戦後重大事件プロファイリング (宝島SUGOI文庫)

  • 27人登録
  • 2.83評価
    • (0)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 本橋信宏
  • 宝島社 (2011年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784796681636

戦後重大事件プロファイリング (宝島SUGOI文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • このタイトルで、著者は名の通ったライター。
    鼻息を荒くして購入したが、みごとに期待を裏切られた。

    そもそも、プロファイリングなどと大層なものではない。いいとこ随想・雑感である。
    著者はこの時期に妻の出産を経験したらしく、いかにも舞い上がった新米パパらしい記述が散見されるが、本書のテーマは酸鼻を極めた殺人事件である。そんな中に、隙あらばと無理やり(生命の尊さ、なんぞと言って)幸せドリームをねじ込まれては、ほほえましいと笑ってもいられない。
    かのベルメルシュが、少なくとも2005年までは生存していた事実を知ったのが、本書を読んだ唯一の収穫であった。

    2011/11/?〜11/29読了

  • 結構ワクワクしました。八兵衛さんが好きなようです。

  • 4番乗り。渋谷TSUTAYAにて購入。未読。(2011/3/8)

  • -

    -

全5件中 1 - 5件を表示

戦後重大事件プロファイリング (宝島SUGOI文庫)はこんな本です

ツイートする