トイレの神様

  • 215人登録
  • 3.56評価
    • (16)
    • (18)
    • (30)
    • (9)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 植村花菜
  • 宝島社 (2010年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796677547

トイレの神様の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  図書館で2冊借りて、どうせならついでにこれもと借りた1冊。それが、意外やすらすら読めてしかも心に残った。
     下手な横好きながら音楽をする者としてこの人のラッキーぶりもだが、音楽を始めて半年後にオーディションを勝ち抜くその才能にも驚く。
     「夢はかなえられることがいいにはきまっているが、それよりも夢に向かってどれだけ努力したかが大事」
     「花を咲かせるには種を蒔くこと、いや土を耕すことから始まる」などと言うのは言うまでもないことなのだけれど、自分に改めて言い聞かせたい格言だ。
     歌よりも大事なのは家族と言うこの人の気持ちは素晴らしいと思う。
     

  • 【No.61】「私は歌手になる。それはもう決めたことだ。不思議なことに、”歌手になれるかなぁ?”とか”絶対なれるようにがんばろう”というような気持ちではなく、”歌手になるのだから”と淡々と当たり前のように、すべきことをしていこうという気持ちだった」「花は最初から咲いているわけじゃない。まず種をまかないと咲かない」

  • 資料ID:W0157813
    請求記号:914.6||U 42
    配架場所:本館1F電動書架C

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    シンガーソングライター・植村花菜が亡き祖母との思い出を歌った「トイレの神様」は、9分52秒という長さの曲にもかかわらず「聴く人誰もが泣ける歌」として話題となり、3月の発売以来10週連続で有線リクエストランキング10位以内、オリコンチャートでも上位を継続しています。
    植村花菜はじめての著書となる本書では、祖母との心温まるエピソードや、この曲が生まれるまでの誕生秘話を初公開します。

    【キーワード】
    単行本・歌・掃除




    +2+1

  • 植村花菜さんの本。
    家族への思い、おばぁちゃんへの思いがすごくよく伝わりました。
    優しい方なんですね、私も見習わないと!!
    そしてトイレ掃除も毎日毎日ピカピカに磨かないと!

  • 長い長い歌を聞いたことはあった。
    その歌が作られた背景がよく見えた。
    本当に素敵な話だ。

  • 植村花菜さんの生い立ちや、おばあちゃんへの思いが書かれていて、読むことで「トイレの神様」の歌詞がよく理解できました。
    読み終わって、youtubeで彼女の歌をしばらく聴いていました。

  • 本は出さないほうがよかった・・
    苦労??ぜんぜん苦労じゃない苦労話。・・CDだけの方が想像が出来てよかったな・・

  • 「人が悲しい思いをすること、苦労することは、決して悪いことではない。だって、それによって何気ない日常がどれほど幸せなことか、忘れてはいけないことを思い出せるから」「人生は一個でも笑いが多いほうがいい。一個でも楽しいことが多いほうがいい。だから、私といる瞬間だけでも、笑って、楽しい思いをしてもらえたら嬉しい」そう思いながら、人生を歩んでいく花菜さんのように、なりたい!

  • 初めてこの曲を聴いた時
    涙が止まらなかった。

    おばあちゃん
    おばあちゃん

    私も、おばあちゃんになる時に
    まあるい、やさしい
    おばあちゃんになりたい。

全29件中 1 - 10件を表示

トイレの神様のその他の作品

植村花菜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

トイレの神様を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

トイレの神様を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする