用語は多いけど、
    話はわかりやすかったからおもしろかったなー
    というのは素人考えなのかもしれないけど
    さすがに話がややこしい

    ドラマを観たらストーリー変わってた
    まぁ、確かに高階病院長を出すと
    これまでの経緯を全部説明しなきゃいけないからね・・・

  • 病院内で警察官が拳銃で殺された。犯人は病院長?!
    海堂尊を一気読みしています。田口センセイシリーズはミステリーなんだった。
    腹黒ダヌキの高階院長が、スリジエシリーズではアメリカ帰りの優秀な外科医だったのを懐かしく思い出しました。
    今回で、医療対司法の争いは医療が1勝。海堂尊の本たちの大きいテーマは、医療対司法。
    海堂尊の本は、出た順番じゃなくて、物語の時系列で読んだ方がおもしろい。伏線やら人物の感情やらが分かってより楽しめる。
    今回で言えば、高階院長がスリジエセンターを潰したことをずっと後悔してるとか。

  • 設定が若干突拍子もない気がしますが、シリーズとしても単品のミステリとしても楽しめました。

  • 「南」を題材にしたミステリー。
    MRIの特性をうまく利用していてすがすがしい。
    ロジカルモンスター白鳥の独壇場。いやここまでやられると、拍手喝采しかない。そこまでやるか?普通。
    こういったロジカルシンキングができると、議論で負けないんだろうな。

  • 時期は輝天炎上とオーバーラップしています。
    でも、医学生主人公の輝天炎上とは違い、本編は田口先生が主人公なので、話が少しめんどくさい感じです(笑)
    また、正確にクセはあるけど、先手先手を読んで問題を解決していく白鳥さん、とってもかっこいいです!

  • シリーズものだから続けて読んでいるけど、前回からだんだん専門用語が多くて難しくなって、読みづらくなっていく。田口先生のキャラがなんか変わってきた気がするのは気のせい?白鳥の登場で救われる。白鳥のおかげで読了。

  • 海堂尊やばいな。白鳥のロジックモンスターっぷりはもはや、痛快を通り越して凜然とすらしている。謎解きが始まり、白鳥が口火を切った瞬間にはゾワッと鳥肌が立つ思いだった。ただ、このロジックモンスターを掌の上で転がしているのは、やっぱり海堂尊なんだな。付言すべきは、海堂尊の掌のってあまりに広大なんだな。それって幅広い知識からくるのか、豊富な語彙からか、はたまた成功無比な論理からかはわからないけど。んで、その洋々たる掌の上で泳がされてる登場人物達はやっぱり自由闊達なわけで。掌の上で転がされているにも関わらず、傀儡然としておらず、むしろ生き生きとしているという点で、海堂尊はヤバイのだ。

  • 白鳥田口シリーズ第五弾。
    ミステリーに戻ってきた感じ。
    前半はイノセントゲリラの祝祭の影響でいまいち面白味にかけるが、事件が動き出してからは面白い。
    影の薄い田口先生に、意外に有能なのにゴキブリ呼ばわりの白鳥技官を始めキャラクターが( ・∀・)イイ!!
    特に狸寝入りの高階院長と藤原看護師最高!(笑)

  • やっぱり面白いなぁ、このシリーズ。田口先生の意に反して重要(厄介)なポストが舞い込んでくる。今回は新しく出来るエーアイセンターのセンター長。ドラマも観たので何となくの粗筋は知っていたのだが、殺人事件にはドキドキ。いったいどんな結末を迎えるのか。田口先生だけだと心許ないですが、白鳥さんが加わると俄然スピーディーになって、その傍若無人ぶりが爽快です(笑)。事件は解決しましたが、小百合先生のことはこれからどんな風に関わってくるのか、怖いようで楽しみでもあります。

  • 白鳥嫌われてる。かわいそうなぐらい。あんなに一生懸命みんなを救ったのに。
    白鳥は本当の敵は宇佐見ではなく、宇佐見の背中に取り憑いている化け物だという。自分と宇佐見はその代理戦争をしていたと。その化け物を倒すために白鳥はこれからも戦っていくのだろう。

  • 私も高階先生みたいな余裕を持って上を目指す人間性が欲しいぜ(切実)
    白鳥さんの弱さが少しだけ見えた気がして可愛かった。

  • 司法 対 医療でした。先の山もかなり険しそう。次作、他作との伏線や関連が多く、次を早く読みたくなります。忘れてしまうので。この作品自体では、内容やトリックについては割と予想しやすいものでした。

  • バチスタシリーズ。いつもの展開で安心して読んで行ける。

  • 田口・白鳥コンビシリーズの第4弾!
    バチスタ以来⁉のミステリー要素満載で、白鳥の謎解きが見られた。エーアイ、MRIからアリバイ、トリック崩しは必見です。

  • 白鳥、もといヒナ鳥さんの独壇場ではあったが
    テレビ化を意識して書いた作品かなっていう気がした。

    宇佐美さんのうら、っていうのが鼻についたが
    内容はかなり良かったように思う。

全439件中 1 - 25件を表示

アリアドネの弾丸に関連する談話室の質問

アリアドネの弾丸を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アリアドネの弾丸を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アリアドネの弾丸の作品紹介

東城大学病院で再び殺人事件が!「この事件はすべてが不自然すぎる。絶対にどこかがおかしいんだ」東城大学病院に導入された新型MRIコロンブスエッグを中心に起こる事件の数々。さらには、病院長に収賄と殺人の容疑がかけられてしまう!殺人現場に残されていた弾丸には、巧妙な罠が張り巡らされていた…。不定愁訴外来の担当医師・田口公平が、駆けつけた厚生労働省のはぐれ技官・白鳥圭輔とともに完全無欠のトリックに挑む。

ツイートする